リサーチ
サイトやモデルに関するお問い合わせ
媒体資料ダウンロード
モデル資料ダウンロード
ホーム > リサーチ > 女子中高生の86%が「就職に学歴影響する」-『高学歴神話』未だ崩れず-
報道関係者各位
プレスリリース
2012年11月07日
株式会社ふみコミュニケーションズ

女子中高生の86%が「就職に学歴影響する」- 『高学歴神話』 未だ崩れず -
人格重視と言われて久しい昨今でも、
結局のところは「最終学歴」が自身の価値を決める判断基準となり、
その後の人生までをも左右する因子となる、と女子中高生たちは認識。

株式会社ふみコミュニケーションズ(所在地:東京都港区、代表取締役:堀川 明人)は、自社で運営する女子中高生のためのポータルサ イト"ふみコミュ!"にて、2012年9月3日より2012年9月25日までの期間、女子中高生の学歴に関する意識調査を実施しました。

【調査結果ページ】
http://www.fumi23.com/2012/11/daiichi/
【調査概要】
調査名 :学歴に関するアンケート
調査期間:2012年9月3日~2012年9月25日
調査方法:インターネット調査
調査対象:女子中高生を中心とした全国のふみコミュ!ユーザー471名
     (中学生57.7%、高校生30.3%)
【注目点1】
学歴が影響すると思われるもの、第一位は「就職活動(86%)」でした。
近年は「人柄・実力主義」と盛んに言われているものの、女子中高生においては、「履歴書にどれだけ高学歴の最終学歴が書けるかが勝負の鍵」という意識が未だ根強いようです。
次いで、「会社の中での出世(48%)」、「ビジネスにおける人間関係(34%)」と続き、社会というのは何かと学歴がモノをいう世界だと、彼女たちが認識している様がうかがえる結果となりました。

図:学歴が影響すると思うのは?

図:学歴が影響すると思うのは?
※MAにて回答
【注目点2】
女子中高生の実に77%が「親の学歴は高学歴・低学歴に関わらず興味がない」と回答しました。(「普通:何も思わない」「低学歴:何も思わない」「聞いたことがない」「考えたことがない」の回答を合計)
自身の学歴にはシビアな意識を持っている彼女たちですが、話が家族の学歴に及ぶと、とたんに他人事になるようです。「自分は自分、親は親」という認識が、この世代においてはスタンダードなのかもしれません。

図:親の学歴って聞いてどう思った?(SA)

図:親の学歴って聞いてどう思った?(SA)
※MAにて回答
【注目点3】
人に言えない最終学歴は「中学卒業、高校中退(45%)」・「高校卒業(14%)」。
「もはや高卒なんて当然、大卒さえもあたりまえ」という意識が、女子中高生の中で定着していると言える結果となりました。
また、高校中退者は年間5万人以上にものぼりますが、通信制高校や高卒認定を利用するなどして、高卒資格を取得しているという傾向が見られ、学歴は人生を左右する重要な要素だと認識している様子がうかがい知れます。
一方では、いかなる学歴でも「人に学歴の話はしたくない(17%)」という意見もあり、彼女たちにおいて、学歴問題はかなりデリケートな問題とも言えそうです。

図:他の人に言えない(言いたくない)最終学歴のラインって?

図:他の人に言えない(言いたくない)最終学歴のラインって?
※SAにて回答
ふみコミュ!では、こういった学歴に対しての意識が高い女子中高生に対して、進路の紹介や通信制高校の紹介など、役立つコンテンツを随時提供しています。
またそれと同時に、ふみコミュ!はカワイイも勉強もがんばる女子中高生を応援するサイトです。
これからも女子中高生のトレンドを発掘し、彼女たちのニーズに合ったサービスを提供していきます。

【ふみコミュ!】

http://www.fumi23.com/

【本件に関する問い合わせ先】

株式会社ふみコミュニケーションズ
担当  : 中村
TEL   : 03-5425-6548
FAX   : 03-5425-6549
E-mail : info@fumi23.com

  • サイトやモデルに関するお問い合わせ
  • 媒体資料ダウンロード
  • モデル資料ダウンロード

ページトップへもどる

トップページ会社概要サービスリサーチ採用情報広告掲載に関するお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ