女の子No.1ポータルサイト「ふみコミュ!」
ようこそ☆ さん♪
トピックス
トピックス
ふみコミュトップ > けいおんがく部
23モ突撃インタビュー企画 中川翔子(しょこたん)×ふみコミュ!
インタビュー1 ニューシングルについて

初芝ゆめこ:8/18リリースのニューシングル「フライングヒューマノイド/千の言葉と二人の秘密」は、どのような作品に仕上がっているのですか?

中川翔子:今回の作品は12枚目のシングルなんですけれど、今年でCDデビュー5周年目に突入ということで、初めての両A面シングルなんですよ。両A面っていうと、いかにも「歌手」って感じがして、ちょっとドキドキしちゃったんですけど(笑)
「フライングヒューマノイド」は、タイトルがちょっと不思議な感じなんですけど、すごく爽やかなロックです。空を飛んでるみたいな感じで、今の私の気持ちにピッタリなんです。「世紀末オカルト学院」っていう深夜にやっているアニメのオープニングにもなっていて、個人的には「アニメのオープニングやってみたい」という夢が叶ってとってもうれしいです。カラオケでもぜひ歌ってほしいな、って思う曲です。

中川翔子:「千の言葉と二人の秘密」は、携帯で観れ、10月2日から劇場公開も決まった「DOR@MO」のドラマ『恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない』の主題歌になっています。今まで恋の歌が全然なかったり、仕事でもプライベートでも恋愛自体が全然なかったんですけど、今回は恋愛ドラマ作品のドキドキなシーンでこの曲が流れるってことだったんでメチャクチャ緊張しました(笑)歌い方も今までにない感じで、ドラマの役が抜けないまま歌ったので、声も今までと違うんじゃないかなって思います。これまで全く恋をしてこなかった私ですが(笑)、作品の中でドキドキできて、今までにない作品になったんじゃないかなって思います。

初芝ゆめこ:「フライングヒューマノイド」の歌詞は“前に進む”というようなイメージを感じたのですが、特に強く共感するような所はありますか?

中川翔子:なんか「前に進みたい」って気持ちが、いま私の中ですごく自然に溢れて出てきていて、「もっとコレやりたい」「もっとこういうことしてみたい」「できないかも知れないけれどやりたい」って気持ちにドンドンなってきている状態で、そんな時にこの歌詞に出会えたので、今の私にピッタリなんですよね。特にサビの歌詞の“言い切り方”が「ムチャかもしれないけど今の気持ちはこうなんですよ!」って気持ちを目一杯表しているようで、とっても気に入っています。

長谷川あかり:「千の言葉と二人の秘密」では、何を伝えようと歌っていますか?

中川翔子:この曲が主題歌になっている「DOR@MO」のドラマ『恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない』をまずはぜひ観てほしいな、って思っていて、私が演じた主人公の女の子が、私とホンットにそっくりで、人と話すのが苦手で、人にどう思われちゃうかが常に気になったりとか、傷つくのが怖いから人と接するよりも本を読んでいる時の方が幸せだったりとか、ピッタリ重なる所がたくさんあるんです。私も恋に臆病で「どうせ嫌われちゃうし」って逃げちゃうんですけど、でもそうじゃなくて、今の気持ちに素直になって、自分と向き合っていくのが恋なのかな~、なんてことをこの作品を通して感じるようになって、臆病も時には必要なことかもしれないけれど、勇気を出してその先にあるところにいけたらいいなって、この曲がそのキッカケになったらいいなって思います。

長谷川あかり:今回の作品で「今までの作品とは一味違う」点を挙げるとすると?

中川翔子:今回の作品のような「ホントに恋してます」って感じの曲は今までなかったので、そこが一番違うことろかな。それと今までは「これは好き」だけど「これはできない」って思うと頑なにそうだったのに、今回新しくチャレンジしてみたら、「楽しいな~」って思えて。新しいことも楽しいんだなっていう気持ちが生まれて、2曲ともネガティブよりも「前に進みたい」っていうポジティブな気持ちが詰まった曲になっていますので、ぜひ2曲とも聴いてほしいなって思います。

初芝ゆめこ:今回の作品の制作で一番苦労した点は?

中川翔子:「フライングヒューマノイド」は、アニメのオープニングテーマなので、そのアニメと共にずっと曲も寄り添ってあり続けていく訳ですから、アニメの世界からブレないように、ってところに一番気を使いました。「千の言葉と二人の秘密」は全部が難しかった(笑)テンポも歌い方も難しかったし、気持ちを込めて本当に恋してるつもりで歌うっていうのが本当に難しかったです。

初芝ゆめこ:歌う時は、どんな気持ちで歌っていますか?

中川翔子:アニメのオープニングの場合は、アニメの場面を思い浮かべて、主人公の気持ちになったつもりで歌いますが、今回の「フライングヒューマノイド」は“今の自分そのまま”ですね。レベル25の中川翔子の“今”って感じです。「千の言葉と二人の秘密」は、主人公の泉サンって女の子の役の感覚が抜けないままのレコーディングだったので、泉サンの切ない気持ち、「もう恋なんてしない。でも・・・」っていう感じのままで歌いました。

初芝ゆめこ:どんな人に聞いてもらいたいですか?

中川翔子:中川翔子が歌を唄っているってこと自体を知らないって人がいっぱいいると思うので、そういう人たちに「この曲いいな」って思ってもらえたらうれしいし、「フライングヒューマノイド」はガンバロウ!って前向きな気持ちになれる曲だと思うので、元気になりたい人に聴いてもらいたいです。「千の言葉と二人の秘密」は恋に悩んでる人(笑)自分もそうなんですけど、ちょっと勇気を出してみようかな、って思ってる人に聴いてもらいたいです。

長谷川あかり:じゃ~私たくさん聴きます(笑)

中川翔子:(笑)素敵な恋がたくさんできたらいいですね!