5月23日(火)2ndライブ決定!!注目の新ユニット「Voice of Boyz」フミコミュ☆インタビュー後編

エンタメレポート

2ndライブも決定!実力派ボーイズユニット「Voice of Boyz」への単独インタビュー後編!障がいのある人と向き合うこと、学生時代にしておくべきことなど、たっぷり聞かせて頂きました♥

しるく しるく 2017年3月26日

クリップ

そろそろ気になってきた?『Voice of Boyz』!!

 

新たに誕生した、実力派・新ユニット『Voice of Boyz』、略して『VoB』の1stライブが先日行われました!

IMG_8749

 

前回part1の記事ではVoBの紹介LIVEレポートインタビュー前編をお届けしています🎵

異彩を放つ!!実力派 ・新ユニット「Voice of Boyz」1stライブに潜入してきた!【ライブレポ&インタビュー前編】

 

そして今回part2では、お楽しみのインタビュー後編!!

ここまできたら皆さんも彼らへの関心度が高まってきているのではないでしょうか。。😉💕

 

彼らが出会い、共にレッスンに励んだボランティアスクール、「ホットジェネレーション」について語って頂いたり、

インタビュー読者に向けてメッセージを頂いてきました!

 

 

「ホットジェネレーションについて教えてください!」

DSC03636

👤「ホットジェネレーション」を知らない読者に向けて、どの様な活動をされているか教えてください!

 

:簡単に言うと『健常者と障がいを持った人たちが一つになってミュージカルを創っていく』というコンセプトがあります。

「ハンディがあっても関係ないんだよ」、「誰でも舞台に立って輝くことができるんだよ」っていう趣旨を持った団体です!

 

👤これまで「ライオンキング」や「ミス・サイゴン」など、一般的なミュージカルにも多く出演されてきた皆さんですが、

『ホットジェネレーションならではの魅力』とはなんでしょうか?

 

:やはり、さっき言った『誰もが舞台に立って輝くことができる』ところが、他の団体にはなかなか無いところかな、と思います。

 

島崎:もともと(ホットジェネレーション)は、誰でも入れるボランティアスクールなんです。

ボランティアスクールの人たちが一丸となって舞台を創り上げていく形です。

 

:そう、だから誰もが舞台に立てて、誰もが観に行ける

『ミュージカルとかオペラはハードルが高い』とか、『舞台に立つのに抵抗がある』ように感じている人はたくさんいるけれど、

ホットジェネレーションはその壁を越えられます。

 

:ハードルは低くても、可能性は幅広いので、ホットジェネレーションをきっかけにミュージカルの世界に入った人もいっぱいいるんです。

 

 

👤皆さんがホットジェネレーションで「ボランティア」をしようと思ったきっかけは何でしたか?

 

:幼い頃からホットジェネレーションに入っていて・・・


島崎:最年少が一番しゃべってる…(笑)


全員:(笑)

 

DSC03497

:最初は、ボランティアスクールとは知らずに入ったというか…。

 

増山:実はホットジェネレーション自体、最初は、今みたいに『障害のある子達と一緒に舞台を創ろう』という趣旨ではなかったんです。

もともとは、ただ、「誰でもウェルカム」で、「皆で一緒に(舞台を)創っていこうよ」ってだけでした。

そうしたら、少しずつハンディのある子たちも加わってきて、今のカタチができあがっただけ。

だから僕らも最初は「ボランティアやろう!」っていうイメージで始めてないんです。そういった意味で『バリアフリー』って表現が近いかも。

 

VoB:うん、そうだね。


:「ボランティア活動」っていうより、ただ「誰でも一緒にやろう!」ってイメージかな、と思っています。

 

:そのスタンスで活動するうちに、僕自身、ボランティアに対する変な抵抗がなくなったかな。

奉仕活動というか・・・例えば地域のボランティアに参加したりだとかいったことも、ホット(ホットジェネレーションの略)を通じて、以前より前向きになれたし・・・。


島崎:自然に取り組めるようになった。


:そう、自然に取り組めるようになったと感じています!

 

「障がいのある人との向き合いかた」

👤障がいがある子どもたちに対して、どのような印象をもちましたか?

 

:やっぱり、障がいのある子たちはどうしてもハンディがあるじゃないですか?
もちろんその部分で、僕たちが教えるべきことだってあるんですけど、

逆に自分たちが学ぶことって実はたくさんあって…。
例えば、『芸術』っていうのは技術とか表現とか、そういったものではなくて、それを超越した…


増山:エネルギー?

 

:そう!エネルギー。

そういう「大事なこと」を僕たちが(ハンディのある子供たちから)学ばされます。

だから、障がいのある人たちを「障害」っていうもので差別とか区別とかしないべきだなって思います!

DSC03514

 


👤それでも、抵抗を感じたり、難しいと思うことはありますか?

 

島崎:中には、どうしても舞台中に泣き叫んじゃう子だって、もちろんいるし。

けどそれは結局、ハンディのない子どもでもあることだから・・・。


:結局、楽しいですよね。一緒にやることが!

 

山崎:そうそう。

 

島崎絶対にリアクションしてくれるんですよ。何かアクションしたときに。

 

純粋なんですよ。

 

島崎:そう。僕たちもそれにすごくエネルギーをもらっています。頑張ろうって思えたり、逆に与えられるものが多いです!


増山:誰か一人泣いちゃったり、稽古ができなくなったら1回稽古を止めてでもその子をみんなで励ますようにしているんです。

皆で共有できるものって絶対にあるから、「これってこうだよね」って皆で話し合いながら頑張ってる…よね?

 

島崎:はーい♪

 

フミコミュ!読者へ向けてメッセージ♡

 

👤インタビュー読者の大半は中高生ですが、なにかこの時期に経験しておくといいことはありますか?

 

:僕は個人的になっちゃうけど、何でもトライすることが一番かなって思います!

DSC03504

 

島崎:せいちゃん(間さん)は特にそうだ。。


VoB:(笑)

 

:やっぱり、未来って何があるかわからないじゃないですか。
だから今を生きる者として自分が『やりたいな』とか『興味があること』にとにかくトライすることって今につながっていると思います。

 

島崎:僕自身も、まだ23歳と言っても、もう23だからねー…。「他にやりたかったことがあったな」と思っても、もう戻れないから、そういう(やりたい)ことは出来るうちにいっぱいやっておいたほうがいいと思う。

 

👤読者の中には、身近に障がいがある人がいるけど、「どのように寄り添えばいいのかわからない」人がたくさんいると思います…。

そういう人たちへ、なにかアドバイス頂けますか?

 

まず自分が心を開かないと向こうも開いてくれない。普通に健常者同士でも・・・

 

おんなじ!

 

:そう、同じだと思います!
こっちが心を開かないと、やっぱ向こうもおびえて(心を)開いてくれないし、普通に接してあげるのが一番だと思います。

とにかく声をかけて、話し合うのが大事です!

 

:あとは、「目線を合わせてあげること」もやっぱり大事かな。

何か自分よりもハンディがあるわけだから、そこに自分から寄り添ってあげることも大事なことです。

 

島崎:さすが。


:いえいえ。


JKライター:すごく勉強になります。


:(笑) 

 

👤では逆に、障がいのある読者に向けて、なにかメッセージをお願いします!

 

山崎:やっぱり、さっき聖ちゃん(間)も言ってたけど、「自分はいろいろとハンディがあるから」って、ネガティブになってしまう考えをとっぱらって

「自分がやりたい!」と思うことは、なんでも挑戦してほしいと思います。

 

島崎:あとは…、一度ホットに遊びに来てください♡


:うん。それ、すごくいいかも!


島崎:(ホットジェネレーションの)「ブログ見て来ました」とか、すごく嬉しいです。。

 

:それで心が開けたら、僕たちもやっていてよかったなって思うし、多分それが僕たちの役目でもあるから。

 

👤最後に、日本の女子高生に向けて一言お願いします!

 

全員:女子こうせ~~い??(笑)

DSC03543

 

:女子高生って言ってもいろいろいるしねー…

 

:いろんな人がいるからなあ。なんだろう…

 

増山:とにかく、ぜひ!一回、ホットジェネレーションVoice of Boyzを観て欲しいですね!

 

島崎:うん。ぜひ舞台を観にきてください!

そして楽しんでもらいたいし、「心動かされた」って言ってもらえたら、僕たちもとても嬉しい気持ちになるし…

Voice of Boyzもホットジェネレーションも、一度遊びに来てください

 

 

 

大好評につき、VoBの「SECOND LIVE」が5月23日(火)に決定!!!!

 

初インタビューなので終始緊張しっぱなしでしたが、

VoB皆さんはとっても親身にお話してくださいました…(´;ω;`)アリガタイ💕

 

どんな質問に対しても熱心に語ってくださる姿が印象的で、

「ホットジェネレーションが本当に好きなんだな」というのがすごく伝わるインタビューでした!!

また、VoBはメンバー同士の仲がとってもいいのですが、

きっと「お互いのことを尊敬しあっている」ことが秘訣なんだなーって気がしました😊🌟

本当に素敵な方々なんです!!!😁💫

 

最後にライブ中にピアノを演奏していた、中村翔さん(写真一番左)を交えて記念に写真を撮っていただきました!!

DSC03659

家宝にします・・・フレーム買わねば。

 

 

そして!!!!

 

そんなVoBは、なんと、

 

1stライブを成功させて早々に、2ndライブも決定しているのです!!!

 

o0480068013890189344

—Voice of Boyz 2nd LIVE 詳細—


【日時】 2017年5月23日(火) 開場 18:30 開演19:00


【出演者】 Voice of Boyz, Piano:中村 翔


【会場】 BLUE MOOD (築地市場駅A1出口より徒歩約3分)


【チケット料金】・前売り 全自由席¥3000+1order 立ち見席¥2500+1order
        ・当日 ¥3500+1order


【ご予約方法】 E-mail:info@hot-generation.org

        Tel:080-6747-2538(担当:福地) Fax:03-5750-5079(24時間受付)
        お名前、電話番号、希望枚数をお申し込みくださいませ。

「たくさんの人に観てほしい!!!」と心から思うユニットなので、

興味がある人はぜひ、一度足を運んでみてください!!!!

 

最新情報は公式サイトやSNSで随時更新中!!ぜひぜひ、チェックしてください🙌

 

ホットジェネレーション公式サイト

ホットジェネレーション公式ブログ

ホットジェネレーション公式Twitter

Voice of Boyz公式Twitter

 

0ハート

この記事についての みんなの考え

コメントはまだありません。
自分の意見を言ってみよう!

この記事を友達に教える

しるく

しるく

大学1年生

神奈川県

うさぎとマステ集めと料理と漫画が好きです。 実は空手ガール。 毎日をちょっぴり楽しくできる記事を書いていきたいです!

silky_lapin

しるくの記事をもっと見る