ふみフレンズがインタビュー 映画「ティンカー・ベルと月の石」応援隊長 木下優樹菜さん 映画「ティンカー・ベルと月の石」

映画「ティンカー・ベルと月の石」の魅力

ともみ
木下さんはこの映画のどんなところが好きですか?

木下優樹菜さん
そうですね。具体的になるんですが、ホタルのブレイズっていう子とティンク(ティンカー・ベル)のアンバランスなやりとりですかね。一見するとうまくいっていないように見えて実はすごくバランスがとれている複雑な関係が可愛らしくて面白いなって♪そんなところがとても好きですね!
それから演奏会のようなシーンがあるんですけど、すごくキレイで癒されるんです。とてもお気に入りです!

まりあ
映画の一番の見所はどこですか?

木下優樹菜さん
見所はやっぱりティンクの大冒険です。第一章では味わえなかったような、見る人をそわそわ、ドキドキさせるような大冒険!

ともみ
ティンカー・ベルというキャラのどういうところが魅力的ですか?

木下優樹菜さん
ティンクはすごく真っ直ぐな子なんですが、上手く人に伝わりづらい性格で…。
基本的に損するタイプなんだけど、ティンクのまわりのみんなはそれを分かった上でティンクを好きでいるんですよね。
短気だったり、人に八つ当たりしたり一人で大暴走したりしといて、結局最後には自分でそのことに気付いてみんなに謝ったり。 そんなすごく自己中な子なんですけど、そこがやっぱり憎めない感じで可愛いくて魅力的です。

ティンカー・ベルにほんっとに似ていると思いました



©Disney Enterprises, Inc.
All rights reserved.

まりあ
ティンカー・ベルみたいに背中に羽根が生えたらどこに行きたいですか?

木下優樹菜さん
あ〜、どうしようっ!ネバーランドかな?(笑)あ、これマジですよ!ネバーランドに行きたいです♪

ともみ
ティンカー・ベルと木下さんで、性格などが重なってしまうような所はありますか?

木下優樹菜さん
重なるところかー。ありますよ。自分で大暴走して『わーっ!』ってなって、泣いたりふてくされたりとかするんですが、結局は『全部自分が悪かったな・・・』ってなるところとか。勝手に大暴走して勝手に落ち込むところですね。
あとは短気だったり、人の話聴かなかったりとか、こうって決めたらこうじゃないと気が済まないみたいなタイプだったり!
ほんっとに似てるなと思いましたね。面倒くさいタイプですね(笑)

大切なことを教えてくれる映画

まりあ
この映画は誰と見に行くのが一押しですか?

木下優樹菜さん
親子でもいいし友達同士がいいと思いますね♪女の子は特にっ!

ともみ
どうやったらティンカー・ベルや木下さんみたいな可愛い女の子になれますか?

木下優樹菜さん
木下さんみたいなって(笑)ありがとうございます。
どうやったら・・・そのまま自分が思う通りに生きれば大丈夫ですよ。あとは愛嬌だけよくしておけば大丈夫です!(笑)

まりあ
今日はありがとうございました!最後にこのページを見ている中高生の女の子にメッセージをお願いします。

木下優樹菜さん
周りにいる友達や身近な人に対しての気持ちを改めて教えてくれるようなストーリーですし、『人は一人じゃ生きていけないぞ』っていうような大切なことを教えてくれる映画なので、ぜひクリスマス前に見て楽しいクリスマスをみんなで過ごしてほしいなと思います。


c Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

世界で最も愛されている妖精、ティンカー・ベルの誕生を描いたシリーズ第1弾「ティンカー・ベル」。 この冬、待望のシリーズ第2弾「ティンカー・ベルと月の石」が公開されます。

妖精たちの魔法の源とも言える“月の石”。

ある日、その月の石が壊れてしまい、このままで妖精たちは魔法の力を失ってしまいます。
ネバーランド最大の危機を救うことができるのはティンカー・ベルただひとり。
妖精たちの未来を守るためティンカー・ベルの旅が始まります。
よりキュートになった衣装、これまでに体験したことのない大冒険、スケールアップした妖精の世界、新しいキャラクターたちとの出会い――これまでに見たことのない新しいティンカー・ベルを描いた「ティンカー・ベルと月の石」。
本作を見れば、もっとティンカー・ベルが好きになること間違いなし!