映画『ReLIFE リライフ』出演【中川大志さん×千葉雄大さん】にインタビュー!!中高生へ向けた熱いメッセージは必見!

エンタメ

4月15日公開、映画『ReLIFE リライフ』の出演者、中川大志さんと千葉雄大さんにインタビューしてきました!作品のことから新生活へのアドバイスまで、熱く答えてくださいました!

美味 美味 2017年4月12日

映画『ReLIFE リライフ』4月15日(土)に公開!

新学期・新生活が始まる今こそ観たい、青春ストーリー『ReLIFE リライフ』がもうすぐ公開されます😁

 

「2度目の17歳。想定外のキミとの出会いが、俺の運命を変えていく」

 

縲山eLIFE 繝ェ繝ゥ繧、繝輔€冗判蜒冗エ譚申new_02

© 2017「ReLIFE 」製作委員会  ©夜宵草/comico

 

(主な登場人物やキャストは、この記事を見てみてください😊↓↓)

⇒[プレゼント]映画『ReLIFE リライフ』プレミア完成披露試写会にご招待します♪

以前にもこの映画の紹介をしたことがありますが、

今回は試写会に行ってきた私があらすじや見どころ、そしておすすめポイントを紹介します✨

 

あらすじ

持ち前の正義感から職場でのある事件が許せず、新卒で入った会社を5か月で辞めてしまった海崎(主人公)

すぐに退職したことが原因で再就職先が決まらず、自信をなくしてしまいます…。

「このままじゃいけない!」と思いながらもニート生活を続ける海崎に、「人生、やり直しませんか?」と声をかける男、夜明が現れます。

半信半疑ながらも夜明の話にのってしまった海崎は、人生をやり直すため1年間限定で高校生活を送ります。

友情や恋愛を通して、本来の自分を取り戻していきます。

 

一緒に行った高3のライターは、「1年前に見たかった!!」と嘆くほど、充実した高校生活を過ごすヒントがたくさん詰まっています!

女子高生でいられる今を大事に大事に生きよう…。そう、つくづく思わせられる内容でした😊

 

 

ここに注目してほしい!!私が教える作品の見どころ♡

私がこの映画を好きだと思った1番の理由は、作品を通してずっと前向きにさせてくれるところです⭐

「自分は駄目な人間だ・・・」

と思ってしまうことって、意外と多いと思います。

 

しかし、中川さん演じる海崎がしつこく熱く友達に語りかけて友達を、そして自分自身を変えていく姿を見ると、

「自分はそんなに駄目じゃないかもしれない。だからもう1回頑張ってみようか」

そんな風に勇気付けられる作品です。

 

新生活が始まるこの時期に心機一転できる、ぴったりな映画だと思うのです🌸

 

 

今回は、映画『ReLIFE リライフ』の出演者、このお二人にインタビューしてきました…🐰

 

「中川大志さん×千葉雄大さん」大人気俳優のお二人にとっておきインタビュー♡

DSC04025

中川大志さん

1998年6月14日生まれ。なんと、私たち中高生と同世代!

ドラマ「家政婦のミタ」の長男役で注目され、多くの話題作に出演されてきました。

家政婦のミタを見ていた人たちは、中川さんが同世代だと知ったとき驚きませんでしたか?😁

以前から大人びた魅力のある俳優さんですが、最近は青春ストーリーの映画やCMに多く出演されて、みんなの「憧れの男子高校生」の1人ですよね💫

今回『ReLIFE リライフ』では、主人公・海崎役を演じています✨

猪突猛進型で、ちょっぴりお節介やき…そんな「海崎」を演じる中川さんに注目です❤

 

DSC04005

千葉雄大さん

1989年3月9日生まれ。

ドラマ「天装戦隊ゴセイジャー」の主演に抜擢され俳優デビュー。

女の子が敗北感を感じるほどの可愛さでも有名ですが、ドラマや映画では男らしい役どころもカッコよくこなす、大人気の俳優さんです😍

映画『ReLIFE リライフ』では、海崎をリライフに誘う男・夜明役を演じます💕

独特でミステリアスな雰囲気を醸し出す一方で、人間味を感じさせる部分をあわせ持つ「夜明」。

ぜひチェックしていただきたい人物です!

 

このお二人が演じる海崎と夜明は、映画の始めは社会人の姿ですが、薬を飲んで高校生の見た目に若返る設定です…。

つまり、映画の中で社会人の姿と高校生の姿が見れるんです!

 

『ReLIFE リライフ』メイン画像

© 2017「ReLIFE」製作委員会  ©夜宵草/comico

 

中川大志さんと千葉雄大さんは年齢が10歳離れていますが、作品を観ると、そうは見えません

お二人の演技や仕草、メイクによって、違和感が全くありませんでした!!

私が是非見てほしいのは、高校生のフリをしているときの夜明です。

海崎と二人でいるときとは違って、なんとなく気弱な表情をしているところにキュンとします😳❤

 

インタビューでは、作品についてや、俳優というお仕事について伺ってきました!!

 

インタビュー開始♪

それでは、お待ちかねのインタビュー内容をご紹介します!!

 

DSC03969

 

中川さん演じる海崎は、「見た目は高校生で中身が大人」といったキャップがあったり、作品を通して本来の自分を取り戻していく姿が印象的でしたが、

表現する上でどういった点にこだわりましたか?また、難しかったところはありましたか?

 

〈中川さん〉

まさにそこは意識していた部分でした。

ある日突然、急に高校生の中に27歳が入るという設定なので、(演技をする上で)とにかく、「馴染まない」という点をですね。

最初(海崎)は、同級生のみんなに対して一線を引いて、子供として見ているようなところがあります。

けど、海崎はほっとけない性格なので、徐々にみんなに感情移入していって、気づいたら海崎も「リライフ」にどっぷりとはまっている

そこを表現するために、『高校生であることを自分自身が忘れていくぐらいになればいいな』と思って表現しました。

DSC03956re

千葉さん演じる夜明は、独特な雰囲気を持つキャラクター性や、海崎に向けるまなざしが変化していくところが印象的でした。演じる上で目指したこと、こだわった点はどこですか?

 

(千葉さん)

僕(夜明)の役目として、リライフした海崎さんを監視する立場で、客観的に・交わらずに・距離感を保って、彼と接していました。

でもそれが徐々に、海崎の人となりを見ていく中で、元々は同世代で共通や共感する点が多いと思うので、「徐々に情が移っていく」といった流れを意識しようと考えていました。

でも実際は、意識をしたというより、演じていくうちに自然とそういう感じになっていました。

DSC03996

 

 

高校生の中には、「日代」のように人と話すことが苦手な人も多いと思うのですが、実際にお二人がアドバイスするとしたら、なんて声をかけますか?

※「日代」とは、『ReLIFE リライフ』のヒロインであり、人とのコミュニケーションが不器用なために友達ができず、悩んでいる女の子です。

 

〈中川さん〉

僕も新学期や入学当初は、結構人見知りだったので、なかなか自分から行けないところがありました。

でも僕自身、「来るもの拒まず」なところがあるので、相手から来てくれると、一気にオープンになれる性格ではありましたね。

ただ、なかなか自分から行くとなると怖いですよね。『変に思われたらやだなぁ』とか思ったり・・・。

待ってみるのも一つの手ですけど、もしそういう状況を打開したいのなら、

周りにいる人との共通の趣味とか話題を、ちょっとしたところで見つけてみたりするのはどうでしょうか?

同じものが好きな人同士だと話が弾むと思うので!!

 

〈千葉さん〉

僕も高校の頃はそういうのがすごく苦手で、待つどころか、『誰ともしゃべらなくていいや』って、思っちゃうタイプでしたね。

でも音楽がすごく好きだったので、音楽を共通点にして自然と友達ができることもありしました。

自分がやってきたわけではないので何とも言えないですけど、「色々な人と話してみる」って大事なことだなと思います。

待っているだけだとなかなか変わらないこともあるので、

自分から行く方が良いと思うし、周りに気になる子がいるのなら話しかけてみる方がいいと思います。

話してみたら「意外と面白い」なんてことも、たくさんありますよね。

 

 

 MD が見つかるシーンで海崎がジェネレーションギャップを感じていました。

実際に中川さんと千葉さんの会話でジェネレーションギャップを感じたことはありましたか?

 

〈中川さん〉

ジェネレーションギャップ・・・(笑)

たまにありましたね、「え!アレ知らないの!?」 みたいなこと。

例えば、昔の音楽や見ていたバラエティー番組とか…。後は体力とか…。冗談です(笑)

 

〈千葉さん〉

あとは…肌質ですかね(笑)

「やっぱりハリ感とか違うな」って。

 

〈中川さん〉
10年の差って絶妙ですよね。

ただ僕自身、千葉さんを含め、大人の方たちとのお仕事や、一緒にいる機会が多いですから、

そういう意味では(ジェネレーションギャップを)感じることは少ないですけど…あることはありますね。

DSC03971

 

では、作品から少し離れて、俳優という職業に憧れる読者に向けて、お仕事の魅力を教えて頂けますか?

〈中川さん〉

役者でなかったらきっと自分だけの人生しか送れないと思うんですけど、役者は、作品一つ一つの中で、『いろんな世界が見られる』といったところですかね。

芝居といっても『自分以外の何かになる』というのは、いろいろなことを知ったりいろいろな経験が出来るので、すごく楽しいです。

あとは、目立つことが好きな人にとっては、そこも魅力かもしれませんね(笑)

 

 

では、俳優に憧れる読者に向けて、アドバイスを頂けますか?

 

〈千葉さん〉

最初(俳優に対して)、「すごく華やかなイメージ」を僕は抱いていたんですけど、意外と「華やかな時なんて一瞬」で、

その後は本当に肉体労働というか、泥臭いところで「ものづくり」をしていると思うんです。

それでも『最初にやりたいと思った気持ち』を抱けるんだったら、飛び込んでやってみることは良いと思います。

でもそれ(初心の気持ち)を「持ち続けること」はすごく難しくて、自分の周りの環境が変わっていったりすると、そういう気持ちは忘れがちになってしまいます。

だから、「気持ちを持ちつづけること」はやる上でも大切だしやる前も大切なんじゃないかな、と思います。

 

 

最後に全国の女子中高生に向け、一言お願いいたします!!

〈中川さん〉

DSC04023

はい!僕もついこの間まで高校生だったので…、なんだかもう、既に皆さんがすごくうらやましいです(笑)

春という進級や進学など、身の回りの環境が変わっていく中で不安なことも多いと思うですけど、失敗しても、心が折れても、

そこから立ち直ることすら楽しめることが学生さんの『力』だと思うんです。友達も一緒にいるので。

だからこそ不安があっても、自分が興味を持ったことや、新しいことに思いっきり挑戦して、いっぱい失敗してほしいです。

それがきっと自分自身の力になると思うので。

そしてあとは、『ReLIFE リライフ』を見てください!(笑)この作品がちょっとでも皆さんの背中を押すきっかけになったら、僕たちは嬉しいです!

 


〈千葉さん〉

DSC03947

新学期って難しいですよね…。

初対面の人に『自分はこういう人です!』ということをアピールというか、知ってもらわないと、いろいろなことが広がらないと思います。

だからといって、無理に自分をつくったり、テンションをあげちゃったりするよりも、『そのままの自分』を伝えて、合う人が見つかったらいいなと思います。

『この人と話してみたいな』と思う人がいたら、話しかけてみるのも良いですね。

 

あとは・・・「文房具を新しくする」ということですかね。

僕は小学生の頃から毎年、文房具を全部一新してました。心機一転みたいな意味を兼ねて。

なんでもいいと思うんですけど、新しいモノと一緒に新学期を迎えると、気分が変わると思うので…、良いんじゃないかなぁと思います。

 

 

 

インタビューを終えて

お二人とも、一つ一つの質問にとても丁寧に誠実に答えてくださる姿が印象的でした。

中川さんは『海崎と自分が似ている』とご自身でおっしゃっていたのですが、

中川さんがメッセージやアドバイスを熱く答えてくださる姿は、まさに海崎と重なるようでした✨

千葉さんはご自身の経験から俳優についてや、新学期のアドバイスをすごく親身に考えてくださって、大人だな、素敵だな、と思いました🌟

DSC03981

私自身ものすごく緊張していたのですが、お二人が仲良さそうに目を合わせて話したり、にこやかに質問を聞いてくださって

時間がたつごとに和やかな空気になっていきました。

 

こんな素敵なお二人が出演している映画『ReLIFE リライフ』は、勇気づけられ、前向きになれる作品です!!

4月15日公開を待って、皆さんも是非足を運んでください!

 

 

0ハート

この記事についての みんなの考え

コメントはまだありません。
自分の意見を言ってみよう!

この記事を友達に教える

美味

美味

高校3年生

東京都

音楽、綺麗なもの、読書、御洋服が好きです。

yummy_amai

美味の記事をもっと見る

この記事のカテゴリ

エンタメ

この記事のタグ

エンタメ スクールライフ 映画 インタビュー 千葉雄大 ReLIFE リライフ 中川大志

あなたにおすすめ
Recommended by