ふみコミュ!
  • サイト内
    Web
  • 検索
フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
my love diary......タイトルNO.10909
    □まあ□ 12/12(水) 22:47 IP:218.219.178.47 削除依頼



今から自分の
恋エピソード等を、
ここに書いていきます



NO.1 □まあ□ 12/12(水) 22:54 IP:218.219.178.47 削除依頼



Mはひとつ年下で
私となぜ出会ったのかは
同じ掃除場になれたこと


まだ中1のくせに
Mは長身な私よりも
背が10センチほど高くて
顔もなかなかのイケメン←


でも私は好きな子が居たし
Mにはあまり気を向けなかった


好きな子(Y)は同じクラスで
一緒の班でよく話した子
女子では一番仲が良かった



NO.2 □まあ□ 12/12(水) 22:59 IP:218.219.178.47 削除依頼



Y「お前って字きれいやんな〜」

「はあ〜?何いうてるん?照」

Y「素直に喜びなさい^^」


私はそんなYに対して
ツンとデコピンをする


Y「いったああああああ!
  せーんせえに言ってやる〜っ!」

「勝手に言えやあ〜笑」


そう言ってYと私は
笑い合ったりしていた


幸せだったこの時間
Yのことが好きで、
少しでも話せるだけで
自分の心が満たされていくような
、、、そんな時間だった



NO.3 □まあ□ 12/12(水) 23:02 IP:218.219.178.47 削除依頼



しかし、この後
Yの友達から
衝撃的な事実を
知ることになってしまう


それは私が休み時間に
親友の優と話していた時


Yの友達がうちらの話に
いきなり乱入してきて(笑
他愛の無い話をしてるとき、
Yも私たちの輪に入ってきた


しかもYは私の隣に来るから
私はドキドキだった///
そして幸せだった


しかしその時間も束の間、
Yの友達がとんでもない事を言い出す



NO.4 □まあ□ 12/12(水) 23:07 IP:218.219.178.47 削除依頼



Y友「な〜!Yの好きな奴知りたくね〜っ!?」


ドキッとした
自分はYを好きだけど
Yの好きな人がもしも
自分じゃなかったら、、、
って考えてしまって…


皆「知りたーい!」

Y「はあ?//やめろよ〜っ」


Yは赤面していた
私の心臓はばくばく言って
少しも冷静にならない


でも、聞きたかった
だから私は
Yを好きじゃないフリして
こう言った


「言っちゃえよ〜う!皆知りたいんだし!」

Y「お前まで言うんなら、、、
  ……当ててみなさい。笑」


Yに好きな人がいる、、と
半分確定したもんだ…


聞きたいような
聞きたくないような
私は二つの不安定な気持ちが
心に同居していたが
なぜか耳が傾いてしまった



NO.5 □まあ□ 12/12(水) 23:11 IP:218.219.178.47 削除依頼



Y友「じゃあ、、、まあ!」


ええええええっ!?
いいいきなり私ですかっ汗
緊張するじゃんかあああ


ドキドキしたのも
すぐに収まって、
数秒後には病みました←


Y「まあ?んなワケないじゃん」


はい(´・ω・`)
完全に失恋でした


Yは私を好きではない、と
確定できました…


結局問い詰めてみたら
Yの好きな人は、
同じクラスの美香でした


美香は私より長身で細く
モデル並に可愛い子でした


勝ち目なし......


私はこれで
Yを諦めました



NO.6 □まあ□ 12/12(水) 23:15 IP:218.219.178.47 削除依頼



諦めたいとは言っても
やっぱり目で追ってしまう
まだ私には未練があった


Yには好きな子が居るのに
その子は私ではないのに


だけど私はまだYが好き
毎日辛くて病んでて、
涙ばっかりが頬を伝った


だけど私に
転機が訪れた ←


それは、クラス替え


中2へ進級すると同時に
クラス替えがある
クラスは全部で4つで
Yとなれる確立は1/4


失恋する前までは
ずっとYと一緒に居たいと
思っていたけれど、
もうその時は、
Yのことが忘れたかった


だから私は
Yとクラスが離れたかった



NO.7 □まあ□ 12/12(水) 23:19 IP:218.219.178.47 削除依頼



そして、とうとう
クラス替え発表


第一体育館にはってある
貼り紙を見に行く人たちで
廊下は行列状態だった


その中で、Yを見つけた
Yはいつもどおり
友達とたわむれていて
ふざけて大きな声出したりしてた


私はそんなYを見て
胸が苦しくなった


Yと過ごした沢山の時間
Yにもらった幸せな時間
全てが頭の中をめぐり
私は泣きそうになった


ばいばい、Y......
もうあんたのことは
本当の本当に、
諦めることにしたよ



NO.8 □まあ□ 12/12(水) 23:21 IP:218.219.178.47 削除依頼



私は目の前にある
クラス分け発表の
はりがみを見た


私は3組になった
親友の優も同じ3組
私と優は手をとって
きゃあきゃあ喜んだ


しかし私は目を
すぐにはりがみに戻す


Y、は.......?


3組の男子列を
いくら探しても
Yの苗字は見当たらない


しばらくして見つけた
Yの名前、


クラスは1組だった



NO.9 □まあ□ 12/12(水) 23:24 IP:218.219.178.47 削除依頼



やっと離れられた
Yと離れることができた


これで私は
完全にYを忘れられる


私はほっとした
だけどそれと同時に
深い悲しみが
私の心に表れ出た


私は心の中では
ぼろぼろ泣いていた


Yにまだ未練があったんだ
まだYが好きで、
クラスわけに期待してた
そんな自分が分かった


優が私の暗い顔を見て
何度も何度も
「大丈夫?」って
声掛けてくれたけど
私は平気な振りをした



NO.10 □まあ□ 12/12(水) 23:28 IP:218.219.178.47 削除依頼



これで私がYに対する
片思い小エピを
書き終えました(・∀・)

本題のMはまた今度に、
書こうと思います


見てくれた方、
(いるのだろうか?←)
ありがとうございます◆


お礼は、、、
何もありません(殴
よければ主とかたり〜ぬ
してあげて下さい^pД^


あとあと、何回も
図々しいですが
ネクストも待ってます^^笑



NO.11 あきえ 12/12(水) 23:44 IP:222.7.57.173 削除依頼
ずっと(!?)読んでました♪

辛いですよね…;
Mくんの話も楽しみにしてます☆
更新頑張って下さい♪

ねくすと☆

NO.12 □まあ□ 12/13(木) 23:50 IP:218.219.181.232 削除依頼
あきえchan★!

レスありがとう!
感激だあああ><←

ではMの話を
今から書いていきます★

NO.13 □まあ□ 12/14(金) 00:08 IP:218.219.181.232 削除依頼



Yとクラスが離れて
1週間位経った頃、
朝のHRの時間に
掃除場所の振り分けが
生活班ごとに行われた


掃除場所と言っても
うちの学校では掃除が
20分間と本当長くて
メンバーも結構重要!笑
掃除班といえども
侮ってはいけない ←


私は神経を集中して
掃除班のくじ引きを引いた


結局、技術準備室という
微妙な所になった←


一緒のメンバーは、
平凡な級友A
アニオタなN
どちらも男子だった


、、、Sはドコなんだろ…



NO.14 □まあ□ 12/14(金) 00:14 IP:218.219.181.232 削除依頼



そして給食の後の
掃除の時間!


最初掃除の説明のために
技術室周辺の掃除場の人は
技術室に集まった


私は技術室に入る前から
あの人の姿を探していた


あの人、もちろんS......
未練たらしい自分に
本当に腹が立って仕方ない


だけど私の目は
Sの姿を見つけるまで
周りを見渡し続けた


そして私は驚いた
なんと技術室に
Sが入ってきたのだ!


「おーい、S。遅刻だぞ」


掃除担任の先生が言う
Sはえへへと頭をかいて
許してと頼んでいた


まさか、、、
Sと一緒になるなんて......



NO.15 □まあ□ 12/14(金) 00:21 IP:218.219.181.232 削除依頼



夢でもない
これは現実
Sと一緒だなんて、、


私の心は
踊っていた
Sとなれたことが
とても嬉しくて
舞い上がっていた


しかし、私は
また目を疑うことになる


「せんせーえっ!ごめん☆!」


技術室に息を切らして
入ってきたのは、
……元同じクラスの美香だった



NO.16 □まあ□ 12/14(金) 00:25 IP:218.219.181.232 削除依頼



私の目はすかさず
Yの方に走る


Yは周りに居る友達に
ほら彼女候補が来たぞ、とか
好きって言いなさい、とか
いっぱいからかわれてた


正直、見てるのツラくて
また泣きそうになってしまった


結局細かい場所の振り分けで
あたし−技術準備室
Y−技術室
美香−技術室
、、になった


その後の掃除時間も
ずーっと準備室を抜け出して
時計を見るフリして
何回も何回も
技術室に足を運んだ


今思うと、すごい自分が惨めで
なんだか虚しい



NO.17 □まあ□ 12/14(金) 00:30 IP:218.219.181.232 削除依頼



ある日の掃除時間
私は技術室へ行こうと
また、そーっと準備室を
抜け出そうとしていた時、


「おい!何逃げてんだよ!」


誰かに声を掛けられた
びっくりして振り向くと、
そこには結構背の高い
顔もかなりカッコイイ、←
1年生が立っていた


唖然として私は
棒のように突っ立っていると


「いつも見てたんやで!
 あんたが何回も逃げてくの!」


私はしばらくの間
状況が判断できなかったが
年下にこんなことを言われていると
やっと我に返って、そいつに言い返した


「あんた1年やん!調子こくなっ!」


自分も調子こいてるくせに
言うなって感じですがね(^ω^)笑



NO.18 □まあ□ 12/14(金) 00:42 IP:218.219.181.232 削除依頼



「、、、。」


Mが一瞬黙って私を見つめてきた
私は、言いすぎたかな…とも思いつつ
相手の出方を待っていた ←


それにしても
あまりにもMが
自分の顔を見つめてくるもんだから
私は思わず口から言葉が出た


「な、何さ…?」


すると、Mは何かこらえていたのか
ぶはははっっと笑い出した


「お、お、お前の髪見てみっっ、ぶっ…」


私はすぐさま
頭を手で探った


ぽろっ…
出てきたのは大きな糸くず、、、


「それっ、、俺乗せたww笑
 お前さっきからずっと
 気付いていないんやしw!!笑笑」


まあ、なんて失礼なヤツ…
でも、その時のMは
とても笑顔が可愛かった



NO.19 □まあ□ 12/14(金) 01:06 IP:218.219.181.232 削除依頼
今日はここまでにして
また明日に書きに来ます◆

読んでくれた方が居たら
本当にありがとうです^∀^

NO.20 □まあ□ 12/21(金) 20:50 IP:218.219.171.129 削除依頼



それからというもの、
私とMはすぐ仲良くなって
掃除中話してばっかリで
先生によく怒られた


でも私はそれが
すごく楽しくて、
Yと美香の掃除場へ
行くことさえも忘れて
Mと話していた


そして、、
私はMに惹かれていった



NO.21 □まあ□ 12/21(金) 20:53 IP:218.219.171.129 削除依頼



Mはサッカー部で
私は吹奏楽部


音楽室の窓辺から
よくグラウンドを眺めて
Mと目が合わないか
じーっと見てた


それで、時々Mと目が合う
私はドキッとする気持ちを
なんとか抑えようとする


「おーーいっっ」


Mがグラウンドから
大きな声で3Fの音楽室に
向かって、手を振リ、叫んだ


大きな声でいうもんだから
サッカー部の3年の先輩や
周りの運動部が誰やと
3Fの音楽室の窓辺に
一気に視線を寄せる


私は恥ずかしくって
すぐ窓辺から身を引いてしまった


今思うと、なんて自分は
引っ込み思案だったんだろうって思う



NO.22 □まあ□ 12/21(金) 20:56 IP:218.219.171.129 削除依頼



球技大会では
第一体育館で1年生
第二体育館で2年生が
バレーの試合をした


自分のチームの
試合が終わる度に
私は第二体育館を覗いて
ひたすらMの姿を探した


「あっ!!」


Mを見つけた
Mはチームの中心になって
今アタックを決めようとしていた


がんばれM!
がんばれっ!!
私も体育館を包む声援に混じり
心の中で必死にMを応援していた


バシッッ!!!


ワアアアアアア!!!


歓声が上がる
、、Mのアタックが決まった
私も思わずやった!!と叫んだ



NO.23 □まあ□ 12/21(金) 21:00 IP:218.219.171.129 削除依頼



Mってすごいなあ、、
私はMを尊敬の眼差しで見た


すると、Mがいきなり
私の居る方向へ
視線を移した!


私はまた恥ずかしくて
Mの視線から逸らしてしまった


本当に消極的
目が合ったくらいで
ドキドキしてる心臓
それに比例するようにと
真っ赤に高潮する私の頬


私はすぐに第二体育館へ
逃げるように入った



NO.24 □まあ□ 12/21(金) 21:01 IP:218.219.171.129 削除依頼
※ 訂正

22レスの七行目
第二体育館 → 第一体育館


NO.25 □まあ□ 12/21(金) 21:06 IP:218.219.171.129 削除依頼



結局球技大会では
私のチームは二位!
皆喜んでいた


そして体育館の後片付け
私は球技大会の
実行委員だったので
最後までネット等片付けてた


バコッッ!!


私の背中にボールが当たった


「いったああ、、、誰!?怒」


「ナイスヒット〜♪笑」


そこにはにこにこ笑顔の
Mの姿があった



NO.26 □まあ□ 12/21(金) 21:10 IP:218.219.171.129 削除依頼



「何すんのさー!」


「お前、見てただろ?」


「な、なにを?」


「俺のカッコイイ姿じゃん!笑」


「みっ、見てないしっ!!」


「もう〜♪惚れちまったな〜♪笑」


「惚れてない!ばかっ!汗」


図星だよ、M......
私あんたに惚れたよ
負けるよMには、ほんとに ←



NO.27 れい 12/22(土) 09:16 IP:210.153.84.66 削除依頼
ネクスト希望☆

NO.28 □まあ□ 12/31(月) 23:43 IP:218.219.184.114 削除依頼


<<れいさん

ネクストありがとです!
今年も最後だし←
頑張って書きますっ☆


NO.29 □まあ□ 12/31(月) 23:45 IP:218.219.184.114 削除依頼



それからというもの
私はMとよく話したし
よくからかい合った


そのたびに、
私はどんどん
Mに惹かれていった


そして私は
Mのアドレスを
ついに入手した!


ずっとアド聞きたかったから
Mからアドを聞かれた時は
すっごく嬉しかった



NO.30 □まあ□ 12/31(月) 23:50 IP:218.219.184.114 削除依頼



だけどMとメールして
ある事を私は知った
ある日のメール内容


{Mってシャイやーんっ}

《うるさいっ
 これでも進んでるぜ(笑》

{進んでるとか何ww}

《進んでんだよw
 てかまあってキスしたことある?》


えっっ!!!!
いきなり、、キスですか!?
突然のMの質問に
私はもちろん戸惑った


{してないよっ、はい、、汗}

《ふーん。》


なななな何っ!?
ふーんって何さっ 汗
、、とすごく気になったもので
私はとうとう聞いてみた


{Mは、、あるの?}



NO.31 □まあ□ 12/31(月) 23:52 IP:218.219.184.114 削除依頼



私はすごく
Mの返事を待った
メールを待ってる時間が
この時一番長く感じた


〜♪〜♪〜♪〜


メールが来た!!
私はおそるおそる
携帯を開く、、


「受信メール1件」


もちろんMから。
私はドキドキしながら
そのメールを開いた


《あるよ》



NO.32 □まあ□ 12/31(月) 23:55 IP:218.219.184.114 削除依頼



頭を強く打たれたような
衝動に駆られた


何自分同様してんのっ
キス済みでも
おかしく無いじゃんっ


無理やり自分を
冷静になれと
心を押さえつけるが
私の想像は脳裏を
ぐるぐる回る


そして、メールを返した


{やるじゃんっ!}


たったこれだけ
Mが好きなことを
気付かれないように
今見ても、ほんと変な返事



NO.33 □まあ□ 12/31(月) 23:58 IP:218.219.184.114 削除依頼



《やるやろっ!うふふ(笑)》


Mからの返事
うふふって何だよ
余裕って感じじゃん
そして、こう返した


{Dはあんの?}


自分も送信してから
とても後悔した
だって、Mの返事が
怖かったから......


じゃあ聞かなきゃいいじゃん
、、ってな話だけど 笑


〜♪〜♪〜♪〜


《あるし…(照)》



NO.34 □まあ□ 01/01(火) 00:02 IP:218.219.184.114 削除依頼



Mが大人のキス、、
したことある、、
自分より年下だから
とても恥ずかしかった


自分はMよりも
恋愛経験が少なくて
なんだか虚しくて
病んでしまった


その後のメールは
Mが風呂に入るからと
終わってしまった


後から分かったこと
それはMの彼女のこと


Mの彼女の名前は
絵梨ちゃんって子
ミスコン02位で
とっても可愛い子



NO.35 □まあ□ 01/01(火) 00:06 IP:218.219.184.114 削除依頼



私は絵梨ちゃんとは
部活での後輩であって
ぷリ撮りに行ったり
映画を見に行ったり
とても仲のいい後輩


そして、
Mとも仲が良い
、、当たり前か←


それからという日々、
Mとは毎日からかい合う仲
そして、絵梨ちゃんとも
先輩後輩として普通に過ごし
特に変化は無かった



NO.36 □まあ□ 01/01(火) 00:14 IP:218.219.184.114 削除依頼



ある日の事だった
Mから一通のメールが
私の携帯に届いた


《俺、もう絵梨と別れた》


え!?
何それ?


私の心は驚き半分
そして、喜びが半分
同居していた
最低だね(・∀・`)
詳しく話を
聞いてみることにした


{何で別れたの?}


《だって、しつこいし》


{束縛、されたん?}


《うん。しかも強烈なヤツ》


{そっか、、。
 でも普通少しは
 束縛すると思うよ}


《いや、あれは耐えれねえ
 度が過ぎてるしさ》



NO.37 □まあ□ 01/01(火) 00:18 IP:218.219.184.114 削除依頼



あけおめです(・∀・) ←おそ
2008年も頑張リます 笑



NO.38 ゆウか(゜ω^) 01/01(火) 11:33 IP:220.109.199.218 削除依頼
あケましておめでとウござイます!

最初から読みましたよ\(^O^)/
中1でDあるとか強烈ですね ←

続き楽しみです★!、

NO.39 □まあ□ 01/01(火) 17:41 IP:218.219.176.77 削除依頼



<<ゆウか(゜ω^)さん

あ、あ、あけおめですっ!←
元旦にコメント嬉しいっすね(/Д)誰
Dしたって聞いた時はフリーズしましたね、ハイ(泣)
続き書きますね☆



NO.40 □まあ□ 01/01(火) 17:44 IP:218.219.176.77 削除依頼



私はこの時、
正直嬉しい気持ちの方が
大きかったと思う


これで堂々とMに
アピールできるし、
変な気遣わなくてもいい


あ、最低だ(_・`)笑


そして何ヶ月か
月日が過ぎていった


もうすぐで夏休みで
皆浮かれている頃、
私は一人落ち込んでいた


なぜなら、夏休み中は
Mとほとんど会えないから



NO.41 □まあ□ 01/01(火) 17:47 IP:218.219.176.77 削除依頼



私は親友の優と
こう話していた


「Mに会えないよ><」


優「夏休みやもんね〜↓」


「そうそう;;」


優「でも、祭りあるじゃん!」


「あっ、、お祭り、、!」


夏休み中にある、
市でも一番大きくて
有名なお祭り


うちの学校では
よく、お祭りで
カップルが増える、
夏休みの行事でもある



NO.42 □まあ□ 01/01(火) 17:50 IP:218.219.176.77 削除依頼



その後、
優やその後輩を通して
私はMと一緒に
祭りにいけることになった!


メンバーは
優と私とM
そして、後輩3人
あわせて6人で
祭りに行くことになる


とうとう当日!


私は優と一緒に
待ち合わせ場所まで行って
後輩達と合流することになった



NO.43 □まあ□ 01/01(火) 17:54 IP:218.219.176.77 削除依頼



そして集合場所に
私と優は着いた


遠くからMたちの
集団が見える


Mの私服は
とてもセンスが有り
かっこよかった


いつもとは違う
Mが見れた気がして
優ときゃあきゃあ
騒いでた、←


後輩1「行こうやっ☆」


優と私「そやね!出発しんこーっ」


私たちは夜店が並ぶ
にぎやかな商店街を
歩き出した



NO.44 □まあ□ 01/01(火) 17:58 IP:218.219.176.77 削除依頼



途中で射的を
することになった


「あのぬいぐるみかわいー!
 ほしいなーっ!」


私がキティちゃんの
ぬいぐるみを見て
そう言うと、


《じゃあ、取ってあげよーかw
 俺は射的の王者だからな!笑》


と、Mが夜店のおっちゃんに
お金を出して、私にピースした


その時のMの笑顔が
すごくかっこよくて
鼻血出そうだった ←


「絶対取りなよー!」


《任せとけってっ!》


ああ、Mって、
ほんとかっこよすぎ



NO.45 □まあ□ 01/01(火) 18:03 IP:218.219.176.77 削除依頼



もうどうでもいい
射的でぬいぐるみ
とってもらえなくても、
Mが微笑んでくれたから、
私はすごい幸せ、、、


そう思っていたけど
Mはすぐに
ぬいぐるみを
とってくれた


《ほらよ。お礼は?》


そう言って、
ぬいぐるみを
私のほっぺにぐっと当てる


「あ、ありがとっ///」


素直に言ってしまった←
キュン死してしまった///
頭からきっと湯気出てた 笑



NO.46 □まあ□ 01/01(火) 18:08 IP:218.219.176.77 削除依頼



後から優が私に
「やったね!」
ってな感じで
目を合わせてきた


私って、
本当にMのことが
大好きなんだ、、って
そう感じることができた


時間は過ぎて、
とうとうクライマックスの
花火になる


この祭りは、毎年
川原で花火大会が
9時からあるので、
よくその時間が
告白タイムになる


私も、Mに.....


そう思ってたから
時計の針が進む毎に
私の鼓動は激しくなる



NO.47 □まあ□ 01/01(火) 18:11 IP:218.219.176.77 削除依頼



時計は8時45分
花火を見るために
私たちは夜店から
川原へと移動


「まあ先輩っ☆
 頑張ってくださいよ(∀)!」


一緒に居る後輩の子が
声を掛けてくれる


あああ、、やばい//
緊張し過ぎて死にそう!


他の後輩や、優も
応援こーるを
掛けてくれたが、
緊張は一向に収まらない


どっかーんっ、、


ついに花火があがった



NO.48 □まあ□ 01/01(火) 18:15 IP:218.219.176.77 削除依頼



どうしよう
どうしよう
どうしよーっ!!!


「絶対無理だよ
 死んじゃう>< 
 どうしようっ!!」


私は優にそう言った
優はこう言ってくれた


「私だったら、
 絶対今告白する
 だけど、
 今はまあが決めなきゃ
 まあの気持ち次第だよっ」


涙が出てきた
優が居てくれてよかった
ここまで来れたのも、
絶対優が居てくれたから、


「私、頑張る!
 Mに告白する!」



NO.49 □まあ□ 01/01(火) 18:22 IP:218.219.176.77 削除依頼



優はピースサインを
向けて微笑んだ
そして、私の背中を押して
こう言った


「頑張れ!」


優、ありがとう
私はMにもらった
キティのぬいぐるみを
抱きしめて、走った


Mは川原の土手に行く
階段のところで
待っていた


「おーいっ、Mっ!」


私はMを呼んだ
緊張と走ったせいで
顔が紅潮していた


《すげー顔 笑》


「うっさいなっばか〜」


《んで、どしたん?》


ついに、来た
初告白!!!←



NO.50 □まあ□ 01/01(火) 18:28 IP:218.219.176.77 削除依頼



「えっと、、、っ
 そのっ、、、」


なかなか最初の
一声が言えない


そうやっているうちに
さっきとは全然
比べ物にならないような
大きな大きな緊張が
私を襲ってきた ←


Mがじっと、
私を見つめる
私はその視線を避け
俯いてしまう…


でも、、
何か言わなきゃっっ!


「あああ、あのっ!」
《なあ、》


何て素晴らしい
BADタイミング!←
最初の一声が
見事にかぶってしまった



NO.51 □まあ□ 01/01(火) 18:32 IP:218.219.176.77 削除依頼



《何?
 お前から言って、》


あわあわわわっ
もうこれ絶対
M気付いてる///汗
あーもーっ!!
どーにでもなれっ ←


そして私は言った


「Mのことが、、
 す、好きなんやけどっ!」


あまりにも
力みすぎたせいで
語尾が変に
上がってしまった 死


Mの反応を待った
だけど、すぐに
返事はくれなかった


Mは困ってた ←
私の告白の返事に
すごく悩んでた、、


もう、穴があったら
入りたい状態だった 泣



NO.52 □まあ□ 01/01(火) 18:38 IP:218.219.176.77 削除依頼



そして待っていた返事
Mは私にこう言った


《ごめん、》


あっさりと
Mはその雰囲気を壊した


「あ、別にいいよっ
 なんかゴメンー、、」


私はその場から
すぐさま走って
Mとの沈黙を避けた


涙も出なかったし、
悔しいとも、悲しいとも
思わなかったけど、
ただ、すごく虚しかった



NO.53 □まあ□ 01/01(火) 18:40 IP:218.219.176.77 削除依頼



ちょいと主は
親戚んち行って来やす ←おい
また更新するかもしれません☆
では、いいお年を(∀)意味不

ネクスト待ってます(^3^)殴



NO.54 ゆみ 01/02(水) 11:14 IP:202.253.96.233 削除依頼
ネク

NO.55 ゅカ 01/02(水) 12:50 IP:220.217.223.55 削除依頼
めっちゃいいです☆
今日はじめてみました!!
また更新まってま−す(○´3`○)

NO.56 □まあ□ 01/04(金) 17:16 IP:218.219.180.88 削除依頼



高速の渋滞乗り越えて
帰ってきた主です(^ω^)←

では、続きを書きます



NO.57 □まあ□ 01/04(金) 17:18 IP:218.219.180.88 削除依頼



<<ゆみさん
ネクあリがとです★
がんばリます!

<<ゅカさん
初めて見たんですか!
嬉しいお言葉あリがとです#
では、更新します!



NO.58 □まあ□ 01/04(金) 17:20 IP:218.219.180.88 削除依頼



私は待ってくれてた
優の元に帰った


優は、告白の返事を
聞きたかった顔を
していたけれど、
私の表情で
分かったみたいだ


「おつかれ
 よお頑張ったな」


これだけ、
言ってくれた



NO.59 □まあ□ 01/04(金) 17:22 IP:218.219.180.88 削除依頼



それから皆で合流
優の隣を歩く私
また、Mは私とは
反対側の優の隣。


なんだか、気まずい


後輩たちや優は
なんとか頑張って
盛り上げていたが
Mだけは戸惑いの表情を
隠せないみたい


少し経ったところで
皆は解散した


でも、これからが
また大変だった



NO.60 □まあ□ 01/04(金) 17:26 IP:218.219.180.88 削除依頼



後輩4人と優とは
家が全くの反対方向
でもMが私の家の方向と
一緒だったのだ


いくらなんでも
これはキツすぎる…


告ってOKされたなら
めでたしめでたし、←
なんだけど
ついさっき振られた相手と
200m程一緒に
歩かないとダメなんて…


しかし、時計の針は
9時半をまわっていた


優はここから家が遠いし
後輩たちにはとても
迷惑掛けられない
だから、ほんとに2人きり


告白する前だったら
この状況が嬉しくて
ニヤけてただろうな、、、
なんて思ったりした



NO.61 □まあ□ 01/04(金) 17:29 IP:218.219.180.88 削除依頼



優は大丈夫?と
声を掛けてくれたけど
仕方ない、
頑張るしかない←


「バイバーイ!」


私たちは解散した


「………」


Mと私は2人きり
私からもMからも
声が出てこない
私は出せなかったけど


だんだん道が
暗くなってく


ほんとこれ
堪えられない!!
どうしよう(´・ω・`)!?



NO.62 □まあ□ 01/04(金) 17:32 IP:218.219.180.88 削除依頼



私は思い切って
Mに声を掛けた


「ね、ねえっ!」


Mは俯かせていた顔を上げ
答えた


《ん?何。》


「あのっっ、
 優に用事あったからっ
 あたし戻るねっっ!
 M先に行っててっ><!」


そしてMの返事も聞かず
今来た道をダッシュ!←


あー、、やっちゃった



NO.63 □まあ□ 01/04(金) 17:37 IP:218.219.180.88 削除依頼



もちろん、
優に用事なんて無い
ただの言い訳
あの場から
逃げるための、


だんだん走ってくうちに
人通りが多くなる
祭りの夜店通りに
私は戻っていった


「あ!まあちゃん!」


誰かが私を呼んだ
振り向いたら、
そこには美香がいた


美香、その人は
私がかつて好きだった人が
想いを寄せていた人


「美香じゃん。
 誰と来てんの?」


「んー//えへへ*
 ないしょだよっ照」


私は確信した
Yだと思った



NO.64 □まあ□ 01/04(金) 17:40 IP:218.219.180.88 削除依頼



「さてはYだなっ?笑」


美香は少し顔を
赤らめながら、
最後に小さく頷いた


なんだ、
やっぱり。
Yと美香って
付き合ってたんだ


また私は落ち込んだ
Yには未練無いはずなのに


でも、こんな事が
立て続けに起こるとか...


その夜はほんとーに
病みましたね。ハイ



NO.65 □まあ□ 01/04(金) 17:44 IP:218.219.180.88 削除依頼



それから数日は
特に何も無い日々


夏休み中だから
学校も無いし、
プールにも
ラジオ体操にも ←
行きたくなくて
一日中だらだらすることが
多くなった


ただぼーっとしてるだけで
全然面白くなくて
つまんなくって、
宿題なんかにも
全然やる気出なかったし
いつも妹とケンカしてた ←



NO.66 □まあ□ 01/04(金) 17:49 IP:218.219.180.88 削除依頼



そんなある日、
担任から電話が
掛かってきた


「体育祭の準備や
 打ち合わせがあるので
 明日8時に学校に
 集まって下さい」


体育祭か…
なんかやる気しないや...


そう思っていたけど
一応サボらずに ←
翌日学校へと向かった


「おっす!まあ★」


優が声を掛けてくれた
なんだか優と居ると
すごくホッとする


あの祭りでの
告白以来、
私は優のことが
もっと好きになれた



NO.67 □まあ□ 01/04(金) 17:56 IP:218.219.180.88 削除依頼



体育祭の係り決め
優は先輩の推薦も有り
応援団に入って
2年の中のリーダー


私は優みたいに
あまり派手じゃないし
仕切るのはヘタだから
係りも地味〜に、
器具運搬係になった 笑


Mとは毎日会えないし
会おうとも思わなかった
サッカー部は
確かその頃合宿だったと思う


他のクラスの
体育祭の応援団は
誰なんだろうって思い、
他のクラスに聞きに行った



NO.68 □まあ□ 01/04(金) 18:00 IP:218.219.180.88 削除依頼



1組はもちろん、
Yと美香だった
美男美女だし
当たり前か(・∀・`)


2組も4組も
妥当な人たちだった


3組は優とS
Sはまあまあ
モテるヤツ
こっちもお似合い ←


ほとんどの準備は
3年の先輩がしてくれるから
私たち2年が学校に
集まるのはこの日きり
また、退屈な日々が続いた



NO.69 □まあ□ 01/04(金) 18:04 IP:218.219.180.88 削除依頼



その日もいつもどおり
寝転びながらアイス食べて
マンガめくってる感じだった


♪〜♪〜♪〜♪


突然メール受信音が鳴った
こんな真夏の昼間に
誰がメールしてくるんだろ...←


《おなじクラスのSやけど
 メアド聞いたで〜
 登録よろしくなー》


クラスのSからのメール
なぜにS? 笑
こいつは、優と応援団に
なった人だけど、
私はあまり話したこと無かった



NO.70 □まあ□ 01/04(金) 18:09 IP:218.219.180.88 削除依頼



「分かったあ
 登録するね★」


簡単に文章打って
それで送信


当時Sには彼女が居た
かなり可愛い子
初めてすれ違ったら
振り向いちゃうような
そんな子だった


まあ、関係ないか(・∀・)笑
と、思ったけど
実は関係あるのであった ←



NO.71 □まあ□ 01/04(金) 18:10 IP:218.219.180.88 削除依頼



今日は一旦切ります(∀)
またご飯後来るかも ←

ネクストくれる方
是非是非待ってまあす(^Д^)誰



NO.72 りあ 01/05(土) 22:14 IP:222.150.20.232 削除依頼

ねく(*´ω`*)

NO.73 □まあ□ 01/08(火) 16:53 IP:218.219.180.122 削除依頼



<<りあさん
ネクストあリがとです★!
今から続き書きますね('_`)/*


さて続きを書きますか ←
文章力ありませんが、
時間があれば見て下さいな(^ω^)誰



NO.74 □まあ□ 01/08(火) 16:56 IP:218.219.180.122 削除依頼



♪〜♪〜♪〜♪


携帯の受信音が鳴った
Sからのメールだ
たぶん、さっき私がした
あいさつメールの返事


《ありがとー♪
 てか、今メールしようや》


こんな感じの内容
私はちょうど暇してたし
Sとメールすることにした



NO.75 □まあ□ 01/08(火) 17:00 IP:218.219.180.122 削除依頼



その時してた
メールの内容をここで
少し書きます(^_^)
覚えてる範囲内で ←


《もうすぐで席替えだよな》


「そうだねー♪
 早く席替えしたいわあ〜」


《またお前と隣なれるかな?笑》


今思い出したけれど
私とSとは一学期の初めの頃
隣の席になったことがある


まあ、その時は
全然話さなかったけど…笑


「そうだね〜っ
 またなるかもね(・∀・)」


これでいいやって、
適当に返事を返した



NO.76 □まあ□ 01/08(火) 17:03 IP:218.219.180.122 削除依頼



そしたらSから
メールが来た


《またなりそうやな 笑
 てか、なりたいわー》


…(゜Д゜)!?
Sは何となく言ったのか
私に好意を持って言ったのか
よく分かんなかったけど、
私はなんだか嬉しく感じた


そしてその日の
メールは終わった



NO.77 □まあ□ 01/08(火) 17:09 IP:218.219.180.122 削除依頼



そして数日後、
席替えの日がやってきた


席替えの方法はくじ引きで
黒板に書いてある席の番号の
くじを引いたところに座る


私は一番後ろの席の
窓際を狙うことにした ←
あの席は内職してもバレないし
お昼寝に匹敵の場所だから 笑


どうかあの席に〜っ!、、と
私が両手で願掛けをしていると
Sと目が合ってしまった


うわっ、、やばっ///
願掛けするところとか
見られてたら恥ずかし〜!


そして私の方向いて
Sは思いっきり笑ってた 笑
めっちゃ恥ずかしかったけど
なんだか自分でもおかしかった



NO.78 □まあ□ 01/08(火) 17:14 IP:218.219.180.122 削除依頼



そしてくじ引きの時!
私はもう一回願掛けして
一番最初にくじを引いた


窓際の一番後ろの席の
番号は「15」
私はその隣の「14」だった
番号はうろ覚えだけど 笑


まあまあ良かった
これで隣がよければ、
間違いなく良い席だ


そして皆一斉に席の移動
優は私の一緒の班で
喜び合っていた


私の隣は、、、
同クラのAだった
まあ、面白い奴 ←
Sはずっと前の方席だった


なぜか、その時
私はがっかりした



NO.79 □まあ□ 01/08(火) 17:18 IP:218.219.180.122 削除依頼



しかし私の隣のAが
先生に向かって手を挙げた
そしてこう言った


「先生!僕視力悪いんで
 この席じゃ見えません
 変えてくれませんか?」


おいおいおい〜〜
先に言えば良かったのに 笑
と、私は思った
しかし先生の出した決断は


「そうか、、、
 じゃあ、Aの席と
 変わってあげても良い奴!」


先生がそう言うと、
前の方で一人手を挙げた人がいた


それは、Sだった



NO.80 □まあ□ 01/08(火) 17:21 IP:218.219.180.122 削除依頼



「そうか、じゃあSが
 Aと変わってやれ」


先生はそう言った


そして私の隣にSが来た
私はなんだかドキドキした
なんだろ、、この気持ち


そしてSは私に
こう声を掛けた


《隣になったな》


まさかこの前のメール?
あれの事なのかな?
私はよく分からなかったけど
前よりSと仲良くなれそう、と思った



NO.81 □まあ□ 01/08(火) 17:26 IP:218.219.180.122 削除依頼



ここまで見てくれた方が居たら
本当にあリがとうございます★
とっても主は嬉しいです


ネクスト、感想レスも
じゃんじゃん待ってますよヽ('ー`)ノ死



NO.82 えい 01/08(火) 17:49 IP:220.209.166.6 削除依頼
ネクストですよー

NO.83 ゆみ 01/08(火) 23:06 IP:202.253.96.249 削除依頼
ネク♪

NO.84 □まあ□ 01/09(水) 19:13 IP:218.219.181.164 削除依頼



<<えいさん
ネクストあリがとです♪
今から書きたいと思います(^O^)

<<ゆみさん
ネクストあリがとです♭
よければまた見てくださいね☆



NO.85 □まあ□ 01/09(水) 19:18 IP:218.219.181.164 削除依頼



その席替え後から
私とSは急に仲良くなった


すれ違う時に面白い事言って
毎日私を笑わせてたりしてたし
授業が急遽自習に変更すると
ハイタッチしたりとかもした


Sととても親しい仲になった


私の心の中では
Mの事もそんなに
気にならなくなってたし
Sに対する気持ちの方が
大きくなっていったと思う


でも、これからも
また波乱の日々、、、



NO.86 □まあ□ 01/09(水) 19:23 IP:218.219.181.164 削除依頼



Sは彼女が居るから
私も少し遠慮した


けれど、ある日の授業中


「彼女とげんきー?笑」


《お前それ嫌味かよ。笑》


「え?何かあったん?」


《別れましたが(^ω^)》


「えー、もったいないなあもう...」


《そんなこと言って、、
 本当は嬉しいんだろ?》


そう言ってSは私の頭を
くしゃくしゃっと撫でた///


鼻血出ましたけど ←



NO.87 □まあ□ 01/09(水) 19:26 IP:218.219.181.164 削除依頼



私は頭撫でてきて
すごくびっくりしたので
Sの質問を否定しなかった
、、というかできなかった ←


授業中もSと喋ってる時には、
よく先生にもこう言われた


「お前ら教室でイチャつくな〜笑」


先生がそうからかう度に
ヒューと口笛を飛ばす奴も居た


その時はSも私も否定してたけど
なんだか嬉しくって
後からニヤけたりしてた///←死



NO.88 □まあ□ 01/09(水) 19:35 IP:218.219.181.164 削除依頼



私はSの事を
日々好きになっていった


Sにはもう彼女が居ないし
隣で一緒にいることで
とても気持ちが良かった


しかし体育祭間近のある日
私に恋のライバルができてしまった


それは体育祭の準備で
グラウンドに出ていた時
私は同クラ女子のEに言われた


「ねえ、まあって
 Sの事好きなん?」


「えっ、、ううんっ
 仲が良い友達だよ」


「ふーん......
 あのさあ、Tが
 Sの事好きだからさあ
 あんま喋らないでよ」


いきなりの事で
すっごくビビった…



NO.89 □まあ□ 01/09(水) 19:38 IP:218.219.181.164 削除依頼



そして、同時に
こんな気持ちも生まれた


なんでEから言うの?
Tが直接私に言えばいいじゃん


それに、私だって
Sと沢山話したいのに…
喋らないで、、なんて…
いくらなんでもヒドすぎ!


SはTが自分を好きな事を知らない
だから、余計気を遣い過ぎて
私はすごくツラかった


Sがこんなに近くに居るのに
何で思いっきり話せないんだろ、、
いつもいつも切なかった



NO.90 □まあ□ 01/09(水) 19:42 IP:218.219.181.164 削除依頼



私はその気持ち全て、
優に話した


優はもちろん怒ってた
だけど、私は
Tを責めないでと言った


何回も何回も、優は
私を励ましてくれて
悩みいつでも聞くよって、、
すごく心強かった


ちなみに優は、
隣のクラスのOが好きみたい
でも、優のことだから
狙った男はいつも落とせるだろ ←



NO.91 □まあ□ 01/09(水) 19:46 IP:218.219.181.164 削除依頼



そして私は決めた
Tに宣戦布告をすると ←
あ、別に怖いもんじゃなくて

「私もSが好きだから
 喋らないわけにはいかない」

ってこと......


優にも頑張ってって
励まし応援コール(笑)もらったし
この恋は成功させたい!
、て思ったから、
私は頑張る事に決めた!


そして、翌日
私はTと朝っぱらから
生徒玄関で顔をあわせてしまった


Tとは挨拶はする位、
まあ仲は良い方だけど
なんだかその日は気まずかった


今言うべきかな…と思ったけど
タイミングが上手く計れなくて
なかなか言い出せなかった



NO.92 □まあ□ 01/09(水) 19:47 IP:218.219.181.164 削除依頼



ちょいと宿題行って来ます ←
応援よろです\(^o^)/死


もちろんーっ
ネクストも大歓迎です///*



NO.93 佳子 01/09(水) 20:14 IP:61.24.145.84 削除依頼
ちらちらっと影から見てました★!
やっぱ恋はいいですなぁ〜
続き見たいですっ´ω`*

NO.94 □まあ□ 01/12(土) 12:52 IP:218.219.183.149 削除依頼



<<佳子さん
影から見てくれてたとか
とっても嬉しいです(*^O^*)!
よければまた見てくださいね★



NO.95 □まあ□ 01/12(土) 12:56 IP:218.219.183.149 削除依頼



あああ…
Tが行っちゃう…!
いわなきゃだめやん!!


「ね、ねえっ、T!!」


「あ、まあじゃん
 どうかしたん??」


「んとっ、Sの事なんだけど…」


「…あ、うん
 Eから聞いてくれた?」


「聞いたよ!
 だけど、あたしも実は 
 Sの事が好きだからっ、
 話すのを抑えたりできない!」


ぜーんぶ、吐き出した
私はTの反応を待った
すごく、怖かったけど...



NO.96 □まあ□ 01/12(土) 12:58 IP:218.219.183.149 削除依頼



Tは私の言葉を聞いて
すごく戸惑ってたけど
こう言ってくれた


「本当の事言ってくれて
 ありがとう
 一緒にがんばろなあ」


私はTに本当の気持ちを
言って良かった、と思った


そして、私は教室へと向かった



NO.97 □まあ□ 01/12(土) 13:05 IP:218.219.183.149 削除依頼



教室に入って
優にさっきの事を言うと
よく頑張ったじゃん
、と言ってくれた


我ながらも、
よく頑張ったと思った ←
今までの私だったら
たぶん出来なかったと思う



NO.98 □まあ□ 01/12(土) 13:06 IP:218.219.183.149 削除依頼



チャイムが鳴り、
皆が自分の席に座る
私も座ろうとしたら


ガコッッ……


急に椅子が半分
引かれて、思わず


「きゃあ"あ"っっ!」


と叫んでしまった!汗
もちろん、教室中から
クスクスと笑い声が聞こえる...


なんだよもう!!!
むっちゃ恥ずかしいやん!!
誰だよ椅子引いたバカは!←


隣の席を見ると
Sがあっかんべーをしながら
にこにこ笑ってた



NO.99 □まあ□ 01/12(土) 13:11 IP:218.219.183.149 削除依頼



「あんたのせいじゃんーっ!怒」


《注意力無い奴が悪い。以上。》


真剣に怒ってる自分に対して、
Sがなんでも無かった様に接するから
私は顔から火が出るくらい
とっても恥ずかしかった(Д・`)


でも、ちょっと嬉しかった ←
椅子半分しか引かなかったのは
私の安全考えてくれたからかな?
、、とか思ってみたり…


考えすぎだけどね(^ω^)
やっぱり私はSが好きだ


ふと、顔をあげて、
私はなぜかTの方に目をやると
皆笑っているのに、Tだけが
悲しそうな表情で居るが分かった


いけない事したかな…
そう思ってしまった



NO.100 □まあ□ 01/12(土) 13:15 IP:218.219.183.149 削除依頼



しかし優がいつも
「恋は弱肉強食やん!」
とか言っていたので、 ←
それを心に置く事にした


確かに私はSが好きだ
もしTが好きだとしても
私は絶対諦めちゃだめだ
自分がライバルに勝たなければ


しかし、授業中や休み時間、
Tの方に目をやる度に
TはSの方を見てて
私とSが話してる時なんかは
とてもさみしそうだった


私は恋がツラくなった
お人よしで小心者である
この性格のせいでも
あるんだろうけどね...



NO.101 □まあ□ 01/12(土) 13:20 IP:218.219.183.149 削除依頼



ちなみに、優はいつのまにか
隣のクラスのOに告白されて
付き合ってた(^ω^)


そんなこんなで
私の心は不安定なままで
とうとう体育祭を迎えた


私は一応バカな代わりに
走るのだけは
自信があったから、
リレーでSにアピールした


Sは私の華麗なバトンパスを
見てなかったらしいけどね ←


そして次の種目は
男子総力リレー
午前の部での、
大トリ&逆転チャンスの種目



NO.102 □まあ□ 01/12(土) 13:25 IP:218.219.183.149 削除依頼



アンカーを見ると、、
3組はSじゃなかった
つまんないの… ←
そう思った


{ 位置について、、
  用意……パンッ!! }


ピストルが鳴った
第一走者各クラス4人が
一気にスタートを切る


すると、ダントツに
ぐいぐいと皆から差を付けて
走っていくヤツが居た...


あれは、、Sの姿!?


すぐそばにある名簿を
すばやく取って見ると、
3組の第一走者はSだった



NO.103 □まあ□ 01/12(土) 13:30 IP:218.219.183.149 削除依頼



Sはアンカーじゃなくて
第一走者だった


しかも速い速い、、
皆とぐんと差を付けていく


いつもふざけてるのに
真剣な表情で走っていくSに
私は心が締め付けられた


とってもかっこいいよ......
私はそう思った


そう思っていたら、
優が後ろから声を掛けてきた


「まあ!!
 応援しなきゃダメじゃん!笑」


あ、、そうだった
Sに見とれていた事で
応援をすっかり忘れてた
私声がかれるほどSを応援した



NO.104 □まあ□ 01/12(土) 13:33 IP:218.219.183.149 削除依頼



3組は見事リレー優勝を飾った
応援の部でも2位を勝ち取り
総合では2位という結果になった


皆大喜びで泣いてた
先輩たちも歓声をあげて
私たちにありがとう、と
言ってくれた


とてもいい体育祭で
一生忘れない思い出が出来た



NO.105 □まあ□ 01/12(土) 13:38 IP:218.219.183.149 削除依頼



体育祭の後は、
担当係ごとに後始末をして
自由解散することになった


私の係りは器具運搬だったので
男子に全部任せたら ←
楽に終わってしまった(^ω^)死


そして私は優と帰る予定だったが
教室に忘れ物をしたから
先に帰ってと頼んだ


教室へ向かう時に、
階段を上っている途中、
教室にS居たりしないかなって
思ってたりした


ガラッと教室の戸を開けると
もちろん誰も居なかった


黒板に派手派手にデコってある
体育祭のテーマだけが
妙に存在感が在った



NO.106 □まあ□ 01/12(土) 13:45 IP:218.219.183.149 削除依頼



夕暮れ時で、少し教室の中が
だんだん暗くなってきて
私は怖くなってきたので ←
足早に教室を出ようとした


教室の出入り口から
すばやく出ようとしたら
私は誰かにぶつかってしまった


「いたたた……」


よく前が見えなくて、
誰か確認しようとした時に、
とっさに その誰かに抱きしめられた


「だ、だだ誰っっ?汗」


私は顔をおそるおそる上げた
そしたら、私の正面より少し上に
Sの顔があった



NO.107 □まあ□ 01/12(土) 13:50 IP:218.219.183.149 削除依頼



私はすごくびっくりして
何も言えずに居たが
Sもそんな私に
何も言いはしなかった


Sの手は今も
私の背中に回されたまま


すごくすごく、近い
だからとても緊張して
頬が赤くなるのが分かった


お互いの息が
すぐそばにあって、
ドキドキが抑えられずには
居られなかった


この状況は嬉しすぎるけど
どどど、どうしようっ////!!



NO.108 □まあ□ 01/12(土) 13:55 IP:218.219.183.149 削除依頼



もう一回、
私はSの方へと
顔を上げたら、
なんとSと目が合ってしまった


Sも私をじっと見つめ
なぜか負けず嫌いな私も
Sの目から逸らせなかった


つまり、お互いに
見つめ合っている状況


{あ、なんかやばい…}


私は直感した
キスしちゃうのかも、って思った


しかし、そんな期待?不安?は ←
すぐに消し去られた


「キーンコーンカーンコーン
 まだ校舎内に残っている生徒は
 5時までに速やかに下校しなさい」


チャイムが鳴った瞬間に
私はびっくりして、Sを押した


時計の針は5時前を指してた



NO.109 □まあ□ 01/12(土) 14:00 IP:218.219.183.149 削除依頼



気まずい雰囲気が
私たちを包んだ


《お前、何してんの》


「えっ、あっ、忘れ物、、
 取りにきたんよっ!」


《ふーん、俺も》


まるでさっきの状況と正反対に
私たちは素気ない会話を
たんたんとと進めた


でも、正直その時も
まだ胸がドキドキしてて
顔が真っ赤だったと思う



NO.110 □まあ□ 01/12(土) 14:02 IP:218.219.183.149 削除依頼



今日はここまでで
更新を終わりますね(^O^)☆


でも、表現の仕方って
やっぱリ難しいです…
分かりにくい所があったら
本当にごめんなさい><


ネクスト、感想等待ってます*



NO.111 01/15(火) 01:36 IP:219.108.157.13 削除依頼
夢中になって一気に読んじゃいました!

ネクストお願いします★

NO.112 □まあ□ 02/02(土) 18:27 IP:218.219.172.18 削除依頼



久しぶりの主登場です(P`)←
テストやらなんやらで
ずっと放置してました(Д)
すみません><


<<ま さん

ネクと嬉しいお言葉
ありがとうです(∀).*゜
更新がんばります◇



NO.113 □まあ□ 02/02(土) 18:31 IP:218.219.172.18 削除依頼



112のレスはアイコンとIPが
今までと違いますが主です☆





気まずい、、
気まずい、、


気まず過ぎる><


体温が5度上がったくらい
私の頬は熱くなっていた


ちらっとSの方を見る
Sは何事も無かったの用に
自分の机をまさぐって
足早に教室から出て行った


(行っちゃった…)


私はため息をついた



NO.114 □まあ□ 02/02(土) 18:34 IP:218.219.172.18 削除依頼



翌日


いつもどおりの時間に
学校に行って教室に入った


Sが来てた
席に座って男子と話していた
これもいつもどおり


私はドキドキしながら
自分の席へと歩いて行き
かばんを下ろした


Sは気付いてるのか
気付いていないのかしんないけど
目も合わせて来なかったし
何も話しかけてくれなかった


でも、返ってそっちの方が
気まずくなかったし
私の気持ちも楽だった



NO.115 □まあ□ 02/02(土) 18:38 IP:218.219.172.18 削除依頼



だけどSはその後
何にも話しかけてくれなかった
目も合わせてくれなかった


授業の間の休み時間も
教室移動をする時も
給食を食べる時も
そして、放課後も...


席が隣だっていうのに
話す時は事務的な事ばかりで
いつもみたいに笑い合ったり
からかいあったりする事は無かった


昨日のは何だったんだろう
もしかして夢だったのかなあ


私はまだ昨日の事を
優にも他の誰かにも話してない
だから、余計辛かった



NO.116 □まあ□ 02/02(土) 18:41 IP:218.219.172.18 削除依頼



もう時間は夕方
その日は部活が無かったから
みんな段々と教室から出て行く


しばらくして、
教室は数人しか生徒が
残っている状態になった


隣には、まだSが居て
今日締め切りの提出課題を
一生懸命しているところだった


このまま今日話せないで帰るの、
なんだか嫌だな...


私はそう思った
だから勇気を出してこう言った



NO.117 □まあ□ 02/02(土) 18:45 IP:218.219.172.18 削除依頼



「ねえS、話あるんやけど」


ドキドキした
心臓がばくばく言ってる


だけど、そんな言葉をも
Sは無視して課題をした


もうダメだ…
嫌われたんだ!!


私は胸が苦しくなって
教室から逃げるように出た


Sはもちろん追いかけてなんか来ない
それがまた悲しくて寂しくて
私の心を締め付けた



NO.118 □まあ□ 02/02(土) 18:47 IP:218.219.172.18 削除依頼



ずっとトイレで泣いてた
あまり泣かない私だけど
この時は大分涙を流した


もう帰ろうかな、、


そう思って私はトイレから出た
だけど重大なミスを
私はここで侵してしまった


そう、かばんを教室から
持ってくるのを忘れてしまった…



NO.119 佳子 02/02(土) 20:00 IP:61.24.145.84 削除依頼
楽しみに見ています★!
恋バナ好きなので復活して
くれてありがたいですっ´ω`*★

実際今私は恋をしていないん
ですがすごい共感できます:)

NO.120 □まあ□ 02/03(日) 15:05 IP:218.219.184.53 削除依頼



<<佳子さん

ネクありがとです◇
また来てくれて本当嬉しいです♭

こんな文章力無い話で
共感して下さって感激です///



NO.121 □まあ□ 02/03(日) 15:08 IP:218.219.184.53 削除依頼



文章の訂正です><

118レスの真ん中位の文章で
「侵してしまった」とありますが
「犯してしまった」でした(・ω・`)Σ



NO.122 □まあ□ 02/03(日) 15:12 IP:218.219.184.53 削除依頼



このまま教室帰って
Sと顔合わすのは
とても気まずい…


だけどかばん持って帰らなきゃ
今日の宿題ができない…


私は目の赤みが取れたのを
トイレの鏡でよく確認して
教室へと向かった


もう5時を回っていた



NO.123 □まあ□ 02/03(日) 15:17 IP:218.219.184.53 削除依頼



ここでまた昨日を思い出した
確か今日と同じ時間帯


私の胸がさっきよりもドキドキと
鼓動が激しいのが分かった


とうとう教室前まで来た
私は思い切ってドアを開けた


「よかった、、」


誰も教室には居なかった
私は足早にかばんを取って
教室をすぐ出た


学校の生徒玄関を出るときに
また、涙が溢れ出てきた
胸がぐっと締め付けられた



NO.124 □まあ□ 02/03(日) 15:21 IP:218.219.184.53 削除依頼



この日からずっと
私とSは話さなくなった


私はもう一度体育祭の日に
戻りたいと思った


あの日からおかしくなった
私とSの関係が崩れてしまった


一番楽しかったのに…
一番恋してて嬉しかったのに…
私を幸せにした時間は一気にくるった


でも席は隣だし、気まずい
優にも迷惑掛けちゃうから
相談もしてないし、
優に言えないなら他の子にも言えなかった


ツラかった



NO.125 □まあ□ 02/03(日) 15:26 IP:218.219.184.53 削除依頼



何日か経ったある日
学級活動の時間が余ったので
自由時間になった


自由時間は教室内では
本を読んでも友達と話しても
他の教室に迷惑を掛けないなら
何をしてもかまわない時間


私は読んでいる途中だった
恋愛小説を読もうとしたら
Sが先生に向かってこう言った


「せんせ〜席替えしようやあ!」


私は一瞬Sの言葉を疑った


隣の席、、、
唯一私たちを繋がらせていた最後の糸
Sは自らがそれを切る事を提案した



NO.126 □まあ□ 02/03(日) 15:30 IP:218.219.184.53 削除依頼



人気者のSが言うんだから
皆ももちろん賛成する
口をそろえて、
席替えしようよーって言う


私は賛成、、できなかった
席替えしたいなんて、
そんな裏腹な気持ちを
自分の口から言う事は出来なかった


気まずくてもいい
私はまだSのそばに居たかった
もし席替えをしてしまったら、、
本当に私とSとは関係が無くなってしまう


そんなの嫌


先生はくじを取り出して
席替えをする準備をしている


もう、諦めようか…
また涙腺が緩んできたのか
私の目の奥が熱くなってきた



NO.127 □まあ□ 02/03(日) 15:37 IP:218.219.184.53 削除依頼



「じゃあ席替えするぞ!
 前にくじ引きに来い〜」


先生が言った


皆がわあーっと前に集まる
お前ら小学生かい…と思ったけど
一ヶ月前の私も確かそうだった^^笑


Sなんか一番後ろの席なのに
くじは一番に引こうとしてる


もう、知らない
Sなんてどうでもいいし
そう心に言い聞かせた


私は一番最後にくじを引こうと
重い腰をあげて前に行った
そして、くじを引いた



NO.128 □まあ□ 02/03(日) 15:41 IP:218.219.184.53 削除依頼



くじを開くと、その番号は
だいたい前から三番目くらいの
廊下側の席だった…


なぜか知らないけど
ふとSを見てしまった


...!


ばっちり、目が合った
Sと目が合った
同じタイミングでお互い見て
同じタイミングで逸らした…


はっきり分かんなかったけど
何となく、そんな感じがした


顔が赤くなっていく…
もう諦めるって決心したのに



NO.129 □まあ□ 02/03(日) 15:47 IP:218.219.184.53 削除依頼



皆机を移動しようと
自分の席に戻り
机を新しい場所に動かしている


私も自分の席に行き
机を動かそうとした


バンッ!!


動かそうとした机を
誰かの手で押さえられた


その手は、Sの手だった


「な、何…離してくれんっ?」


《離してじゃねえよ
 お前ちゃんと目合わせろよ》


私はずっとSと目を合わせない


「合わせろって何様なんっ?
 あたしSなんか嫌いやでっっ」


そして、最低な言葉を吐いてしまった



NO.130 □まあ□ 02/03(日) 15:54 IP:218.219.184.53 削除依頼



ヤバイ…!
そう思って顔をあげて
Sを見たけどもう遅かった


「あっ、い、今のは…」


私の言おうとする言葉を
遮るようにSがこう言った


《そんなん俺も嫌いやし!
 お前なんかと話したくもねえよ〜だ》


そう言ってSは机をさっさと
新しい場所へと動かしていった


最悪じゃん、、



NO.131 □まあ□ 02/03(日) 15:58 IP:218.219.184.53 削除依頼



その後の自由時間
ずっと涙こらえてた


でも優が私の席に来てくれて
大丈夫?って声掛けるもんだから
私の目からずっとこらえてた涙が溢れた


そして、優に全部言うことにした
Sが好きだったことも
体育祭の後の教室でのことも
Sとずっと気まずかったことも
休み時間もずっとその事を話した


優は真剣に聞いてくれた


そして話が終わってから
優は少し笑ってこう言った


「あんたら馬鹿じゃん?笑」



NO.132 □まあ□ 02/03(日) 16:06 IP:218.219.184.53 削除依頼



「Sの気持ち、あんた考えた?」


優はまた、こう問いだした


「な、ないけど…あんなヤツ!」


「だから、馬鹿じゃん〜っ笑」


「何さあ><気持ちなんて考えられん」


「ふ、、、馬鹿(∀)笑」


「馬鹿馬鹿ってヒドイやろ〜っ
 馬鹿って言う方が馬鹿ーっ!笑」


いつの間にか笑ってた
涙も止まってた
優に全部話して良かった



NO.133 ゅカ 02/03(日) 16:13 IP:222.8.125.6 削除依頼
NEXT希望=3

NO.134 □まあ□ 02/03(日) 21:26 IP:218.219.182.143 削除依頼



またまた来ました ←
ちょこちょこと更新
していきたいと思います☆

あと主は中2です(・∀・)
今書いてるとこは
大体去年の10月、11月位です


<<ゅカさん

ネクストありがとうです♪
感激です!(P_`゜)゜。笑



NO.135 □まあ□ 02/03(日) 21:30 IP:218.219.182.143 削除依頼



優と話してから
私はもう一度考えた


Sの気持ちを考える、、


考えても考えても
Sの気持ちは分かんない


前は友達みたいに仲良くて
ある日急に抱きしめられて
それからずっと無視されて
挙句の果てに嫌いって言われて.....


面倒くさくなったので止めた ←
いくら考えても一緒
出てくる答えは決まって


「 分かんない(´・ω・`) 」



NO.136 □まあ□ 02/03(日) 21:34 IP:218.219.182.143 削除依頼



それから私とSは
なぜか前のように
からかったりする仲に
だんだん戻っていった


すれ違い様に
バ〜カって言ったり


私が座る時に
Sが椅子を引いたり ←
また、一番最初の
状態に戻っていった


私にとってそれは
すごく嬉しかった


だけどひとつだけ
前と違うことがあった


それは、
ボディタッチが増えたこと...



NO.137 □まあ□ 02/03(日) 21:40 IP:218.219.182.143 削除依頼



前までSは
私に用事が時は
名前を呼んでいた

だけど今度は
腕捕まれたりとか
体に触れてくることが
非常に多くなった


私はその度に
ドキドキしてしまう


Sは大した事無いように
そんなことするから
私は尚更混乱する


でも、こんな関係に
戻れてよかったって思う



NO.138 □まあ□ 02/03(日) 21:47 IP:218.219.182.143 削除依頼



ちなみに優は
確かこの頃、
隣のクラスのOと
別れたらしい


振ったのはO
優はOが好きで
よくのろけを私に
言ってきたのを覚えてる


だから優はOと別れて
とても落ち込んでいた


優は何人もの子と
付き合った事がある
先輩、同級生、他校の子、
いろんな子と付き合ってた


だけどOと付き合っている
優が一番幸せそうだった


Oも優のことが
大好きだって感じだったし
別れるなんて有り得なかった



NO.139 □まあ□ 02/03(日) 21:50 IP:218.219.182.143 削除依頼



それに、授業中
優が顔を俯かせて
泣いているところを
私は見てしまった


でもそれが
Oと関係してるかは
私も分からなかったけど…


だけど、いつも私は
優に頼ってばかりで
優は私に一度も
弱音吐いたりした事無かった


だから、ビックリした
私も優の力になりたい、
心の底からそう思った



NO.140 □まあ□ 02/03(日) 21:55 IP:218.219.182.143 削除依頼



私は優に直接聞いた


「優、最近何か悩んでるやろ?
 うちで良かったら話聞くよ」


「えっ?あ、全然大丈夫
 何でも無いよ^^」


優は笑いながら
大丈夫だよ、と言う
本当に優は強い子だって思った


「そっか、、
 でも授業中見てもたんや
 優、一人で抱えきれなくなったら
 頼りないけどあたしに言ってな
 いつも優はウチの事聞いてくれるし」


優は少し沈黙して、
こう言った


「まあにバレてたかあ〜...汗
 …うん、うちの話聞いてくれる?」


「もちろん、最後まで聞くよ」



NO.141 □まあ□ 02/03(日) 22:00 IP:218.219.182.143 削除依頼



そして優はOとの
出来事を話してくれた


優とOは相思相愛だった
ラブラブだった


けどOと同じ
クラスの女子によって
その関係は壊されてしまった


Oのことを
好きな女子から
多くの嫌がらせを
受けたらしい


だから好きだけど
Oが自分と居ると
優をツラい目に
合わせる、、と思って
別れを切り出したらしい


優も実は、
Oと大恋愛、そして
失恋をしていたんだ



NO.142 □まあ□ 02/03(日) 22:04 IP:218.219.182.143 削除依頼



私は自分のことばかり
悩んでいたから
優の事が分かんなかった


私はごめんねって
優に言ったけれど、
優は全然いいよって言ってくれた


ほんと、優しい奴......


私はOと優みたいな
カップルに憧れてた


Sとも、そうなりたい///
そんな気持ちになったこともある


優は私の恋を
応援するって言ってくれた
また、迷惑掛けちゃうかも… ←



NO.143 □まあ□ 02/03(日) 22:09 IP:218.219.182.143 削除依頼



その日から
何日か経ったある日
私は衝撃的な事実を
知ることになった


それは教室で
Sと私が一緒に
からかい合ってたとき ←


私たちの教室の前の廊下に
1年生の集団が通って来て
なんと私が以前好きだったMが
教室に入ってきたのだ


Mは私の前を足早に
通り過ぎていって
ある女子の前まで行って
手紙を渡した


その女子、、Tに手紙を渡した



NO.144 □まあ□ 02/03(日) 22:14 IP:218.219.182.143 削除依頼



TはSのことが好きな子で、つまり
私のライバルに当たる子である


でも何で、TがMから
手紙を受け取ったの…?


廊下側では1年男子が
ヒューヒュー言っている


Sはそれを見てこう言った


《あれ!ラブレターじゃね!?》


私はビックリした
そしてMがこっちへ向かって来た


そして私に耳打ちした


「まだ俺のこと好きなの?」


いきなりこう言われるもんだから
私はビビって何も言えなかった


一体、何!?



NO.145 □まあ□ 02/03(日) 22:18 IP:218.219.182.143 削除依頼



Sには内容は聞こえなかったみたい
だけど、耳打ちしてる事は
もちろんSも見ていた


Mが教室を出て行ってから
Sは私にこう言った


《あいつとなんか関係あんの?》


「う、うっ、ううんっ!!!
 全然全然無い無い無いっっ」


私ってすぐ顔に出るみたいだ
Sにすぐ勘付かれてしまった…


《嘘つけ、何かあんだろ?
 俺に言えよ》


「あっ、えっと―…
 前好きだった人だよ!うん!
 でも今は全然好きじゃないよ^^」


私は必死に話した...
けどやっぱり感情が高ぶって
声も震えてしまう…



NO.146 □まあ□ 02/03(日) 22:22 IP:218.219.182.143 削除依頼



そう言ったら、Sは
私の顔をじっと見て


「まあ、お前は俺一筋だもんな?
 お前は俺のもんだし」


と、、言ってきた///照
そしてどこかへ行ってしまった 笑


Mありがとう!! ←
と言いたい気持ちだった


これは告白…?///
でも、Sは冗談っぽそうだし
あああああ><でも嬉しすぎるっ



NO.147 □まあ□ 02/03(日) 22:26 IP:218.219.182.143 削除依頼



Sとのことは嬉しすぎるけど
Mは、、一体何?


私は腹が立った


「まだ俺のこと好きなの?」


その言葉はまるでMが
私のあの時の気持ちを
もて遊んでいるような
言い方だったから...


近頃、Mが荒れてる噂は聞いてた


隠れてタバコ吸ってたり
お酒を飲んでたり
ピアスを開けて来たりとか…


恋愛関係でも二股掛けたり
女の子もて遊んだりしてるみたい…


M、すごく変わったな...
って思った


でも私に一切そんな事関係ない
もうMに恋愛感情は無いし。



NO.148 □まあ□ 02/03(日) 22:31 IP:218.219.182.143 削除依頼



ちなみにTは
Mを振ったらしい


あいつ、、Mは
性格変わった…


性格が悪くなった
軽くなったって言うか
荒っぽくなったて言うか、、


夏に比べると
Mは荒れていたんだ


それ以来Mとは
話すことは何も無かった



NO.149 □まあ□ 02/03(日) 22:34 IP:218.219.182.143 削除依頼



今日はこれで切ります('_`)
なんか微妙な切り方ですみません


ネクスト&感想
お待ちしてます(・∀・)
書いてくれると泣いて喜びます(∀) ←



NO.150 ゅカ 02/08(金) 22:06 IP:222.7.251.102 削除依頼
なんか
すごい展開ですねーツ
次も
楽しみにしときます!!

NO.151 ちこ 02/09(土) 02:00 IP:219.125.151.142 削除依頼
ねく
お願いしますっ!
かなり気になります

NO.152 □まあ□ 02/10(日) 19:37 IP:218.219.178.241 削除依頼



<<ゅカさん

ネクありがとです♪
楽しみにしてくれて嬉しいです//
今から更新します☆


<<ちこさん

ネクありがとです♪
嬉しいお言葉感激です><
更新しますっ(^O゜)



NO.153 □まあ□ 02/10(日) 19:41 IP:218.219.178.241 削除依頼



Mはそれ以来、
私の教室に来なかった
もちろん私とも話さなかった


Mは現在学校サボってる
私は少しだけ、気になってる


恋愛対象としてじゃなくて
Mは何があってそんな風に
なっちゃったんだろうって...


でももうMのことは忘れられた
諦める事ができた
今はSのことに精一杯だから



NO.154 □まあ□ 02/10(日) 19:44 IP:218.219.178.241 削除依頼



去年の11月
私は優や他の女子から
ある噂を聞いた


「隣のクラスのKは
 まあのことが好き」


私はKとは絡んだ事無いし
隣のクラスだから接点も無い


だけど優が本人から聞いたって
そう言うから、
ちょっとだけ、気になった


休み時間、私は優と一緒に
隣のクラスに行って
Kの事を見に行こうと決めた



NO.155 □まあ□ 02/10(日) 19:49 IP:218.219.178.241 削除依頼



Kは見た目は普通の男子で
派手でもなく、地味でもない人


優が隣のクラスの友達に
話しかけに行った
もちろんKの情報を聞きに


「K?うん、好きみたいやで
 まあのコト、、、笑
 あいつから聞いたもん」


隣のクラスの子はそう言った
優はそれを聞いてニヤっと笑い
私の方をじろじろ見てくる ←


「あ、Kがこっち見てるでっ!」


優が私に耳打ちしてくる
私は思わずKの方を見た



NO.156 □まあ□ 02/10(日) 19:52 IP:218.219.178.241 削除依頼



Kはすぐ目を逸らした
私もKと同じように
目をすぐに逸らした


なんだか、恥ずかしかった


私と優は自分の教室に戻った
教室ではSたちがドッジボールして
ドタンドタン暴れてる...笑


それをじっと見てたら
優が私に声を掛けた


「あんたとお似合いなんは
 やっぱSやな 笑
 Kのことは気にせんときや」


優が隣の教室行こうって
行ってきたのに…笑


でも、優の言葉は
とても嬉しかったんだ



NO.157 □まあ□ 02/10(日) 19:58 IP:218.219.178.241 削除依頼



バコッ!


「いっ、、痛っ…!」


私の頭に
ボールが当たった 笑


「ご、ごめん!!」


Sと一緒にドッジしてた奴が
私にボールを当てたみたいで
私に謝ってきた


「あ、全然いいよ^^」


「ほんと、ゴメンなあー」


謝ってくれてるし
私はそいつを許したんだけど
いきなりSが入ってきた


《大丈夫大丈夫大丈夫
 こいつ石頭やし大丈夫!
 大丈夫だぜ〜!笑》


大丈夫大丈夫って…
あんた一体なんやねん!
ったく、、、笑


でも、そうやって
屈託無く笑うきみが
私は一番好き



NO.158 ゅカ 02/10(日) 20:13 IP:211.5.40.226 削除依頼
まぁさんは
いろんな人に
愛されて
裏山ですww
いい友達も
もってますね☆ミ

NO.159 02/11(月) 00:00 IP:222.7.57.184 削除依頼

はじめまして!

なんか読んでて
羨ましいです(*´`*)

恋したいなーと
思いました.笑

Sくんと両思いじゃ
ないんですか?´`

ねくすとっっ☆


NO.160 ゅカ 02/24(日) 19:23 IP:59.128.219.57 削除依頼
とりま
あげときます!!

NO.161 □まあ□ 02/29(金) 18:39 IP:218.219.183.114 削除依頼



<<ゅカさん

ネクスト&コメ
ありがとうです///
とても嬉しいです^^♪
今から更新始めますね!


<<よ さん

コメントありがとうです♭
両思いなんでしょうか><?
自分でも分かりません ←
今から更新しますね^∀^★



NO.162 □まあ□ 02/29(金) 18:44 IP:218.219.183.114 削除依頼



それからという日々
特に変わった事無く
過ぎて行く日常


Sと私もいつもどおり
からかったり
ふざけて叩いたり、、
そんな事ばかりしてた…


もうすぐでクリスマスだった
クラスでクリパがある
カラオケ⇒告白の応援(?)
去年はそんな感じだった


私は去年は他の子の応援や
ひやかしをしてたけど ←
今年はSに告白しようかな、、
と、それを優に話したら


「絶対告るべきやんっ!
 きっとOKもらえるって☆」


そう言ってくれたから
自信がついた
私は告白することに決めたんだ



NO.163 □まあ□ 02/29(金) 18:53 IP:218.219.183.114 削除依頼



クリパをひかえた
冬休みまで
あと一週間位、、
そんな時だった


私は盲腸になった ←
一週間程入院しなければ
いけなくなってしまった


ぎりぎり右腹が痛くて
死にそうだった><汗


お見舞いに毎日
優やクラスの友達が
来てくれた
先生も連絡取ってくれた


だけど、、、
物足りなかった……
Sに会えないとさみしい
Sと話せないとさみしい


入院中はSの事ばっか
考えてた ←
メールもワケありで
できなかったから
もうSに飢えてた 泣



NO.164 □まあ□ 02/29(金) 18:56 IP:218.219.183.114 削除依頼



「Sはお見舞いに
 来てくれないのかな?」


そう思って優に聞いたけど
優いわく Sは


《女の見舞いなんか
 恥ずかしくて行けるか!》


と、言っていたらしい(Д)悲
ほんとに薄情モノ ←


だけど、そんな報告も
Sがこう言ってたよ〜
なんて事とか、
小さなことでも嬉しかった



NO.165 □まあ□ 02/29(金) 18:59 IP:218.219.183.114 削除依頼



平和な毎日を
私は一週間ずっと
病院のベットで過ごした


しかし、学校では
思いもよらない出来事が
起こっていた


入院してから一週間後
私はようやく
退院することができた


久しぶりの学校、
そして久しぶりに会えるS! ←
とっても楽しみにしていた



NO.166 □まあ□ 02/29(金) 19:04 IP:218.219.183.114 削除依頼



私は久しぶりに入る
教室のドアを
勢いよく開けた


「おはよーっ!」


皆は私に集まってきて
盲腸がどんななのかを
聞いてきた ←


友達と話して、
私はSのところへ行った
そしてこう話しかけた


「おーす!S☆
 うちが居なくて
 さみしかったやろっ?笑」


そうやってノリよく
Sに話しかけたつもりだった
だけど、Sはそんな私に
冷たくこう言った


「別に。」



NO.167 □まあ□ 02/29(金) 19:08 IP:218.219.183.114 削除依頼



( え?それだけ…? )


私はショックを受けた


病院で入院してた間
どんどん大きくなっていった
私のSをおもう気持ち


そんな気持ちをSは
容易くも壊してしまった
わざとじゃなくって
本当に冷たかった……


( また、前みたいな感じで
  仲良く話せそうだよね…… )


そう思ってたから
私はすぐに立ち直った ←


だけど、私の予想は
呆気無く裏切られてしまった



NO.168 □まあ□ 02/29(金) 19:11 IP:218.219.183.114 削除依頼



※ 1個前レスに
  前みたいな感じ、とありますが
  詳しくはレス114〜みたいな感じです ←

  上手く説明出来てなくてすみません><



NO.169 □まあ□ 02/29(金) 19:17 IP:218.219.183.114 削除依頼



その日はずっと
Sとは話さなかった


優に話してみたけれど
何でだろうね、、?って
感じで、分からない様子


私はあまり
気にしないようにした


そして、放課後..
私はいつもどおり
机で宿題のノート等を
かばんに入れていた


その時だった
隣のクラスのA(女子)が来て
Sを大きな声で呼んだ


「S〜!玄関とこでね★!」


え、、どういう意味…?
私は戸惑った



NO.170 □まあ□ 02/29(金) 19:21 IP:218.219.183.114 削除依頼



それに対してSは
笑顔でこう言った


「おう、待ってろよ
 すぐ行くから」


え、え!?
私はますます
わけが分からなくなった


AとSは付き合ってるの?
ううん、そんなんじゃない
SはAと大して仲が良かったり
噂があったりしたわけじゃない


だから、付き合ってなんか…
、、いませんように><
私は必死にそう祈った



NO.171 □まあ□ 02/29(金) 19:28 IP:218.219.183.114 削除依頼



私は優と一緒に
玄関のところへと
Sをつけて行った ←


そこで待っていたのは
一番私が望んでいなかった光景


、、手を繋いだSとA……


思わず私の目から
涙があふれ出た


やっと退院できて
学校に行けた私を
待っていたのは、、失恋


でも、何であの朝、
Sは私に冷たかった?
Aと付き合ってる事は
何も私とは関係ないのに、


いろんな思いが
一気に波寄せて
私の心を締め付ける



NO.172 □まあ□ 02/29(金) 19:33 IP:218.219.183.114 削除依頼



私は泣いて、泣いて
涙枯れるまで泣いた


優はそんな私を見て
こういった


「カラオケいこーやっ?」


私はうんって言って
そのままカラオケ直行した


ぶっ続けで歌いまくった
普段優の方が多く歌うのに
この日だけはほとんど私が
マイクを占領した ←


泣いてんのか、歌ってんのか
嗚咽がひどくて分かんない
ひどい歌声だったような…笑


でも、少しだけ気分が晴れた
優、本当にありがとう



NO.173 ゅカ 02/29(金) 21:49 IP:222.8.127.201 削除依頼
なんか見てて泣けてきました、、、
主さん大丈夫ですか??
これからも
更新待ってます&#9825;

NO.174 ゅカ 03/02(日) 08:38 IP:222.8.122.159 削除依頼
とりまあげときます!

NO.176 あみ 03/08(土) 06:34 IP:222.7.57.86 削除依頼
ねく★

NO.177 □まあ□ 03/09(日) 15:35 IP:218.219.173.158 削除依頼



お久しぶりです(*^ω^*)
最近パソコンに向かえなくて
更新が遅れてしまいましたが、
今日あらたに更新をしたいと思います#


<<ゅカさん

いつもネクストと
感想を頂き、本当に嬉しいです><
ありがとうございます★!
とても励みになります!


<<あみさん

ネクストありがとうございます!
更新はじめたいと思います^^



NO.178 □まあ□ 03/09(日) 15:37 IP:218.219.173.158 削除依頼



家に帰って思った
私は失恋をしたんだ
改めてそう思った


優からのメールが来た
今日のことの心配をしてくれて
メールを送ってくれたのだった


でも、私はもう諦める事にした
Sじゃなくって、
新しい人を探しに行く事に決めた



NO.179 □まあ□ 03/09(日) 15:41 IP:218.219.173.158 削除依頼



前のレスにも書きましたが、
もうすぐでクリスマスパーティー
クラスの子たちが集まってする感じ


もちろん、Sも来るし
自分も行くって決めてた


でも、なんだか行く気になれなかった
Sと顔を合わせたくなかったんだ
Sのことをもう忘れてしまいたかったから


しかもクリパの前日に知った事


「隣のクラスの子」も数人来るって
優から聞いた…


隣のクラスって…
絶対Sの彼女も来るじゃん……
クリスマスに顔合わせたくないよ、



NO.180 □まあ□ 03/09(日) 15:44 IP:218.219.173.158 削除依頼



「行きたくないよ、優><」


私は優に行ったけど、
優はこう言った


「でも、諦めるんやろ?
 それにこれ関係ないかもだけど
 Kもくるんだってさ」


こう言った


Kって言う子は、前レスした,
噂で自分のことを
好きだとかなんとか、、


でも、私はSがいる時点で、、、
もうSは彼女のAのもので…
考えたくなかったのに



NO.181 □まあ□ 03/09(日) 15:50 IP:218.219.173.158 削除依頼



当日までグズグズしてた
私だったけど、
結局行く事になった


クリパする場所は
広くておっきい
エレベーター付き優の家 笑


団地住まいの自分は
優が密かに憧れだった ←


みんな優の家に入ると
すっげーとか、でけーとか
歓声を上げていた


Sもそこに居て、
こう言った


「俺んち、団地やから
 こんな家うらやましいー!」


ドキ、、、


共通点、見つけてしまった
「団地住まい」
ただそれだったけど
不覚にも嬉しくなってしまった


だめ、あたしは
Sのことは諦めたんだから…
ただそれだけを心に言い聞かせてた



NO.182 □まあ□ 03/09(日) 15:54 IP:218.219.173.158 削除依頼



もちろん、
クリパにはSの彼女(以下A)も
Kの姿もあった


最初はゲームとか
DVD鑑賞しながら
お菓子食べてたりして
みんなで話してた


やっぱりSの隣は
Aがキープしてた
、、当たり前か……


私が時々二人の方を見ると
二人とも携帯覗かせて
何か話しているのが見えた


見たくない
聞きたくない
何も知りたく無い


なのに、私の目は、耳は、心は
未だにSを求めていたんだ
そんなよっわい自分がいた



NO.183 □まあ□ 03/09(日) 15:59 IP:218.219.173.158 削除依頼



みんな飽きてきた、、
そんな時に優が提案した


「カラオケいこうやっ!」


みんな賛成した
カラオケは、私が失恋した日
優が歌わせてくれたところ


「盛り上がるぞっ!
 一人三回は歌う事!^^」


一番手はもちろん優 笑
みひまるの何か歌ってた ←


みんな歌うまいなー。
そんなことを思いながら
ちらちらとSとAの方見てた



NO.184 □まあ□ 03/09(日) 16:06 IP:218.219.173.158 削除依頼



それから数人、
何か曲を歌ってたけど
とうとう私にマイクが
まわってきた


「ほら!まあ^^
 あんたも歌いなよ!」


隣のクラスメイトが
私に進んでマイクを渡す


「え、、あ、あたし最後でいいよ
 だから違う子に渡して〜^^」


だけど、
無理に押し付けられて (笑
私は歌うことに、、、


( うーん、、何にしようかな… )


私はかなり悩んでた
空気読めよ(笑)ってくらい時間掛けて
曲を選んでた ←



NO.185 □まあ□ 03/09(日) 16:13 IP:218.219.173.158 削除依頼



そしたら、Sがこっちに来て
私の方をじっと見ていった


《お前まだ悩んでんの?
 好きな歌手とかいないんか?》


いきなり来て話しかけられたから
私はかなりビビッた 
そして、ドキドキした


「えっ、あ、、YUIとかHYとか…」


《ふーん、、俺あんましらねーけど、
 お前、歌って。》


こう言って、Sは曲をかけた


「これ、NAOじゃん…」


Sは勝手にHYのNAOを掛けた
以前私はNAOを沢山歌ってたから
歌詞は覚えていたけれど、、


よりによって、NAOとか…



NO.186 □まあ□ 03/09(日) 16:18 IP:218.219.173.158 削除依頼



歌いなれた歌だったから
私は一応、NAOを歌った


なるべく、気持ち入れないで、
歌詞の意味考えないで歌おう…
そう思ったけど、
やっぱり気ゆるめると
今にも涙がこぼれそうだった


無事、歌い終わった ←


私はおそるおそるSの方を見たが
SはAと楽しそう話してた…


そうやって見てた私を
優が気付いたみたいで、
気を利かせて盛り上げてくれたけど…


( 何あいつ、、歌えっていったくせに
  ほんと、わけわかんない )


私の心は歌っても晴れないまま、
なにかモヤモヤしてた


ため息をつきながら、私はソファに座った



NO.187 ゅカ 03/09(日) 16:46 IP:220.217.223.93 削除依頼
主さんすごい人間として
強いです、
かっこいいです!
がんばってください★


あたしも
とりまたててるんで
よかったら
のぞいてくださいね☆ミ

NO.188 祐美 03/13(木) 21:05 IP:220.156.222.15 削除依頼
あげ

NO.189 三日月 03/14(金) 12:03 IP:219.212.52.39 削除依頼
コメントお初です!!!!(*^∀^*)ねく!!

NO.190 ゅカ 03/19(水) 20:34 IP:59.128.218.155 削除依頼
あげ★

NO.191 □まあ□ 03/19(水) 23:41 IP:218.219.177.241 削除依頼



お久しぶりです\(^^)/
更新したいと思います


<<ゅカs
全然強くなんか無いです...
むしろ弱い! ←
いつもネク嬉しいです*'`*!

<<祐美s

ネクストありがとうございます♪

<<三日月s

ネクストありがとうございます♭



NO.192 □まあ□ 03/19(水) 23:45 IP:218.219.177.241 削除依頼



もうどうでも良かった
SとAがイチャついてても
もう関係ないと思った


でも心の奥では
どこかで寂しくて、
とてもツラくてたまらなかった


クリパも終盤...
みんなカラオケでも
飲み食いして歌い狂って、 ←
寝てる子もいた


そんな中、私のとなりに
隣のクラスのKが座った


「隣座っていい?」

「あ、いいよっ」


Kと話をするのはこれが初めて
少し緊張しながらも
私はKと話してみようと思った



NO.193 □まあ□ 03/19(水) 23:49 IP:218.219.177.241 削除依頼



最初はクラスの事とか
趣味の事とか話してた


Kとは気が合うかも...


私は話してみてそう思った
好きな歌手も一緒、
好きなうたも一緒、
価値観も似てるし、、


「Kと話してると楽しいや^^」


私は思わずそう言った
するとKは、


「そう?俺も楽しい
 ○○(主の苗字)と初めて話したけどな」


みんな別々で話してるから
私達の会話は見ていなかったと思う


この間は、私はSのことを
考えずにすんだのだと思う



NO.194 □まあ□ 03/19(水) 23:54 IP:218.219.177.241 削除依頼



そしてKは
こんな事を言い出した


「噂、きいた?」

「え、、?何の噂?」


大体言いたい事は分かったけど
あえて言わなかった ←


「だから、俺の噂...」

「ごめんわかんないや><」

「だーから、俺が○○のこと
 好きだって噂をだよ!」

「あ、、、///」

「………///」


ちょっと気まずくなった
でも、Kがこう返した


「その噂、ほんとやから」

「え、あっ、、、///照」


いきなり告白された



NO.195 □まあ□ 03/19(水) 23:58 IP:218.219.177.241 削除依頼



誰かまだ歌ってたから
皆にバレてなかった


それに周りがうるさかったから
Kと私はかなり近づいて話してた


いきなり恥ずかしく
なってきてしまった…//


( あ、Sが見てる…… )


その時、Sの視線を感じた
私に無理やりNAO歌わせて
挙句の果てに無視のS…


「あ、いいよ!付き合おう!」


私の口から思わず
OKの言葉が出てしまった


私はSに対抗するつもりで、
ただそれだけの感情で


後悔するのも
遅くはなかった



NO.196 □まあ□ 03/20(木) 00:01 IP:218.219.177.241 削除依頼



Sに見せ付けてやる
Sに負けたくなんかない
Sを絶対見返してやるんだから


私はそう思った


でも、気付いた
私はまだSのことを想ってる


諦めたなんて口ばっかりで
結局は未練たらたらんだね


弱い自分がいた


でも、このままじゃ嫌
変えなきゃ
そう思っていた



NO.197 □まあ□ 03/20(木) 00:05 IP:218.219.177.241 削除依頼



Sは相変わらず親密に
Aと話しているけど
何かこっちを
ちらちら見てくる感じだった


( Sなんかより
  絶対いいカップルになるから! )


不純な理由で告白をOKしたのに、
ただそれだけなのに、
私は勝ち誇った気持ちだった


今思うと本当に馬鹿みたい


心から好きじゃないのに
いいカップルになんかなれるはずない


そのままクリパの後は
Kとアドを交換して帰った



NO.198 □まあ□ 03/20(木) 00:08 IP:218.219.177.241 削除依頼



それからというもの
冬休み中の予定は
特に無かった


デートの予定もないし
初詣は友達と行くし
特に大きなイベントも無い


私はテレビや携帯、
読書にひたすら走ってた ←


そして新学期がやってきた
お正月に太ったと思われる
なつかしいみんなの顔!蹴


楽しくて仕方なかった



NO.199 □まあ□ 03/20(木) 00:13 IP:218.219.177.241 削除依頼



優にもKのことを話したけど
Sのことは何も聞かないで
ただ、応援すると言ってくれた


そんな優の気遣いが
とても嬉しかった


そして今日の放課後は
Kと一緒に帰る約束をした


私は校門の前で
Kを待っていた


そしたら、玄関から
誰か出てくるのが見えたから
Kかな?と、期待した


でも生徒玄関から
出てきたのは、、Sだった



NO.200 □まあ□ 03/20(木) 00:18 IP:218.219.177.241 削除依頼



こっちこないで
こっちこないで
こっちこないで!!泣


気まずかった
なぜか知らないけど
すごく気まずかった


Sが私の前を
通り過ぎるその瞬間
私に声を掛けてきた


《あー、お前K待ち?》

「あ、うん!」

《お前どこまでいったの》

「え、ええっ??///」

《手も繋いでないやろ?》

「え、あ、ってかSに関係ないし!」


正直図星だった
Kもあたしもシャイだから
手も繋いだことが無い


というか、冬休み中会ってもいない…



NO.201 □まあ□ 03/20(木) 00:28 IP:218.219.177.241 削除依頼



Sはどうせ手早いんでしょ
Aとキスくらい済ませてるんじゃん


《俺はなあ、》

「知ってるし!Dしてるんやろ!」


Mの時の事を考えてしまい
Sが言葉を言い終わるまでに
私は思わず言ってしまった


まるで、Sに妬いてるみたい
そんな言い方だったと思う


《何お前興奮してんだよ 笑》

「、、興奮してんし」

《妬くなよ?笑》

「…やいてんから」

《、ふふ》

「、、笑うなハゲっ」 ←


ここらへんかなり焦ってたから
会話うろおぼえ…(´・ω・`)



NO.202 □まあ□ 03/20(木) 00:39 IP:218.219.177.241 削除依頼



結局Sがどこまでしたか
定かじゃなかったけど
久しぶりにこんなに話せて
嬉しかった


《俺はお前に妬いてほしいけどな》

「えっ、は?意味分からんっ!」

《わからんでもいい。》

「、、説明しろハゲ!」←

《俺はお前のことは嫌いって事やな^^》

「はは、お互い様やねんな^^'」


久しぶりに、笑い合えた
冗談でも「妬いてほしい」は
やっぱり嬉しかった


そのとき、Kの姿が見えた


《じゃあ、俺いくわ。ばいばい》

「ばいばい!」


私とSは手を振って別れた



NO.203 □まあ□ 03/20(木) 00:44 IP:218.219.177.241 削除依頼



「遅れてごめん!
 委員会長引いてた!」


「あ^^全然いいよ〜!
 そんな退屈しなかったし★」


「、、、さっきのS?」


「うん!ボケなすのS!」笑


「そんなこと本当は
 思ってないやろ?
 ○○って本当は
 Sのこと好きなんじゃない?」


「う、ううんっっ!!汗
 好きとか全然
 そんなんじゃないし^^;!」


Kにバレてた……
必死に隠したけどボロが出た
Kは気付いてたんだね…



NO.204 □まあ□ 03/20(木) 00:51 IP:218.219.177.241 削除依頼



レス203からの会話は
全てKとの会話です><
書き方分かりにくくてすみません


「俺をOKしたのも
 Sを忘れるためにしたのとかさ」


「え、違う違う違う!!!
 それは絶対違うよ!」


本当なのに、、
Kに全部バレちゃってるのに


私はただ否定を続けた


「好きな子のこと
 よく見てれば分かるよ
 クリパの時とかさ、好きなのモロバレてた」


「……………」


「付き合えるだけでいいとか思ってたけど
 心は通じ合ってないんならやめようや」


「、、、ごめん」


K、本当の本当にごめんなさい
私達は別れた
たった、二週間で付き合いは終わった



NO.205 三日月 03/20(木) 13:45 IP:219.212.52.39 削除依頼
ネクです!^^

NO.206 ゅカ 03/21(金) 20:42 IP:220.217.223.34 削除依頼
すごいです!!
あたしはまぁさんと
Sさんがくっつくの
楽しみにしときます!(∀)

NO.207 まなみ 03/24(月) 11:11 IP:219.108.157.27 削除依頼
ネクスト´∀`

NO.208 □まあ□ 03/27(木) 15:52 IP:218.219.176.246 削除依頼



<<三日月さん
ネクストありがとです★


<<ゅカさん
ネクありがとです♪
更新ごとに感動します><
ほんまに支えなってます*


<<まなみさん
ネクありがとです#


では、更新します∩^ω^∩



NO.209 □まあ□ 03/27(木) 15:56 IP:218.219.176.246 削除依頼



私はKと別れた
本当に短い時間だった


私はKを傷つけてしまった
そして自分自身をも傷つけた
とっても後悔した


私たちが別れたのが
周りに気付かれ始めるのも
そんなに遅くもなかった


Kとは廊下ですれ違っても
会釈もしない目も合わせない
ただ心に浮かぶのは
Kに対する「ごめん」って気持ちだけ


私はとても辛かった



NO.210 □まあ□ 03/27(木) 16:04 IP:218.219.176.246 削除依頼



しばらく経って
季節はバレンタインデー


2月を少し過ぎたころ
私はSにチョコを渡そうか
すごく迷っていた


もし今年チョコを
Sにあげるとしたら
私にとっては
初めての本命チョコだった



NO.211 ゅカ 03/27(木) 20:25 IP:222.8.121.233 削除依頼
もうほぼ毎日ツていうぐらい、
チェックいれてます☆
まじでmy lovediary(つづりちがうかも)
大好きです★

NO.212 彩夏 03/28(金) 17:40 IP:58.92.157.197 削除依頼
ヤバイ!すごいおもしろいです!!!


全部見ましたよぉ!!!!


主さん最高!


ねくすとです♪

NO.213 ゅカ 03/30(日) 10:50 IP:59.128.218.81 削除依頼
まぁちゃん!
メルできたりする?
あたし聞きたいことある(∀)

NO.214 ゅカ 04/12(土) 14:04 IP:61.202.122.56 削除依頼
あげます!!

NO.215 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 16:34 IP:218.219.176.76 削除依頼



大変遅くなって
申し訳ございません
今学校やら何やら
大変で´`((言い訳←


*ゅカちゃん
毎回感動だよっ><
こんな文章力ない物語
愛読頂いてもらって
本当に嬉しい!

メール上からどうぞ#_`


*彩夏さん
最高とか無いですよ!
舞い上がります!(やめい
レスありがとうです#



NO.216 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 16:37 IP:218.219.176.76 削除依頼



*ゅカちゃん&皆さん


あ!メールは
主あまり開かないんで、 ←
返信遅れますが
良かったらメール
してくださいねっ∩ω^∩
いい事ありますよ(爆)



NO.217 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 16:39 IP:218.219.176.76 削除依頼



バレンタインチョコは
AがSにあげるだろう、、


だってカレカノだもんね


彼女が居る人には
本命チョコなんて
あげちゃダメだよね


そう思ったから、
私は結局チョコは
あげないことにした


弱虫で小心者な私
でも、SとAの関係を
壊しちゃいけない
って、思った



NO.218 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 16:42 IP:218.219.176.76 削除依頼



そして、日が経ち
バレンタイン当日


クラス女子の半分の子は
彼氏や片思いの人への
本命チョコを
持ってきてるみたい


ちなみに優はクラスの男子に
手作りのチョコクッキー
均等にあげてた(笑)


男子は髪型気合い
入れてるやつとか、
普段と全然変わらんやつとか
いろいろだった


その中でもSは
特に気合い(笑)なんて
入れていなくて
いつもどおりだった



NO.219 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 16:49 IP:218.219.176.76 削除依頼



優が朝のHR後に
話しかけてきた


「ねーえ、まあは
 本命渡すんっ?笑」


「ううん、渡さないよ
 ていうか、チョコ自体
 持ってきてないし…」


「えええっ(゜_゜)!
 一年に一度の
 逆転チャンスやよ!
 Aから略奪できるよっ」←


「そんなことうちには
 絶対できないよ><
 それに、、
 AだってSが好きだし
 、、てか 彼女だし...」


「そっか―…
 まあは優しいね」


「めーーっちゃ優しいやろ?」


こんな冗談言ってみたけど
優しいんじゃなくて、
私は勇気が無いだけなんだよ


Sにあげるのが怖くて、
Sの反応が怖くて、
私はチョコなんてあげられない



NO.220 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 16:55 IP:218.219.176.76 削除依頼



そして放課後


Sと私は今日一回も
会話を交わしてない


まあ、そんな日も
一週間に何回かあるし
対して珍しくなかった


さて、帰ろうかな
鞄に荷物を入れようと
したところだった


《 GiVe Me チョコレートwww 》


私の目の前に手を出してきた
机の前にSが立っていた


《ぎぶみ〜〜俺一個も
 もらってないんやで?
 可愛そうやと思わんかっ?笑》


何言ってんの、、
Sに誰もあげない理由なんて
彼女のAが居るからに
決まってんじゃん!!


Sが来てくれたのは嬉しいけど
Sの言葉には、Aの存在の大きさが
分かり知らされた気がした



NO.221 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 17:01 IP:218.219.176.76 削除依頼



《んー?どうしたのかな^^笑
 何かあげるもの無いのかな?
 
 …てか、あるだろー?》


そんなこと言われたら、、
もうやばい,,///


「あ、あるわけ無いじゃん!
 何でアンタそんなにも
 鈍感なんやしっ!
 バカは早くおうちへ帰れっ」


ちーん(´・ω・`)


顔が赤くなるのが分かった
そして気付いた


自分、Sに告白みたいなの
言っちゃってたってこと、、


{ 何であんたそんなにも
  鈍感なのっ? }

  
深読みすると、


{ あたしの気持ちに
  少しでも気付いてよ! }


と、同じじゃないですか...
もう完全にバレた…
鈍感なヤツでもこれじゃあ...



NO.222 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 17:07 IP:218.219.176.76 削除依頼



私はSの反応を見た
バレちゃったか、、
その後の言葉が
すごく怖かった


少ししてSが口を開いた


《んだよー空気読めよケチ〜》


と、これだけ言って
教室を出て行った


廊下をのぞくと
Sの足取りの先には
もちろんAが居た


仲良く早く家帰れっ←(^ω^)
そんなこと思って
二人の後ろ姿見てた...


すると突然、Sが振り向き
教室へと方向転換して(笑)、
こっちへ向かってきた


ええ、え、え、!!!!
どうしよう><
のぞいてたの、バレた!!泣



NO.223 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 17:14 IP:218.219.176.76 削除依頼



私は急いで教室を出て
Sの歩いてくる反対方向へ
早歩きしながら逃げた


教室だと人が少なくて
気まずいから、、、


でも、反対にまずかった…
逃げる足の速度をあげて
(最終的に走ってた)←
Sから逃げようとした


そしたらSが追いかけてきた
おにごっこみたいになった
(状況分かりにくてすみません)


ぐっ!!と突然腕を
Sに掴まれた


《おいっ!あのさ、》


「ちょ、離せハゲ!!!
 なんで来るわけ??
 あっちいけタコ!!!
 はよAと帰れやっ!」


私は抵抗しまくった


言葉遣い改めなきゃ…



NO.224 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 17:22 IP:218.219.176.76 削除依頼



《おい!!!
 ちゃんと話聞けって!!》


突然のSの声にビビって
私はSの手を離した


「な、なに……」


《お前に貸したCDはよ返せって。
 今日持ってくるって言ってたやん
 あれ、姉貴のやから》


あ、そっか、、
それなら良かった…


私はホッとした(・∀・)


「、、な…なあんだ…
 それならあるよ^^;!
 今教室からとってくるっ」


《あ、待て。あと、もーいっこ...》


「なに、、?」


まさか、、って思った…


《……俺の前では素直でいろよ 、、


 


 なーんてなwwwブス!
 早く取りに行ってきて!》


一言余計ヽ('ー`)ノ
だけど、かなりドキドキした


なんか、これで十分な感じがした



NO.225 □まあ□ [MAIL] 04/12(土) 17:32 IP:218.219.176.76 削除依頼



もうそれで満足、、
そんな感じがした


しかし、私はまだ
私の心を脅かす出来事が
起こる事を知らなかった


私はSにCDを返した後
教室へ戻って
残っていた宿題をしていた


すると、先に帰ってた
Sの友達の男子が
教室へかけこんできた


「みんなよお〜く聞きなっ!
 なんと、、SとAが
 校門少し過ぎたとこの公園で
 べろちゅーしてましたっ!」


残ってた女子の子たちが
きゃあああ!と歓声をあげる


え、、、なにそれ、、
私は呆然とした
教室の窓から見える
校門のそばの公園を見た


ちょうどベンチのところが
校舎の影になって見えなかった


(Dキスとか中2なら別に普通じゃん
 何みんな喜んでんの
 ばーっかみたい)←自分未経験


心に言い聞かせたけれど
涙が溢れそうになった...



NO.226 ゅカ 04/13(日) 12:31 IP:61.202.122.56 削除依頼

 まぁちゃんー(∀)
 切なすぎ、、、まじ好きなんだねぇ★三
 わかるよ!その気持ちいぃ(/_;)
 これから更新がんばって=3
 また見に来る!!!!

NO.227 三日月 04/16(水) 23:17 IP:219.212.52.39 削除依頼
あげーヾ( ^ω^)ノネくです!

NO.228 花火 04/17(木) 21:48 IP:121.3.162.188 削除依頼
超感動です!!(´・ω・`*)
辛いですよね(*>ω<)←
応援もしてます(
ネクスト希望♪

NO.229 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:11 IP:218.219.182.164 削除依頼



主です\´`/
更新します◇


<<ゅカちゃん

うん;;切ない><
大好きなんだなあ ←
なんであんなバカを…
いつもありがとう!!


<<三日月さん

再びありがとうです★
ネクストきたーって
感じですっ(^^)黙


<<花火さん

ほめてくださって
本当ありがとうです><!
応援してくれるって
こっちが超感動ですよ(何



NO.230 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:14 IP:218.219.182.164 削除依頼



何、自分
あんな言葉ごときに
振り回されちゃってさ


さっきまで
喜んでた自分が
ほんと、バカみたい


もう涙が溢れる寸前
みんなにバレたら
またややこしくなるから
私はすぐにかばんを持って
教室から出た



NO.231 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:22 IP:218.219.182.164 削除依頼



その後の生徒玄関で
靴を履いてる時だった


玄関の方に影が見えた


「あ、、」


その影の正体はSだった


《はあ、、お前か...》


「何?」


私はムッとした声で言った
Sは公園から走ってきたのか
すごく息切れしてた


《B見んかった!?》


※BはSの友達
 (さっき報告してきた)


「は?しらないしっ」


てか、なんでこいつ
また学校にくんの?




NO.232 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:34 IP:218.219.182.164 削除依頼



「何?Bに用あんの?
 すごい焦ってるし」


不機嫌だった
明らかに私の声


Sはもちろん
その理由なんて知らない


《んだよ、教室まで
 行かなきゃなんねーな、、》


あ、何となく感じた
SはAとのキスを
Bに見られたから
言い訳とか口止めとか
しに来たのかもって...


「ふーん、でも
 Bに会っても無駄だよ」


《は?何言ってんのお前?》


無性にイライラした
まだSが来た理由さえも
分かっていなかったのに
だから私は
こう言ってしまった


「どーせあんたは
 Aが好きなんだね」


自然に口から出た言葉
みにくくて嫉妬心が
もろ出てる言葉


また、後悔してしまった



NO.233 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:40 IP:218.219.182.164 削除依頼



はっとした


「どーせあんたは
 Aが好きなんだね」


これはどう考えても
私がAにやきもちを
妬いてるだけじゃん


《お前なあ…
 まさか、見たの?》


「……な、なにをさ」


《見てたんだな》


「見て無いよ」


《お前態度に出てるから》


「聞いただけ、、、あっ」


《はーん?笑 そうなんだ》


「何?何?それが
 どうしたっていうん?
 別にどーでもいいし
 あんたなんて眼中にないから。」


私の口って何でこんなにも
素直で素直じゃないんだろう



NO.234 三日月 04/19(土) 18:43 IP:219.212.52.39 削除依頼
ねくです!(^-^)/

NO.235 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:47 IP:218.219.182.164 削除依頼



しばらく沈黙が続いた


怖かった


少ししてSが
口を開いた


《俺のことそんな好きなんだ》


かああっと頬が
熱くなるのが分かる


「は?だいっっっキライだし」


《おい、素直なれって
 さっき言っただろブス》


「ブスって言うなばか
 この貧弱男!!」←


《まあな〜お前よりは
 体重軽いかもな。笑》^ω^`


「ウザ!もーさっさとどっか行け!」


《お前が好きって言うまで
 どこにも行かんわ。笑》


また頬が熱くなる…



NO.236 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:51 IP:218.219.182.164 削除依頼



<<三日月さん

ネク嬉しいです///
ありがとうございますっ!



NO.237 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:52 IP:218.219.182.164 削除依頼



困ってしまった
意地でも好きだなんて
言いたくなかったから…


「う…、んーじゃあ、
 Sが先に私に向かって
 好きって言いなっ!」 


《はー?んなん簡単だし》


「ふーん。じゃあ言え。」


《お前なんでさっきから
 命令口調なん?笑
 まあいいけど》


Sは微笑んだ


そしてわざとらしく
ごくっと唾を飲んだフリして、
そのあと深呼吸して、言った


《好きだよ》



NO.238 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:54 IP:218.219.182.164 削除依頼



一気に私の顔は
みるみる紅潮して言った


無理だと思った


だから私は一目散に逃げた


《おい!裏切り女!!》


Sが呼ぶのも無視して
私は精一杯足を動かして逃げた



NO.239 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:55 IP:218.219.182.164 削除依頼



訂正


238レスの
「みるみる紅潮して言った」は
「みるみる紅潮していった」です



NO.240 □まあ□ [MAIL] 04/19(土) 18:58 IP:218.219.182.164 削除依頼



学校が見えなくなるまで
来たところで思った


「逃げちゃった…
 いいのかな、、」


ほんと自分はバカ
好きなんて一言
言えばそれで終わったんだ


なのに、逃げた


Sが意地悪だと思った


もうSと話さないでおこう
そう思った



NO.241 ゅカ 04/20(日) 17:06 IP:61.202.122.177 削除依頼
まじ、どうなるかわかんない恋だね!
まぁちゃん、頑張ってる★三
から、応援めっちゃするね!!

NO.242 花火 04/20(日) 17:16 IP:121.3.162.188 削除依頼
超切ないですね(´・ω;`*)←
応援しますよ!!もう←
ネクスト希望♪

NO.243 あか 04/21(月) 19:40 IP:219.108.157.37 削除依頼
ねくねくねくねくねくねくねくねくねくねく

このタイトルには現在0件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
●タイトル自体を削除する場合はこちら
パスワード  
●お返事を削除する場合はこちら
NO パスワード
会社概要プライバシーポリシー広告掲載・媒体資料のお問い合わせお問い合わせ(ユーザーサポート)旧掲示板スレッド一覧
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ