<JKへメッセージ動画>夢を叶える秘訣『モアナと伝説の海』監督とプロデューサー3名にインタビュー《PART2》

IMG_0399
2017年06月17日


ジョン・マスカ―監督、ロン・クレメンツ監督、そしてプロデューサーのオスナット・シューラ―さん3名へのインタビュー!!《PART2》では『モアナと伝説の海』を手がける上で実施したフィールドトリップのエピソードや、監督とプロデューサーから見た、本作ヒロイン・モアナの魅力についてインタビューしてきた内容をお届けするよ!!
ゆうみぃ ゆうみぃ

『モアナと伝説の海』の監督・プロデューサーから、夢を追う日本のJC・JKへメッセージ!!

『モアナと伝説の海』を手がけたジョン・マスカ―監督&ロン・クレメンツ監督、さらには、プロデューサーのオスナット・シューラ―さん3名から、フミコミュ!限定に、夢を追い求めるJC・JKへ向けた<メッセージVTR>もいただいてきたよ!!
 
 
(動画左から…オスナット・シューラ―/ロン・クレメンツ/ジョン・マスカ―)
 
この3名に、スペシャルインタビューを行ってきた模様を記事2回に分けて配信!!
≪Part1≫では、夢を叶えるヒントや、ご自身についてお話しいただいた内容を紹介したけど、
今回≪Part2≫では、「モアナの魅力」と「フィールド・トリップの裏話」についてお届けするよー☺☀
 

<インタビュー続編>16歳ヒロイン・モアナの『4つの魅力』

ロン&ジョン監督オスナットPインタビュー_170617_0001

島を愛し、責任感モアナの最大の魅力とはなんですか??

オスナット・シューラープロデューサー(以下、オスナットP)

私にとって「モアナ」は、美しさと強さをあわせ持つキャラクターです。彼女が戦士のように凛々しく立っているところが大好きなんです!人の心をつかんで離さないような魅力があると思うので。若い女性が、世界を救ってヒーローになるというお話を語るのは素晴らしいことだと思うし、私たち、特に女性にとっては、『モアナと伝説の海』は、今という時代の現実の問題に直結している話だと思うのです。

ロン・クレメンツ監督(以下、ロン監督)

さらに、モアナは強くてパワフルなキャラクターであると同時に、思いやりがあって相手の感情を理解する能力に長けていて、彼女のそういう一面がストーリーで重要な役割を果たしていると思うし、彼女の素晴らしい資質だと思います。

オスナットP

そうね。力強さと思いやりが1人のキャラクターの中に共存しているというのは、稀なことだと思います。

ジョン・マスカー監督(以下、ジョン監督)

モアナの資質ではあと2つ、言っておきたいところがありますね。1つは彼女には傷つきやすいところがあること。彼女は、自分が正しい事をしているのかどうか、いつも確信を持てるわけではないのだけど、自分に対する葛藤と戦って物事を成し遂げるのです。もう1つはユーモアのセンスがあるところです。その持ち前のウィット(機転)で、自分より大きいマウイをぐうの音も出ないほど追い詰めてしまう。そうやって相手との関係を最上なところに持っていくという才能にも、私は惹かれます。

『モアナと伝説の海』の世界観はココからきた!!フィールド・トリップの裏話

『モアナと伝説の海』制作のためのフィールド・トリップで、ポリネシアの島に行ったと聞きました。
本作に影響を与えた文化や印象的だった出来事、
できれば「Voice of the Islands」(『モアナと伝説の海』MovieNEX特典映像)で語られていない事を聞かせてください!!
フィールド・トリップとは…
研究や調査を行うために、実際にその土地へ行き、滞在(旅行)すること。ディズニー社では、作品の製作過程で、その物語の舞台に実際に足を踏み入れ、文化に触れながらリサーチし、ストーリーに反映させるのです。

IMG_0399

ロン監督

私たちはカヴァをたくさん飲みましたよ。(笑)カヴァは、付き合いで飲む、とても人気のある飲みものです。

ジョン監督

カヴァはアルコールではないけど、穏やかな麻薬作用があって、唇が少し痺れる感じになります。ほんの少し筋肉弛緩の作用があるのです。飲み過ぎて歩くとヨロヨロすることになります。

ロン監督 

飲食物を出されたら、それを断るのは失礼にあたると旅行前に言われて…。

オスナットP 

だから、彼はカヴァをたくさん飲まされたのね。(笑)

ジョン監督 

彼は1日中カヴァを飲んでいましたよ。(笑)

ロン監督 

私はそのアドバイスを真面目に受け取り過ぎて、カヴァをすごくたくさん飲みました。でも、私はカヴァを楽しみましたよ!実はあまり美味しくないんですけど…。好きになるのに時間がかかる味です。

IMG_0398

オスナットP 

他にも、特別な経験がたくさんありました。私は、すごく小さな島に行った事が思い出に残っています。

その村では大量生産された製品は皆無で、プラスティック製のものも全くありませんでした。現代生活をおくる私たちは、「電話が無かったらどうしたらいいの?」とか「これが無かったらどうしたらいいの?」となったりするけれど、彼らの生活はすべてが自然のものから成っているのです。

そのエピソードとして、私たちがその村を旅立つとき、荷物が多く、ワゴン車の屋根上に乗せなければならなったのですが、ロープを持っていなかったのです。そうしたら、ココナッツの木のところに行って木から繊維を剥ぎ取り、縄を作り、それを使って荷物を屋根にくくりつけたのです。私は、あり合わせの材料で物を作る能力に本当に感心し、私たちも、それを学び直す必要があると思いました。

ロン監督 

タヒチのジャングルの中を歩いていた時、私はジャングルには適さない靴を履いていたのですが…

ジョン監督 

雨季で、地面も滑りやすくて…。しかも、彼はスリッパを履いていたんだから。ピンク色でウサギちゃんのついているような(笑)

ロン監督 

私はつまずきながら歩いていたのですが、そうしたらすかさず誰かがその場で杖を作ってくれたのです。

ジョン監督

そのおかげで、彼はもう少ししっかりとジャングルの中を歩き回れたのです。

私は、フィジーでの最初の夜が非常に思い出深かったです。住民たちは私たちを家族の輪の中に温かく迎え入れてくれ、彼らは「水曜日は祈りの日なので歌ってもかまわないでしょうか?」と私たちに聞いてきたので「もちろんです」と答えたら、アカペラでとても美しい歌を歌ってくれました。電気の照明は無く、灯りは石油ランプだけ。私たちと一緒に過ごしてくれた感動的なひとときでした。彼らは私たちに「あなたたちも家族の一員です」と言ってくれました。

数日後、彼らは『モアナと伝説の海』に出てきたような船で私たちをセーリングに連れて行ってくれました。私たちは岩礁を超えるところまで行きました。あれは非常に思い出深い出来事でした。

IMG_0395

『モアナと伝説の海』の文化に飲み込まれろ!!MovieNEX特典映像が涙するほど美しい!⭐

『モアナと伝説の海』は、実在するポリネシア文化をアニメーションに映し出した作品で、作中に出てくる全ての事柄には、一つ一つポリネシア文化に基づいた背景があるの。

『モアナと伝説の海』MovieNEX特典映像には、本作とポリネシア文化の奥深さ、そして世界観の美しさが映し出されるドキュメンタリー映像があり、その名も「Voice of the Islands」。

 

…インタビューで語られていたことを含む『モアナと伝説の海』の答えのすべては、「Voice of the Islands」で語られているよ!

 

映画に心臓があるなら、『モアナと伝説の海』の心臓はこの特典映像にある。

そういっても決して過言でない、「Voice of the Islands」

その美しすぎる全貌をぜひ観て欲しい☺❤!!!

ジャケット画像  

❤発売情報 : 2017年6月28日(水)『モアナと伝説の海』先行デジタル配信開始

        2017年7月5日(水)『モアナと伝説の海』 MovieNEX(4,000円+税)新発売

 

❤ストーリー : 海に選ばれた少女モアナは大切な人や世界を守るために、伝説の英雄マウイと一緒に様々な苦難を乗り越え、自分の進むべき道を切り開いていく。本作は、夢を追いかけるすべての人へ贈る、感動のスペクタクル・アドベンチャー。 

 
 
 
 
 
この記事を友達に教える
フミプリュームって何?
ゆうみぃ
ゆうみぃ

高校3年生   東京都

趣味はカフェ巡り?でも、あと5kgぐらい痩せたいな~と何年も思っているゆうみぃです。
ダイエットやグルメなことを紹介していきます(’-’*)♪

この記事のカテゴリ
この記事のタグ
あなたにおすすめ
Recommended by

この記事を読んだ人におすすめ



SORENA特集枠の一番上に追加

SORENA特集枠の一番上に追加

SORENAライター募集
ライター一覧