みんなの憧れ?歴3年以上のショップスタッフが学生のアパレルバイトのメリット・デメリットを紹介します♪

pp
2017年06月12日


大好きな服に囲まれて、メイクも、髪もネイルも自由で楽しそう!そんな風に思われがちなアパレルバイトのメリット・デメリットを、その道3年超の私が紹介します♪
ゆりか ゆりか

そもそも「アパレル」って何?

p

出典:We Heart It

 

アパレルとは、英語で既製品の衣服のことです!

本来は、お店のことや、働いている人の意味ではなく、売っている服そのものの意味なので間違えないようにしたいですね!

 

そこからお洋服を扱う仕事をしていること=「アパレル系」という風に言われています!

 

アパレル系と大きくいっても、店員から、流通、スタイリスト、デザイナーなど多岐にわたります。

今回はこの中でも、バイトで簡単に始められる「ショップ店員」について、その道3年半のわたくしがいろいろと紹介させていただきます☆

JKでもアパレルバイトができるの?

結論から言うと、、、

「できます!」

 

実際私も、高校1年の年明けからやっていました♪

 

pppp

出典:We Heart It

 

…とはいえ、どこでもできるわけじゃありません。

モデルなどの例外を除いて普通のバイトだとまず、109などに入っているJK大好きのブランドでは募集していません!

また、都心など都会であればあるほど、有名ブランドのショップ店員は人気職なので難しいです><

 

じゃあ、できないじゃん。

量販店に入っている、婦人服売り場じゃ”アパレル”なんて言えないし!!

 

いやいや。

普段自分が雑誌で見るブランドだけが「アパレル」じゃないんです!

意外と募集している可能性が高いのが、

・ファストファッション系(特にちょっと外れた場所にあると高校生も働けるところが多いです!)

・ローティーン向けブランド(ラブベリー、二コラ、ニコプチ系のブランド)

 

また、地方では、リズリサなども高校生募集していると聞いたことがあります!(残念ながら、東京23区では無理でした)

 

アプリなどで、”高校生歓迎”、”アパレル”で検索すると意外とヒットするのでその中から、まずは探してみるのをオススメします!!

アパレルバイトのメリット♪

pp

出典:We Heart It

 

憧れられるのには意味があるはず!!

 

メリットだって多いはずなんです!

個人的に思いついたメリットを上げてみます☆

(※メリットデメリットは働いたことのある2か所や友達の経験をもとに書いています!特定のブランドや、どこのお店でも当てはまるわけではないので注意ください!)

 

・社割で新作が安く買える

→平均で3割、最高で8割というのを聞いたことがあります!

他にも、その建物の中のすべてのお店が1割引きになるなどのお店もありました!

 

髪やネイルが比較的自由

→お店のコンセプトによって若干の制限があることがありますが、髪染OKはうれしい♪

 

開店が遅く閉店時間が早い

→大半のファッションビルが10~11時開店、20~22時閉店だから早朝や深夜バイトになることはない!

 

ノベルティを一足早く試せる

→ノベルティーをもらえることがあります!普段1,2万円もまとめてなかなか買い物はできないし、実用性が高いものが多いのでこれはうれしい◎

 

ppp

出典:We Heart It

 

・他ブランドの店員さんと仲良くなれる

→同じ館の店員さんや、ショップ店員の友達もショップ店員ってことが多いです!

109、ルミネエスト、ラフォーレ、、、って有名どころにはほぼ知り合いがいます(笑)

どうしても欲しいものを取り置きしてもらったり、おしゃれな子と沢山つながれます♡

ブランドのデザイナーさんやプレスの人とかいろんな人と知り合えます!

 

・繁華街が多いので、そこまでの定期券を買える

→渋谷、原宿か新宿がやっぱり多いので、そこまでの定期を手に入れられるチャンスでもあるのです☆

 

芸能人にあえる

→渋谷原宿、新宿などは芸能人がやっぱりくる可能性が高かったり、雑誌の撮影などで訪れることも!

知り合いの中には、芸能人にまつわる様々な武勇伝を持っている人もいたり。。。

 

・季節のイベントを楽しめる

→季節に応じたディスプレイにするので、飾りとかでイベントを楽しめます♪

また、お店によっては、ハロウィンやクリスマスなどにコスプレしたりもします!

 

コミュ力が上がる

→知らない人に話しかけるので、会話力が断然上がります!

丁寧な敬語も身に付くし、笑顔も鍛えられます☆

 

経験者になれる

→さっき言ったように高校生だとなかなか好きなブランドでは働けないですが、大学生とかになったときに好きなブランドでバイトしやすくなります!

なぜなら、大半の応募要項に「経験者歓迎」と書いてあるから!採用側も経験があって若い子のほうが早く仕事を覚えてくれて、長く勤めてくれやすいから好印象♪

 

やっぱり、楽しいことも沢山なアパレルバイト。

そんなバイトにも、デメリットはあるのでしょうか?

アパレルバイトのデメリット✖

メリットがあれば、デメリットもあるものです。。。

華やかに見られがちですがいろいろと大変なこともあります><

 

ppppp

出典:We Heart It

 

閑散繁忙の差が激しい

→閑散期は、バイトをほとんど入れてもらえなくなったり、逆に繁忙期は毎日のように出勤協力の電話が来たりなんてこともあるらしい…。

 

重労働

→男の人がほとんどいないから、力仕事も高いところも、電球取り換えも全部女の仕事。

段ボールは重くて手も乾燥するし、在庫は高く積まれていることが多いからかなりの重労働です。

 

長く働けないと採用してもらいにくい

→採用条件が週5以上とか、出勤は7時間以上からとか応募条件がなかなか普通科の高校生には難しいものが多いです><

 

メイクとか大変

→学校終わりでも、早番でもメイクとヘアアレは必須!メイクの指定とかもあったりで、道具をそろえるだけでも初心者にはなかなか大変><

 

pppppp

出典:We Heart It

 

雑費がかかる

→さっき言ったようにメイク道具や、仕事用のお洋服、ネイルケアとか。

飲食じゃなく賄がないため、ごはん代もかかっちゃいます。

 

着たい服が着れない

→お店にある服、なんでも着れるわけじゃないのです。

あなたはこれを購入してください。と言われることも。

また、セール品はダメ、大量入荷品じゃなきゃダメ、同じコーデを5日以内にしちゃだめなど制約があることも…

 

・足がむくむ

→8時間とか立ちっぱなしで、動きっぱなしなので足にキます。

ブランドによっては、靴はヒール○cm以上ないとはいちゃダメみたいな決まりがあるところも!

 

専門用語が多い

→エーダブ、エスエス、VPにプロパーなどの用語系から、SK、SWなどの略語系。さらに商品番号、洗濯表記、素材など覚えることが沢山すぎる!

 

・時給が安い

→アパレルは時給が安いです!

渋谷で飲食店だと¥1,000は最低ラインですが、アパレルは最低賃金スタートなところが多いです。

 

ノルマがある

→お店によってはノルマもあります。売上いくらとか、この商品を○枚以上売るなど、、、

 

どうでしょうか?

華やかそうに見えて、実際大変なところも多い業界に感じます!

でもその分、やりがいを感じられるし、やっぱり何よりも、楽しい人たちと大好きな服に囲まれて働けるっていうのが大きいかも!!

興味がある子はまずは調べてみては?何事も挑戦あるのみです☆

 

 

この記事を友達に教える
フミプリュームって何?
ゆりか
ゆりか

大学2年生   東京都

アイドル・コスメ・食べることが大好き!
アイドル/エンタメ/グルメ/メイクなど盛り沢山に書いていきたいです!

Twitter→@riri_23mo
Blog→ameblo.jp/riri-23mo/

この記事のカテゴリ
この記事のタグ
あなたにおすすめ
Recommended by

この記事を読んだ人におすすめ



SORENA特集枠の一番上に追加

SORENA特集枠の一番上に追加

SORENAライター募集
ライター一覧