恋バナ
フミコミュ!トップ > 恋バナ > エピソード >  初めての恋♪

恋バナ

エピソード
2015-04-06
初めての恋♪

 

 

 



 

 

初めて私が恋をしたお話…

 

 

 

.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.

 

 

 

中学校2年生の1学期。

彼は親の仕事の都合で、この学校に転入してきた。

 

 

自己紹介をする彼はしゃんと立つと担任の先生より背が高くて、黒くて短い髪の毛に、少し低くて落ち着いた声。

 

なんだか今まで出会った男の子とは違って彼は少し大人に見えて、どきどきした。

 

 

 

その時はまだ、この気持ちがなんなのか知らなかった。

 

 

 

彼は転校して来てからすぐ、サッカー部に入って、放課後は毎日部活で校庭を走り回っていた。

その姿を教室から見たとき、大人っぽく見えていた彼がなんだか、やんちゃな少年に見えた。

 

そのままずっと彼を目で追っていた。

気が付いたら最終下校時間になっていた。

 

 

 

それから私は毎日放課後になったら教室の一番窓際の席に座って、最終下校時間まで窓から彼の姿を見るようになった。

 

気が付いたら微笑んでる自分がいて、彼を見るだけでなんだかドキドキしてた。

 

クラスで見る彼は、友達に囲まれていつも大きな声で笑ってた。

背中越しにその声を聞くだけでなんだか頬が赤くなった。

 

 

この気持ちって、やっぱりそうなのかな?

 

でも彼は、こんな私の気持ちには気づかないだろうなぁ……

 

 

 

彼が転校して来て1か月くらい経った頃、

私はその日の放課後も窓際の席に座って彼のサッカーしてる姿を見ようとした。

 

 

彼は今日も校庭を走っていた。

 

 

 

その時、走ってる彼が急に立ち止まった。

あれ?どうしたんだろう?

 

彼はこちらを見ていた。

 

その時彼が私に向かって大声で「ちょっと待ってて!」と言った。

 

 

え?え?どういうこと?

 

混乱していると、彼がユニフォームのまま息を切らして教室に入ってきた。

 

 

「あのさ、毎日教室から部活見てくれてたよね。ずっと気になってた。俺実は転校してきてから青川さんのこと気になってる。」

 

 

そう言った彼の顔はなんだかちょっぴり赤くて、

心臓からきゅんって音がした。

 

 

 

.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.

 

 

 

 


ページトップ
恋バナMENU
恋バナTOP
告り場
恋愛手帖
モテ講座
おまじない
エピソード
  • デジタルJK!?スマートに勉強して夢を叶えちゃおう★
  • 新スタイルLIVE授業ふみスクール
  • JC、JK集まれー★フミコミュ!座談会
  • プリクラ研究部でプリ新着情報をチェック!
  • プロのカウンセラーに無料相談
  • ふみチャンネル
  • 第一学院高等学校で自由に選べる勉強スタイル
  • カウンセリング

    友だちや親など、誰にも言えない悩みをプロのカウンセラーに聞いてもらおう!
     
  • 【2⁄1更新】プレゼントコーナー2月号

    スマホグッズ特集★簡単なアンケートに答えて応募してね!