【インタビュー前編】広瀬すずさん出演の映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の公開迫る!

IMG_0836_r_1
2017年10月20日


今秋注目の映画、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』がいよいよ10月28日(土)公開!公開に先立ち、島田響役を演じた広瀬すずさんにインタビューをしてきました!優しくてかっこいい生田斗真さんとの撮影裏エピソードや、生田斗真さんの魅力、さらには、今作で初めてラブストーリー中心の作品を演じた感想まで、盛りだくさんでお届けします!!
七瀬くるみ 七瀬くるみ

10月28日(土)全国ロードショー!映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

みなさんこんにちは!

早くも秋になってしまい、高校生活の終わりに焦る七瀬くるみです!

今回は10月28日(土)公開の映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』に島田響役で出演する広瀬すずさんにインタビューを実施してきました!

IMG_0836_r_1

 ♡プロフィール情報♡ 広瀬 すず(ひろせ すず)
・生年月日:1998年6月19日
・出身地:静岡県
・血液型:AB
・身長:159.0cm
・足のサイズ:23.0cm
・特技:バスケットボール
・趣味:音楽鑑賞
・好きな本:通学電車、ゴールドウルフ テディベア
・好きな食べ物:ニラ
 
2012年に『ミスセブンティーン2012』に選ばれ、その後、セブンティーンの専属モデルとして現在も活動を続け、女子中高生を中心に絶大な人気を誇る。2013年、フジテレビ系ドラマ『幽かな彼女』で女優デビューを果たし、日本テレビ系ドラマ『学校のカイダン』(15)で連続ドラマ初主演。映画『海街diary』(15)ではその透明感ある演技で魅了し、『バケモノの子』(15)では吹き替え初挑戦にしてヒロイン役を見事演じる。その後は、漫画原作の映画『ちはやふる』(16)、『四月は君の噓』(16)にヒロインとして抜擢され、現在も数々の映画やドラマ、CMで活躍中。
名称未設定-13-120x120

 

広瀬さん演じる「響」は、先生に初恋をしてひたむきに突っ走る性格の持ち主ですが、演じる広瀬さんのどストレートな演技に思わず共感をしてしまう映画でした。

初恋の心情が痛いほど伝わってくるまっすぐな演技は、少女漫画では決して泣かないと思っていた私の涙腺を見事に崩壊させました。

まさに広瀬さんにピッタリだと感じた今回の役柄、スクリーン上の広瀬さんは本当にかわいくてきれいでした!

こんな女子生徒いたら誰だって好きになってしまう!(笑)

…と、少女漫画の沼にはまりそうになった映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』。

今回のインタビューでは、本作の撮影裏について広瀬さんに直撃インタビューしました!

 

関連記事:

 

⇒【インタビュー後編】広瀬すずさん《サイン入りチェキ》プレゼント♡映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』10月28日(土)

●「生田斗真さん×広瀬すずさん」でしか生まれないもの

ー今までも漫画原作作品を演じることがありましたが、改めて原作モノに取り組む難しさを教えてください。

広瀬すず『四月は君の噓』では、恋愛も絡んではいたんですが、ラブストーリーのみの作品を演じるのは今回が初めてでした。

『ちはやふる』ではかるたの話で、カメラワークや演出によって臨場感を表現していたのに対して、今回のようなラブストーリーは、人と人の想いがあるから出来るものなので、恋っていいなと皆さんに思っていただけるように意識しました。

漫画作品を映画で再現する際、原作をリスペクトしつつも、原作の二人だけを意識していたら、そこまでのものしか生まれません。

でも、「私と生田さんでしか生まれないものもある」と思ったので、一度原作を忘れ、二人で感じ合うもの、引き合うものを探そうとしました。

メイン/(c)河原和音/集英社 (c)2017 映画「先生!」製作委員会
 
©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会
 

ー現場で生まれる距離感が、作品にリアリティをもたらしたんですね。

広瀬すず単に「漫画のセリフだ!」と再現するのではく、何故自分がそんな風に言いたくなったのかを考えたり、生田さん演じる伊藤先生だから言いたいことは何だろうって考えたりもしました。

その時の自分の気持ちと二人の空気を大切に演じました。

 

●広瀬すずさんイチ押し!生田斗真さんの魅力は「横顔」

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』伊藤先生の眼鏡@社会科準備室

©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会

ー生田さん演じる伊藤先生のかっこいいところを教えてください。

広瀬すず全部です!(笑)特に声のトーンが低くて、素敵だと思いました。

ほかにも、伊藤先生の横顔や手のカット、響がしゃべっている時に薄目で響を見ているシーンでは、スクリーンで観たときも、渋くてかっこいいと思いました。大人の男性の良さですよめ。

 

ー男性の好きなパーツなど、フェチはありますか??

広瀬すずう〜ん、横顔です。顔のラインが好きです。

色っぽさも感じるし、女の人でも横顔から首筋のラインは好きなんですけど、男性は色っぽさに加えて喉仏に男らしさがあって、器用な男性にも見えるので好きです。

生田さんの横顔は本当に綺麗なのでお気に入りです。

●生田斗真さんとの撮影裏エピソード

ー生田さんとは、最初から仲はよかったのですか?

広瀬すず全然そんなことはなかったです。ラブストーリーということで意識しなきゃと心がけていたら、かえって意識しすぎてしまって。(笑)

でも、優しくて気さくな生田さんに助けてもらいました。空き時間もカメラで遊んだり、絵をかいたりといつも生田さんが二人で何かを共有しながら一緒にいる時間を作ってくれたんです。優しいなと思い、そこに甘えることにしました(笑)

IMG_0834_r_1

ー生田さんとの撮影エピソードが何かあればお願いします。

広瀬すず今までは、「相手の気持ちを読んで臨機応変に演じて欲しい」ってリクエストする監督が多かったのですが、今回監督の三木さんが、1シーン1シーン細かく表情まで演出指導を入れる方で、どう演じれば良いか悩んでいたんです。

でも、元々三木作品のファンでしたし、生田さんからは「三木さんは信頼できるから、演技の部分は信じて寄りかかっていいんじゃないかな」というアドバイスを頂いたことで、安心して響の想いだけを考えて演じることが出来ました。

●打ち込んだからこその「恥ずかしさ」

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』場面写真

©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会

ー試写会で作品を観た感想はいかがですか??

広瀬すずなんだか自分の中での普通の恋愛を描かれているような感じがして、客観的に演技を観てすごく恥ずかしくてくすぐったかったです。ですが、出来上がった作品を見て、恋が出来ていたんだな。と感じました。

 

ー特に恥ずかしいシーンは??

広瀬すず屋上での告白シーンや、雨降らしのシーンで内心を吐露する場面があったのですが、「やめてくれ~~」って感じでした(笑)

自分の作品を見てこんな気持ちになったのは初めてです。初めてで慣れないラブストーリー作品だったからこそ恥ずかしかったんだと思います。

 

《どこまでもピュア×可愛い》広瀬すずさん演じる響を観にいこう!

IMG_0842_r_1

今回インタビューをした広瀬さん。

演技に対する真摯な態度が伝わってきて、「あぁ、これだけ真剣に演技と向き合ってるからこそ、あんなに素敵な映画が完成するんだな」と思いました!

広瀬さんからの恋愛メッセージは本当にその通りだなって思ったし、前向きになれました!

私も、一生に一度しかない機会を大切にしていきたいです。

まずは恋する相手を見つけなければ…!!(笑)

 

広瀬すずさん出演の映画、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は10月28日公開です

是非映画館に足を運んで見てください♪

 

後編では、広瀬さんがもしも学校の先生だったら…などなど、広瀬さんご自身についてのインタビューをお届けします!こちらも必見です♪

⇒【インタビュー後編】広瀬すずさん《サイン入りチェキ》プレゼント♡映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』10月28日(土)

 

あらすじ 

「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”!

高校2年生の響は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。その相手は口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤だった。「好きになっても、いい?」「俺はやめとけ」そう言われても、ただ好きで、どうしようもなく好きで。そんなまっすぐ過ぎる響きの想いが、ゆっくりと伊藤の心を溶かし始めていることを、響はまだ知らない。最後に“きちんとフラれるため”と向かった屋上で、伊藤は突然響を抱き寄せキスしてしまう。様々な想いが交錯する中、響の初めての恋の行方は…?今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、『ホットロード』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』で知られる恋愛映画の名手、三木孝浩監督が映画化。生田斗真×広瀬すずで贈る新しい純愛映画、誕生!

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』公式サイト

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』公式Twitter

 

この記事を友達に教える
フミプリュームって何?
七瀬くるみ
七瀬くるみ

高校3年生   東京都

受験が終わった暇な女子高生。
インタビューから恋愛、サブカル系からコスメ記事まで、つれづれなるままに書いていきます。
リクエストとか受け付けたい。気軽に絡めるライターだと思ってください笑。

この記事のカテゴリ
この記事のタグ
あなたにおすすめ
Recommended by

この記事を読んだ人におすすめ



SORENA特集枠の一番上に追加

SORENA特集枠の一番上に追加

SORENAライター募集
ライター一覧