【成績UP!】授業ノートをきれいにとるには…?3つのポイントで読みやすいノートを作る方法!!

large (5)
2015年11月12日


テスト前に大切なのが授業ノート。文字がぎっしりでカラフルだと読みづらい!!ポイントをチェックしてきれいなノートにしましょう♡
はな はな

ノートはきれいですか?

毎日使う授業ノート!!

あとで見返したらよく分からない…
なんてことはありませんか?

large (5)

出典:We Heart It
今回はきれいにノートをとることができるポイントをまとめてみました♡

まずはノート選びから!

ノートを買うときにオススメなのが「ドット入りノート」!!

段落をそろえたり、数学で図を書くときに便利(^^)

ディズニーやサンリオなど可愛い柄もたくさん販売されています!
行の幅も4種類あって自分の字の大きさに合わせて選べるから使いやすい!

ちなみにわたしは行の幅の広いA罫タイプを選んでいます。*


もっともっとノートにこだわりたい子は「学習罫(がくしゅうけい)ノート」を!!
header

出典:KOKUYO

<文章罫(ぶんしょうけい)タイプ>

fig1_2_3

出典:KOKUYO

行の間に引いてある点線に合わせて文字を書けば、自然と余白ができるので文章が多くても読みやすいノートに!!

<図表罫(ずひょうけい)タイプ>

fig1_2_1

出典:KOKUYO

行の間に細かいドットが書いてあるので、図をきっちり書きたい子にオススメ!!
曲線も書きやすくなります!

①余白をつくろう!

ぎゅうぎゅうに書いていると、ごちゃごちゃして読みづらい…

先生の話をメモしたり、読み仮名などを書き込むためにもノートは余裕をもって使いましょう!

②ペンは3色までにしよう!

カラフルなノートは可愛くてきれいに書けたと思いがちですが、テスト前などに見返した時によく分からなくなってしまいます(>_<)

ペンの色は3色ぐらいまでにするのがオススメ!

わたしは
・先生が色つきで書いた重要な部分→赤
・授業中のメモ→青
・ふりがな→黄色

を使っています(^^)/

ピンクや水色よりも、赤や青のはっきりした色を使う方が読みやすい!!

それからわたしは、授業中にテストにでると言われたところに青で☆マークをつけているのですが、テスト前に見返した時に勉強しやすくなります!

③大切なところにはふせん・ふきだしを使おう!

黒板をすべて写した後に説明を始める先生もいると思います。
そんな時に使えるのが大きめのふせん!
130211_pc_fig10

出典:テストの花道
ノートに書き込むスペースがなくてもメモすることができます。*

rWEWJeMM
ふきだしを使うのも目立つのでオススメ!

文字ばっかりのノートもちょっと可愛くなる…♡笑

 

あとは、可愛い文房具を使ってテンションをあげちゃう⁉笑

⇒もうすぐ春がやってくる🌸新学年から使えるカワイイ♡オススメ文房具💌を一挙紹介!!

きれいなノートで勉強も楽しく!


きれいなノートだと授業も楽しくなる…!
眠くなっちゃう授業も先生の話に注目してメモをとったりすると集中できます(*^-^*)

段落や改行、色の使い方など、自分が見やすいルールを考えるのが1番のポイント!

まずはルールを考えるところから始めてみましょう♡

この記事を友達に教える
フミプリュームって何?
はな
はな

大学2年生   東京都

かわいいもの大好き
女子力UP術から流行ネタまでたくさんの情報をお届けします♡

プロフ→はな
Twitter→@hana23mo
Blog→ameblo.jp/hana-23mo/

この記事のカテゴリ
この記事のタグ
あなたにおすすめ
Recommended by




とびっきりエンジョイできる!文化祭を120%楽しむコツ

初心者でも挑戦できる!ハロウィン特集2017

SORENAライター募集
ライター一覧