女の子No.1ポータルサイト「ふみコミュ!」
ようこそ☆ さん♪
トピックス
トピックス

辞めた1秒先に夢叶う瞬間が待っていたかも知れない

23モ あかりちゃん あかり:アルバムの歌詞は全体的に“自分との戦い”だったり“人生へのエール”が多い印象を受けたのですが、どうしてこのような内容になったのでしょうか? NIKIIE:まず1stアルバムでは“私”っていう人間を知ってもらいたくて。『*(NOTES)』っていうタイトルにしたのも理由があるんだけど、引きこもっていたときに誰にも言えない気持ちをノートに書いていたのね。で、作詞作曲を初めてからそれが歌詞ノートに変わっていったんだけど、自分の本音がすごく詰まっているものが“ノート”だなって感じたし、楽曲たちもそういう本質的なものを表現したものだったから『*(NOTES)』にして。あと、今作には分かり易い恋の歌がないんだけど、それは私が「恋愛は自分というものが出来てからしたい」と思っているからで。自分がないときにする恋愛って「あの人はこういう感じの人が好きだから、私もそうなろう」って流されちゃう。だからまずは自分をしっかり作ってから恋愛の歌はうたっていきたいの。

あかり:人生は戦いだと思いますか? NIKIIE:(笑)。人生は戦いだと思います。

NIKIIE先生 あかり:その相手は自分ですか? それとも周りの誰かですか? NIKIIE:最初は対誰かだったりして「この人はなんであんなこと言うんだろう」みたいな気持ちになったりするんだけど、家に帰って冷静になってみると「じゃあ、私はあの人の求めていることが出来ているのかな」って思うのね。例えば、友達に何か相談されてアドバイスするけど、そのアドバイスしたことって「自分はちゃんと出来ていることなのかな。自分が言えるようなことなのかな」と思うと、そうじゃないことが多かったりする。だからそこは葛藤。自分との戦いになっていると思う。

あかり:では、ありのままでいることにも戦いが必要? NIKIIE:ありのままでいれば、誰かとケンカもすることになるでしょ? 常に楽しくいられる訳じゃないから、やっぱりありのままでいることも戦いだし、戦っていること自体が実はありのままだから。ゴールに向かって頑張って進んでいるときの自分が実は一番自分らしい。その過程が、戦っている最中とかが実はありのままなんじゃないかなと思います。

宇治宮汐梨:私は『HIDE&SEEK』を聴いて「夢に向かって進まなきゃ!」と思えたのですが、NIKIIE先生にとっての夢はずっとプロのアーティストになることだったのでしょうか? NIKIIE:私は物凄くいろんな夢を追っていて。自分の真ん中にある夢は「歌手になりたい」とか「誰かに想いを届けたい」だったけど、学生のときはいろんな可能性があるから、そのすべてを見てみたくて。だから「看護師になってみたいな」とか「先生になってみたいな」とか「通訳もやってみたいな」とか、本当にいろんな可能性を見てみて。で、たくさんのことを得た後に削られて出てきたのが「歌いたい」っていう気持ちだったの。いろんな視野から世界を見たときに、本当に自分のやりたいことって見えてくるから、まずはひとつに絞らなくても良いと思う。

宇治宮汐梨:今からでもいろいろ挑戦してみて大丈夫だと思いますか? NIKIIE:全然大丈夫だと思います! 私は歌で表現するけど「歌いたいんです!」っていう歌だけ書いてたら、何にもそこから広がらない。先生が感じること、両親が感じること、友達が感じること、いろんな視点を知っておかないと、いざ「何かやりたい」ってなったときに表現できない。だから「これはどうなんだろう?」って興味を持ったものには、とにかくトライしてみることが大事だと思います。

23モ もりはなちゃん 森華子:私は今のところ、将来的には何かの会社を運営して、誰かの役に立ちたいという漠然とした夢があるんですけれども、夢を叶える為に必要なことって何だと思いますか? NIKIIE:それは単純ですごく難しいことで、私は“続けること”だと思っている。例えば、途中で「もう私、無理」って辞めた1分先に、1秒先に夢叶う瞬間が待っていたかも知れないのに、続けないことによって辿り着かない。だから「私はこれがやりたい」ってものを見つけたら、そこに向かって「遠回りしてるな」「もう辞めたいな」って感じることがいっぱいあると思うんだけど、目の前にあることを一生懸命続けていく。無駄に感じることも、そこを通過して辿り着いた先は自分にとって一番良い場所だと思うから、続ける。

森華子:私もその言葉通り、続けることを頑張っていきたいと思います。 NIKIIE:頑張ってください。

宇治宮汐梨:はい!『紫陽花』の歌詞はNIKIIE先生自身の青春時代のことを語られているんですか? NIKIIE:あの~……(笑)。私は中学生、高校生で「青春だったな」って思うことが無かったんですよ。ちょっとごめんね、暗い話になっちゃうんだけど!

一同:(笑)

NIKIIE:友達の前とかでまだ自分を思いっきり出せていなかったから、みんなで一致団結するイベントとかさ、文化祭とかに参加してても一歩後ろに下がってその風景を見ているような気がしていて、輪の中に入りきれなかったの。でも上京してから、友達もいないし、アルバイトばかりの生活をしていたんだけど、そのときに「私は音楽がやりたい!」っていう一心で努力していたこと。そのすごく辛かった時期が今振り返ると「自分の青春時代だったな」って思える。だから『紫陽花』で歌っている青春時代は、実は高校卒業してからの青春時代で。

宇治宮汐梨:そうだったんですね。 NIKIIE:でもきっとみんなそれぞれに自分が思う青春時代があると思うのね。もしかしたら中学生のときが青春時代だったかも知れないし、もっと早くて小学生の運動会が青春だったと思う人もいるかも知れない。でもそれで良くて、私は私の青春時代を語っているんだけど『紫陽花』を聴いてくれる人には、自分の青春時代を重ねて聴いてほしいなと思います。

まだまだ続くよ!

The Sketchbook企画掲示板「イケメンコスプレ総選挙」 さくら学院×ふみコミュ!コラボイベントレポート さくら学院×ふみコミュ!コラボイベントレポート
  • 恋もおしゃれも勉強もぜ〜んぶいただき!進学先は第一学院高等学校に決定!
  • 新スタイルLIVE授業ふみスクール
  • プロのカウンセラーに無料相談
  • ふみチャンネル
  • 第一学院高等学校で自由に選べる勉強スタイル
  • カウンセリング

    友だちや親など、誰にも言えない悩みをプロのカウンセラーに聞いてもらおう!
     
  • 【10⁄2更新】プレゼントコーナー10月号

    秋のモテ服当たる★簡単なアンケートに答えて応募してね!