ふみコミュ!
  • サイト内
    Web
  • 検索
フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
       塾のせんせいタイトルNO.11520
    まつなが 03/31(月) 17:45 IP:210.237.198.21 削除依頼
敢えて立て直しました


もう中学を卒業したので
塾とは関わりがなくなりました

二度と会えないかもしれないけど
だけど…


よかったら見てください^Д^

NO.1 まつなが 03/31(月) 17:57 IP:210.237.198.21 削除依頼

登場人物

松永/新高1/英語は普通

あいつ(増本{仮)/年齢不詳(自称はたち{笑)/英語担当    

 
あたしはこの話の中で
先生を[あいつ]としてますが
それは
先生を一人の男として見てるから
脳内でそう呼んでたからで{w
決して
見下してるからとかって訳じゃないんで
ご了承ください

NO.2 まつなが 03/31(月) 17:59 IP:210.237.198.21 削除依頼


          *


あいつとあたしが
同じ環境にいた
2年間は
もう戻ってこないけど

だけど

NO.3 まつなが 03/31(月) 17:59 IP:210.237.198.21 削除依頼

あたしは
今でもまだ
あいつのことを
忘れられずにいます

NO.4 まつなが 03/31(月) 18:00 IP:210.237.198.21 削除依頼

あいつとあたしが 
出会ったのは
一昨年の3月

NO.5 まつなが 03/31(月) 18:01 IP:210.237.198.21 削除依頼

あいつは
あたしが塾に入ったのと
同じ時に
あたしの校舎に
英語担当として
異動してきた

NO.6 まつなが 03/31(月) 18:02 IP:210.237.198.21 削除依頼

最初は
声とか
見た目とか
全部大きくて
変な人
としか
思ってなかった

NO.7 まつなが 03/31(月) 18:03 IP:210.237.198.21 削除依頼

まさか
こんなに
好きになるなんて
まったく思ってなかった

NO.8 まつなが 03/31(月) 18:04 IP:210.237.198.21 削除依頼

あたしが
あの人を好きになったきっかけ

それは
その年の夏

NO.9 まつなが 03/31(月) 18:04 IP:210.237.198.21 削除依頼

忘れもしない
    
授業中に
あいつが
英単語の意味を
言ったときのこと

NO.10 まつなが 03/31(月) 18:05 IP:210.237.198.21 削除依頼

[everything]
という単語の意味
[すべて]
を教えてくれたとき

あいつは
MISIAの[everything]    
を歌いだした

NO.11 まつなが 03/31(月) 18:06 IP:210.237.198.21 削除依頼
    
    


[あなたは私のすべて]



     

NO.12 まつなが 03/31(月) 18:07 IP:210.237.198.21 削除依頼

サビの1フレーズだけ歌った後
あたしの目を
まっすぐ見て
あいつは
そう言った

NO.13 まつなが 04/02(水) 13:53 IP:210.237.198.21 削除依頼

不覚にも
少し
心が揺れた

NO.14 まつなが 04/02(水) 13:55 IP:210.237.198.21 削除依頼

偶然かもしれない
というか
きっと偶然だけど

経験のないあたしは
男の人に
目を見て
[あなたはわたしのすべて]
と言われたことで
ドキドキして

それからの1週間は
びっくりするくらい
あいつのことしか
考えられなかった

NO.15 まつなが 04/02(水) 13:55 IP:210.237.198.21 削除依頼

そして
次の週の授業では
[together]
という単語が出てきた

NO.16 まつなが 04/02(水) 13:56 IP:210.237.198.21 削除依頼

その時
あいつは
また
あたしの目を見て
言った

詳しくは
覚えてないけど
何で言ったのかも
覚えてないけど

確かに言った

NO.17 まつなが 04/02(水) 13:57 IP:210.237.198.21 削除依頼

たくさんの生徒がいる中で    
あたしだけの目を見て

NO.18 まつなが 04/02(水) 13:57 IP:210.237.198.21 削除依頼

[一緒にいたい]


NO.19 まつなが 04/02(水) 13:59 IP:210.237.198.21 削除依頼

そんなことを
2週連続で言われて
あたしは
おかしかった

正直
来週も何かあるのかな
と思っていたけど
流石に
3週連続はなかった

素直に
寂しいと
思った

NO.20 まつなが 04/02(水) 13:59 IP:210.237.198.21 削除依頼

だけど
そこからあたしは
確実に
あいつを意識するようになった

NO.21 まつなが 04/02(水) 14:00 IP:210.237.198.21 削除依頼

そして
あたしは決めた

あいつにアドレスを渡そうと

NO.22 まつなが 04/02(水) 14:00 IP:210.237.198.21 削除依頼

だけど
なかなか
勇気が出なくて
渡せなかった

NO.23 まつなが 04/02(水) 14:01 IP:210.237.198.21 削除依頼

ほんとは
チャンスなんて
いくらでもあった

なのに
    
怖くて
自分に自信がなくて
何もできなかった

NO.24 まつなが 04/02(水) 14:03 IP:210.237.198.21 削除依頼

結局
上着のポケットに入っている
あたしのアドレスを書いた紙は
いつまでも
そこから脱出することはないままで

軽く脱出できたとしても
あたしの少し汗ばんだ手の中だけで

あいつのもとに行くことはなかった

NO.25 まつなが 04/02(水) 14:04 IP:210.237.198.21 削除依頼

そんな調子で
毎週
あいつに会えるのが
当たり前のように
1週間を過ごしていたら
あっという間に
本当にあっという間に
3月になった

3月は
塾の先生の
異動の時


NO.26 まつなが 04/02(水) 14:04 IP:210.237.198.21 削除依頼

案の定
あいつは
あたしの校舎から
いなくなった

NO.27 まつなが 04/02(水) 14:05 IP:210.237.198.21 削除依頼

最後に
あたしの校舎の英語担当の先生として
あいつの授業を受けた日付まで
ちゃんと覚えているのに

こんなに好きなのに    

あいつとは
簡単には
会えなくなってしまった

NO.28 まつなが 04/02(水) 14:06 IP:210.237.198.21 削除依頼

泣いた

ひたすら泣いた

NO.29 まつなが 04/02(水) 14:07 IP:210.237.198.21 削除依頼

哀しかったっていうのも
勿論あるけど
何もできなかった自分が
悔しくて
もどかしくて

NO.30 まつなが 04/02(水) 14:08 IP:210.237.198.21 削除依頼

[喪失]
という言葉が
いちばんよく馴染む
そんな心理状態が
続いた
 
どのくらいかは
わからないくらい
続いた
    

NO.31 まつなが 04/02(水) 14:09 IP:210.237.198.21 削除依頼

こんなことは
初めてだった

好きな人のことを想って
泣いたことなんて

そのくらい好きで
本当に本当に好きで
[恋]とか
そんな次元じゃないのに

なのに
なんで…

NO.32 まつなが 04/02(水) 14:10 IP:210.237.198.21 削除依頼

3年になって
初めての英語の授業は
ずっとあいつのことを考えていた

あいつのことしか考えられなかった 


女の先生の授業だった 
あいつのほうが
比べ物にならないくらい
わかりやすくて面白い授業なのに
なんで

そんなことばかり考えていた

NO.33 まつなが 04/02(水) 14:11 IP:210.237.198.21 削除依頼

でも
忘れられるって
思ってた

会えない人を
好きでいられるはずがない
    
あの時はまだ
そう思ってた

そんなはずないのに
   

NO.34 まつなが 04/02(水) 14:15 IP:210.237.198.21 削除依頼

それからは
会えない日が続いた

当たり前なのに
哀しくて

あいつの存在を
忘れられなくて

NO.35 まつなが 04/02(水) 14:16 IP:210.237.198.21 削除依頼

しかし
そんなあたしに
チャンスがやってきた

塾の夏期講座のオリエンテーション

あたしの校舎の日程は
学校の修学旅行と被ってしまって
行けなかった

なので
あたしの学校の人は
隣の校舎の説明会に
参加することになった

NO.36 まつなが 04/02(水) 14:18 IP:210.237.198.21 削除依頼

あたしは期待した

もしかしたら
あいつがいるかもしれないと

でも
可能性も低かったし
淡い淡い期待だった

だけど
[きっといる]と
信じていたから
塾に向かう車内では
ずっと緊張していた

NO.37 まつなが 04/02(水) 14:19 IP:210.237.198.21 削除依頼

そして
校舎の前に来た時
人影が見えた

スーツ姿で
背が高くて
少し丸くて

胸が震えた

NO.38 まつなが 04/02(水) 14:21 IP:210.237.198.21 削除依頼

それは確かに
あいつだったから


あの時の動揺は
なかなかないもので

あいつじゃないと
引き起こせないもので

NO.39 まつなが 04/02(水) 14:22 IP:210.237.198.21 削除依頼

嬉しかった
久しぶりにあいつが
あたしの視界にいることが

あたしは
ずっとあいつを見ていた
見えなくなるまで見ていた

NO.40 まつなが 04/02(水) 14:24 IP:210.237.198.21 削除依頼

校舎に近づいていくと

[おー松永 おはよう]

その時は夜
夜なのに[おはよう]は
あいつの軽い口癖だった

久しぶりに聞けて
嬉しさも緊張も半端じゃなかった

NO.41 まつなが 04/02(水) 14:26 IP:210.237.198.21 削除依頼

あたしは緊張していて
何故か
[こんにちは]と答えてしまった

[おはようございますw]って
言ったほうがよかったかなと
後悔したけど
   
それと同時に
思い出した
   

NO.42 まつなが 04/02(水) 14:27 IP:210.237.198.21 削除依頼

この会話は
あの時の

あいつが
あたしの校舎からいなくなる前に
最後に交わした挨拶と
まったく同じだった

NO.43 まつなが 04/02(水) 14:28 IP:210.237.198.21 削除依頼

切なくなった
   
あいつと離れたこと
そして
あたしがそんな普通の会話も
一言一言覚えているほど
あいつのことを好きだということが
わかったから

NO.44 まつなが 04/02(水) 14:30 IP:210.237.198.21 削除依頼

なんで
こんなに好きなのに
報われないんだろう

あの時
あいつがまだあたしの校舎にいた時
アドレスを渡せていたなら
何か変わっていたのかな

そんなことを考えたら
切なくなって
同じ学校の友達が横にいるのに
涙が出そうになった

NO.45 まつなが 04/02(水) 14:32 IP:210.237.198.21 削除依頼

あいつは
説明会そのものには出なかった
ずっと事務室にいたみたいだった

此処を抜け出して
事務室に会いに行きたいと思った

ありえないくらい
何度も思った

NO.46 まつなが 04/02(水) 14:34 IP:210.237.198.21 削除依頼

こんなに近くにいても
凄く切ないのに
離れていて辛いのは
当然だって
実感した

こんなに近くにいても
会いたいのに
顔が見たいのに

NO.47 ぴーよ 04/02(水) 14:35 IP:118.4.180.71 削除依頼
おもろぃ(´ωp★q)↑↑

NO.48 まつなが 04/02(水) 14:35 IP:210.237.198.21 削除依頼

帰り際
あたしは教室の中で
同じ学校の友達と話していた
    
少しでも遅く此処を出れば
周りに人がいないから
あいつが話しかけてくれるかもしれないと
思ったから 

でも
そんなにうまくはいかなかった

あたしを迎えに来た親が
車を停めた位置を教えるために
塾の前まで来ていたし
あいつは
駐車場とは反対側にある
自転車置き場の方で
他のこと話していたから

NO.49 まつなが 04/02(水) 14:38 IP:210.237.198.21 削除依頼
ぴーよさん
ありがとうございます!!
コメント凄く嬉しいです!!

自分のめもの写し+加筆修正なんで
更新一気に行くんで
よかったらこれからも見てやってください^Д^

NO.50 まつなが 04/02(水) 14:39 IP:210.237.198.21 削除依頼
 
何度も何度も
あいつを見た

もう会えないかもしれないと思ったら
目に焼き付けておきたかったから


6月20日の出来事だった

日付まで憶えているなんて
哀しいけど
嬉しい

NO.51 まつなが 04/02(水) 14:40 IP:210.237.198.21 削除依頼

次にあいつに会ったのは
それから約2ヶ月後の
塾の合宿

NO.52 まつなが 04/02(水) 14:42 IP:210.237.198.21 削除依頼

集合時刻は
ありえないくらい
朝早い時間だったけど
あいつがいることを期待して
ドキドキしながら
集合場所に向かった

大きな駅前の
少し広くなっているところが
あたしたちの集合場所だった

NO.53 まつなが 04/02(水) 14:43 IP:210.237.198.21 削除依頼

到着して
辺りを見渡してみて
最初に目に入ってきたのは
大きな旗を持った
あいつと一緒にあたしの校舎からいなくなった
国語の先生だった  

その時は
[あ!! 懐かしい先生発見!!]と
一緒にいた友達と盛り上がっていたけど

あたしが盛り上がっていた
本当の理由は

あの先生を見つけたことで
特に根拠はなかったけど
あいつがいることを確信したから

そして

NO.54 ぴーよ 04/02(水) 14:44 IP:118.4.180.71 削除依頼
見ます見まっす(´ω゜)♪
更新頑張って下さぃね(*^_^*)!!111

NO.55 まつなが 04/02(水) 14:45 IP:210.237.198.21 削除依頼

一般の人の迷惑にならないように
端の方で生徒たちを仕切っていた先生たちの中に
見覚えのある顔を
見つけた 

間違いない

あいつだ

NO.56 まつなが 04/02(水) 14:47 IP:210.237.198.21 削除依頼
ぴーよさん
ありがとうございます!
見てくれてる方がいると思うと
やる気になります^Д^
更新頑張ります!!

NO.57 みな 04/02(水) 14:47 IP:218.179.182.50 削除依頼
ぁたしもずっと見てましたよ☆
更新早くてぁりがたいです♪
続きめっちゃ気になりマス!!

NO.58 まつなが 04/02(水) 14:50 IP:210.237.198.21 削除依頼

胸が締め付けられたようで
言葉が出なかった

あたしは
最初の話が始まるまで
ずっと
あいつを見ていた

あたしとは反対のほうにいたけど
あたしよりも後ろにいたけど
人が多くなってくると見えなくなってきたけど   
でも
あいつだけを見ていた

NO.59 まつなが 04/02(水) 14:52 IP:210.237.198.21 削除依頼
みなさん
ありがとうございます!!
本当に嬉しいです*
こんな雑な文章ですが
よろしくお願いします(^ω^)
更新だけは早いんで 笑

NO.60 まつなが 04/03(木) 22:08 IP:210.136.161.141 削除依頼

そして
一通り話が終わり
バス乗り場に向かっていた時
あいつが
この列の最後尾にいるのがわかった

あたしも比較的後ろの方にいたけど
あいつのことがどうしても気になったから
何度も後ろを振り向いて
あいつを視界に入れようとした

ただ見ていたかったから

NO.61 まつなが@携帯 04/03(木) 22:25 IP:210.153.84.35 削除依頼

そんなことばかりしていたら
あいつが急に後ろから走ってきた
急いでバス乗り場に向かっているようだった

初めて走っているところを見たけど
少し走り方が変だった

近くにいた同じ校舎のこは
[まっすー走り方うけるw]と笑っていたけど
あたしは
可愛らしいと思った

こういうことが
人を好きになるということなんだと
なんとなく思った

あの時のあいつの後ろ姿を
あたしは今でも忘れない

NO.62 みぃ 04/05(土) 07:35 IP:210.136.161.43 削除依頼
一気に見ました♪
あげます!

NO.63 まつなが 04/06(日) 20:17 IP:210.237.198.21 削除依頼
みぃさん
ありがとうございます(^ω^)
今から一気に更新します(^ω^)
これからまだまだ長くなると思いますが
よろしくお願いします!!

NO.64 まつなが 04/06(日) 20:37 IP:210.237.198.21 削除依頼


そして
バス乗り場に着いた

あいつはあたしたちの1こ後の号車の担当だったから
あたしがバスに乗ろうとしたら
あいつが生徒の荷物をバスの下に入れているのが見えた

向こうに行きたいと思った
あたしの荷物も入れてほしいと思った

今思ったら
少し気持ち悪いけど

確かに思った


NO.65 まつなが 04/06(日) 20:39 IP:210.237.198.21 削除依頼


そしてあたしたちは
バスに乗った

ここまでくる列の後ろの方にいたあたしたちは
席を選べる訳ではないので
空いていた後ろの方の席に座った

座ったのは左側の席だったので
歩道が見えた
あいつがさっきまでいた道が

きっと今もいるだろう


NO.66 まつなが 04/06(日) 20:41 IP:210.237.198.21 削除依頼


だけど
あたしは通路側に座っていたので
外にいるはずのあいつを
見ることができなかった

隣の友達と話して
気を紛らわせようと思ったけど
落ち着かなくて
友達の奥に見える道ばかり見ていた
あいつがさっきまでいた道を

もしかしたら
あいつがここを横切るかもしれないと思って

しかし
結局あいつを見ることはできかった


NO.67 まつなが 04/06(日) 20:42 IP:210.237.198.21 削除依頼


後から知ったけど
あたしたちの校舎は人数が多いから
数人のこが
あいつが担当していたバスに乗っていたようで

そのこたちが羨ましくてしょうがなかった


NO.68 まつなが 04/06(日) 20:43 IP:210.237.198.21 削除依頼

そして
合宿する場所に到着した
広い高原の中の小さなホテルだった

そこでは勿論
勉強ばかりの日々が続くから辛いけど
でも
そんなことより
あいつと同じ場所で3日間過ごせることが
嬉しくて嬉しくて仕方なかった


NO.69 まつなが 04/06(日) 20:44 IP:210.237.198.21 削除依頼


だけど
初日はあいつの授業はなかった

少し残念だったけど
まだあと2日あると思ったら
元気になった


NO.70 まつなが 04/06(日) 20:45 IP:210.237.198.21 削除依頼


そして
その日の夜の夕食の時
あたしたちは食堂に向かった

食堂の前には本部があった
そこには
朝見たあいつがいた

朝と同じあいつがいた


NO.71 まつなが 04/06(日) 20:46 IP:210.237.198.21 削除依頼


他の先生と
何か話していたあいつを
あたしは食堂へと続く列に並びながら
ただ見ていた

前に並んでいた
変な男に軽く絡まれたけど
適当にあしらって
あいつを見続けていた


NO.72 まつなが 04/06(日) 20:47 IP:210.237.198.21 削除依頼


あたしたちが夕食を食べ終えても
あいつは同じ場所にいた

あたしは
あいつがいたら
ガン見するのが癖になってしまったようで

また
見ていた


NO.73 まつなが 04/06(日) 20:48 IP:210.237.198.21 削除依頼


こんな癖
初めてだと思う
ガン見なんて

でも
いつ見れなくなるかわかんないから
今が見納めになるかもしれないから
だから
許してください
見させてください


NO.74 まつなが 04/06(日) 20:49 IP:210.237.198.21 削除依頼

いつの間にかお風呂に入る時間になり
あたしたちは移動した

あたしはその日
運悪く女の日にあたったので
ユニットバス付きの部屋のお風呂に入ることになった

あたしたちのお風呂は
男の部屋がある階だった
[行きづらいな]と思ったけど
仕方なく行った


NO.75 まつなが 04/06(日) 20:51 IP:210.237.198.21 削除依頼


そして
あたしがお風呂から出て
自分の部屋に戻るために廊下を歩いていたら
廊下にある少しだけ大きな階段の上のロビーに
背の高い男がいるのが見えた

あたしは基本的に男が嫌いなので
少し嫌だと思ったけど
目的の階段と同じ方向だったので
嫌々歩いて行ったら
そこにいたのは
紛れもないあいつだった

あいつが男の生徒と
2人で話していたのだ


NO.76 まつなが 04/06(日) 20:52 IP:210.237.198.21 削除依頼


[おー松永]
あいつがあたしに声をかけた
あたしは何も言わず
いや
何も言えず
ただあいつの方を見て会釈をした

その時相当動揺していたこともあって    
あたしは自分のスリッパにつまづいてしまった

[大丈夫か?]
半笑いの状態であいつは言った
あたしは照れ笑いをすることしかできなかった
そしてそのままその場を去った


NO.77 まつなが 04/06(日) 20:53 IP:210.237.198.21 削除依頼


嬉しかった
素直に嬉しかった

久しぶりにあいつと話せたことが


NO.78 まつなが 04/06(日) 21:01 IP:210.237.198.21 削除依頼


合宿2日目
この日もあいつの授業に当たることはなかった

でも
部屋の前の廊下から
[授業始めるぞー]というあいつの声が聞こえる度に
嬉しくなっていた

それだけで十分満足していた
満足できた


NO.79 まつなが 04/06(日) 21:03 IP:210.237.198.21 削除依頼


そしてその日の夜
放送が入った
次の日のことに関する放送だったということしか
覚えてないけど

その放送で
声の主は
思いっきり噛んだ

こんなに勢いよく噛んだ人を
あたしは他に知らないくらいに
凄まじい噛みっぽりで
周りにいたこはみんな
[ええーっ!!!!!]とつっこみながら大爆笑していた


NO.80 まつなが 04/06(日) 21:03 IP:210.237.198.21 削除依頼


そしてその後
誰かが言った

[増本先生可愛いw] 




NO.81 まつなが 04/06(日) 21:05 IP:210.237.198.21 削除依頼
その言葉であたしは
やっと気付いた
この声はあいつから発せられたものだと

正直あたしには
あいつの声には聞こえなかったけど
あたしが放送を適当に聞いていたので
細かいことを覚えてなかったってこともあるから
なんともいえない

でも
もう少しちゃんと聞いておけばよかったなと
後悔している


NO.82 まつなが 04/06(日) 21:07 IP:210.237.198.21 削除依頼


その後
あたしは
落ちつかなかった

悲しいからなのか
嬉しいからなのか
理由はわかんないけど


NO.83 まつなが 04/06(日) 21:09 IP:210.237.198.21 削除依頼


そして
最後の日になった
この日の授業は朝だけだった

最後の最後まで
合宿であいつの授業を受けられないのかなと
諦めかけていたけど

最後の授業の1つ前
あいつがあたしの部屋に入ってきた

嬉しすぎて
一瞬
時が止まったようだった

バカみたいだけど
あいつがこの部屋の中にいることが
あいつがホワイトボードの前を歩いていることが
信じられなくて


NO.84 まつなが 04/14(月) 20:55 IP:210.237.198.21 削除依頼
更新とまってました;
読んでくれてる方なんて
いないと思いますが
地味に書いていきます

今でも大好きなんで

NO.85 まつなが 04/14(月) 20:56 IP:210.237.198.21 削除依頼


      *


そして
授業が始まってすぐ
あいつは
座席表を見ながら
呟いた

「なんかここ
 俺の知ってる奴ばっかだな」



NO.86 まつなが 04/14(月) 20:59 IP:210.237.198.21 削除依頼


この部屋のこは
担当したことのある校舎のこばかりで
凄くびっくりしたと
あいつは言った

そしてその後
あいつは
あたしの知らない男2人をいじり始めた
授業の中でその人たちの名前を使ったのだ


NO.87 まつなが 04/14(月) 21:01 IP:210.237.198.21 削除依頼


わかっていたはずなのに
哀しかった

あいつは今まで
沢山の校舎に行っていて
あたしがいる校舎なんて
その沢山の中の1つでしかなくて

あいつにとっては
去年受け持った校舎ってだけで
所詮その程度で

凄く 
凄く

哀しかった


NO.88 まつなが 04/14(月) 21:04 IP:210.237.198.21 削除依頼


勿論
そんなこと
あたしは
頭では理解していたつもりだったのに
心では
全然理解していなくて

あたしがこんな気持ちになっても
あいつにとってあたしは

あいつにとって
あたしは…


NO.89 まつなが 04/14(月) 21:06 IP:210.237.198.21 削除依頼


いざ現実を突きつけられると
あたしは
何もできなかった

切なくて
苦しくて

どうしようもない
自分の無力さを
嘆くことしかできなかった


NO.90 まつなが 04/14(月) 21:18 IP:210.237.198.21 削除依頼

そんな歯痒い気持ちを残したまま
合宿は
終わりの式を迎えた

その時あたしは
確かに見た
遠かったけど
確かに見えた

知らない女のこ2人組が
あいつに
塾でもらって
合宿中に使っていたハチマキに
メッセージを書いてほしいと
頼んでいたのだ


NO.91 まつなが 04/14(月) 21:22 IP:210.237.198.21 削除依頼
あたしはそれを見て
いてもたってもいられなくなり
前にいた塾の友達の
ぐっちゃんこと田口さんに
[ねーあれ見て! 
増本先生にハチマキに書いてもらってるよー!!
羨ましいねー]
とさりげなく言った

うまくいけば
このこと一緒に
あいつにハチマキを渡せると思ったから

すると案の定
ぐっちゃんは
[うわ!! 凄い!!
あたしたちも欲しいね!!]
と言ってくれた

嬉しかった
ほんとに


NO.93 まつなが 04/14(月) 21:32 IP:210.237.198.21 削除依頼


そして
式も終わり
バスに乗り
最初の集合場所に向かい
いつの間にか
何時間か経ち
少し前に見たのよりも暗かったけど
確かに同じ光景が
あたしの前に広がっていた

気付いたら
あたしの乗っていたバスは停まっていた
あの時とほぼ同じ場所に


NO.95 まつなが 04/14(月) 21:41 IP:210.237.198.21 削除依頼


暗かったし
よく見なきゃわかんないくらいの距離だったけど
あれは間違いなくあいつだ

そう確信したあたしは
隣の席のぐっちゃんに
少し緊張しながら声をかけた

[増本先生あそこにいるよ
今しかないし 降りたら先生のとこ行かない?]

ぐっちゃんはいつもの笑顔で
[うん! 行こう!!
メッセージ欲しいしw]
と言ってくれた

あの笑顔に
あたしは助けられた
すごくすごく
救われた

勇気をくれて
ありがとう


NO.96 まつなが 04/14(月) 21:42 IP:210.237.198.21 削除依頼


暗かったし
よく見なきゃわかんないくらいの距離だったけど

あれは間違いなくあいつだ
そう確信したあたしは
隣の席のぐっちゃんに
少し緊張しながら声をかけた

[増本先生あそこにいるよ
今しかないし 降りたら先生のとこ行かない?]

ぐっちゃんはいつもの笑顔で
[うん! 行こう!!
メッセージ欲しいしw]
と言ってくれた

あの笑顔に
あたしは助けられた
すごくすごく
救われた

勇気をくれて
ありがとう

あなたのお陰で
あたしは少しだけ
進歩することができました


NO.97 まつなが 04/14(月) 21:45 IP:210.237.198.21 削除依頼


そして
バスを降りたとき
もう1人の塾の友達
伊藤ちゃんがいたので
話していた

緊張を誤魔化したかったっていうのも
正直あった

そこで
あたしは伊藤ちゃんに話をした

今からあいつの所へ行って
サインを書いてもらおうと思っていることを

すると伊藤ちゃんは
サインはいらないけど
あたしも行く
と言ってくれた

その言葉に
少し笑った


NO.98 まつなが 04/14(月) 21:49 IP:210.237.198.21 削除依頼


そしてあたしたち3人は
あいつのもとへ向かった
ここから見えるくらいの距離だったけど
あたしは無駄に緊張していた

あいつは
バス停の近くのコンビニの前で
みんなを見送っていた

それを見ていたら
あたしは
油性ペンを持っていないことに気付いた

ぐっちゃんも持っていないと言っていたけど
伊藤ちゃんが持っていると言ったので
あたしたちは伊藤ちゃんにペンを借り
そのペンを持って
あいつに近づいていった


NO.99 みく 04/19(土) 16:27 IP:118.16.26.14 削除依頼
ネク希望ですっ!!!
気になリます(∀)!

NO.100 まつなが 04/19(土) 21:52 IP:210.237.198.21 削除依頼
みくさん
ネクありがとうございます!!
まだまだ長いですが
これからもよろしくお願いします^Д^笑

NO.101 まつなが 04/19(土) 21:56 IP:210.237.198.21 削除依頼


        *


そして
あたしたちは
あいつの近くに行った

どうすればいいのかわからなくて
あいつの後ろにいた

あたしは
何故か
声が出なくて

声を出したいのに
あいつと話がしたいのに
咽から上に
声を出せなくて

こんなことって
本当にあるんだなって
思った

他の2人も
ただそこにいただけで

だけど
声を発さなかったのは
あたしとは違う理由ということは
確かにわかっていた


NO.102 まつなが 04/19(土) 22:02 IP:210.237.198.21 削除依頼


あいつがこんなに近くにいるってことに
慣れていないあたしは
声の出し方も
忘れてしまっていたのか

その時は
本当に
すべてがぶっ飛んでいて

胸の鼓動が
あまりにも大きい所為で
うるさいはずの
周りの雑音や喋り声が
聞こえなかった

自分でも意味がわからなかった

そして
15秒くらい沈黙が続いた後
ようやく
誰だか判別できる声が聞こえた
ぐっちゃんだった

[ちょw 行こうよw]
[あーうんそうだねw]

思い出したかのように
あたしは答えた

こんなに近いのに
遠くに感じていて

だけど

行きたくて
話したくて

やっぱり
その気持ちを抑えられないから
あたしは
一歩踏み出した

あいつの方へと


NO.103 まつなが 04/19(土) 22:13 IP:210.237.198.21 削除依頼


そして
ようやく
あいつの視界に難なく入るくらいの距離に来たけど
他の2人が
あいつに声をかけられなさそうだと察したので
あたしが話しかけた

[先生これ書いてくださいw]
そう言ってあたしは
青いハチマキを渡した

短い言葉を言うだけなのに
あたしをこんなにも緊張させるのは
この人だけだと
確信した

[3人分か?]
[いや2人分ですw]

あたしがそう言った後
ぐっちゃんがハチマキを渡した

[じゃあ書くもの貸せよw]
あいつがそう言った後
伊藤ちゃんが油性ペンを出すと
[お前ら最低だなw
何で伊藤に出させるんだよw]
[えーw
持ってないからしょうがないじゃないですかーw]

あたしは少しテンション高めで
そう答えた

何でかわかんないけど
あいつの前では
あたしはいつも笑っているような気がする
無駄に笑っているような気がする
何でだろう


NO.104 りた 04/19(土) 22:23 IP:219.121.156.124 削除依頼
読んでます☆
読みやすいし、先が気になります!!

NO.105 まつなが 04/19(土) 22:24 IP:210.237.198.21 削除依頼


そしてあいつは
すぐ横にあったコンビニの
エロ本のコーナーのところのガラスを
下敷きのようにして
ハチマキに書いてくれた

[松永]
そう言って
あいつはあたしにハチマキを渡してくれた
あたしはありがとうございますとお礼を言った後
すぐにハチマキを見た

[かゆって何ー?]
あたしはちょっと大きめの独り言を言った

そこに書いてあったことは

加油! 増本!

この6文字だった
あたしはこの言葉の意味が解らず
ただ笑っていた
すると
ぐっちゃんのハチマキを書き終わったあいつが
答えてくれた

[中国語で頑張れって意味だよ]
[へーすごーいw
でも何で英語の先生なのに中国語なんですかー?w]

あたしはそう質問した
少しでも長く
あいつと話していたかったから
あいつの近くにいたかったから

[そこは気にすんなw]
あいつは笑ってくれた
嬉しかった
幸せになれたような気がした
この笑顔で
3ヶ月くらいなら
会えなくても大丈夫だと思った

そしてそのまま
あたしたちは家路についた
駅の構内に入るまで
あたしはあいつの方をチラ見ばかりしていた

当然だけど
あたしたちの方は
もう見ていなくて
他のこと話していて

やっぱり好きだと
この人しか嫌だと
忘れるなんて無理だと
心から思った


NO.106 まつなが 04/19(土) 22:26 IP:210.237.198.21 削除依頼
りたさん

ありがとうございます!
読みやすいって言ってもらえて
凄く嬉しいです!
これからも頑張りますね!!

NO.107 まつなが 04/19(土) 22:34 IP:210.237.198.21 削除依頼


もちろん
こっちを見てほしいと思ったけど
無理だってわかっていたので
逆に哀しくなるだけだと悟った

この3日間は
本当に幸せだったと
自転車と自転車の間の狭い道を通りながら
つくづく思った

正直
あいつと同じ建物の中で寝てるなんて考えたら
幸せすぎて怖かったし
勉強する合宿なのに
集中して勉強できなかった

だけど
来てよかったと思った
あいつがさっきまで触れていたハチマキを
握り締めながら


NO.108 まつなが 04/20(日) 20:31 IP:210.237.198.21 削除依頼


次に会えたのは
10月7日

忘れもしない
この日は

あたしが
少し成長できた日であり
相当傷ついた日になった


NO.109 まつなが 04/20(日) 20:48 IP:210.237.198.21 削除依頼


その日は土日講座で
英語の授業がある日だった

あたしはもちろん
あいつに来てほしいと期待していたけど
その前の英語の授業は違う先生だったし
あたしの校舎が含まれている本部は
比較的大きな本部なので
沢山の先生がいるし
やっぱり厳しいかな
と思いながら
塾の方へと歩いていたら
あいつの声が聞こえた

あいつがみんなに
[おはよう]と挨拶する声が聞こえた

あたしはその瞬間
下唇を軽く噛んだ
あたしがその行為をする時は
嬉しいけど顔に出せない時

今はまさにそんな状況で
どうしたらいいのかわからなかった

だけど
嬉しいことには
変わりなかった


NO.110 まつなが 04/20(日) 21:04 IP:210.237.198.21 削除依頼
そしてあたしは
緊張しながら
校舎に近付いていった

あいつは
他のこには普通に[おはよう]と言うだけなのに
あたしに挨拶する時は
いつも名前を呼んでくれていた

この日もそうだった
だけどあたしは恥ずかしくて
あいつを横目で見ながら
会釈をすることしか出来なかった

そんなこと
偶然だと思うし
あいつにとっては
自然なことなんだろうけど
だけど
たとえ偶然でも
あたしは確かに嬉しかったし
正直少しだけ期待していた
あわよくばなんて思ってた

でも
そんな訳なかった


NO.111 まつなが 04/20(日) 21:11 IP:210.237.198.21 削除依頼


その日は
午後にも塾があった
何故なら
基本毎日行われている
プリント学習みたいなものがあり
それを日曜にとっている人は
午前中の講座が終わった後
昼食をとり
また塾に行かなければならなかった
あたしは日曜にそのプリント学習をやっている1人だ

日曜にする人なんて少なかったけど
あたしは日曜を選んだ

理由なんて
ただひとつ

昼食の1時間の間に
あいつに質問しに行けると思ったから


NO.112 まつなが 04/20(日) 21:52 IP:210.237.198.21 削除依頼


たとえ来た先生があいつじゃなくても
その時間はあまり人がいないので
わからないところを気軽に質問しに行ける

人目を気にしすぎるあたしにとって
それは凄く嬉しいことだった

しかし今日は違う
あいつがいる

質問をしに行くのだから
うまくいけば
あいつと2人きりになれるかもしれないと
期待していた

だからあたしは
少しでも話が長く続くようにと
話のネタになりそうなものを買おうと思った

そこであたしが選んだものは
大きな袋に入ったパイの実だった
お菓子は無難だし
見た目のインパクトもあるから
喜んでくれるかもしれないと思い
それを持ってレジへ向かった


NO.113 まつなが 04/20(日) 21:53 IP:210.237.198.21 削除依頼


レジから戻ったあたしは
あいつにあげようと購入した
大きすぎるくらいのパイの実を
少しだけ食べながら
あいつにもらった復習用のプリントを
急いで一通りやり
わからない箇所に印をつけた
あいつに教えてもらいたいが為に

そして
気付いたら
12時30分になっていた

あたしは席を立ち
塾へと向かった

あいつのもとへ向かった


NO.114 まつなが 04/20(日) 21:53 IP:210.237.198.21 削除依頼


スーパーを出て少しだけ歩き
校舎の中に入ったら
目の前にある事務室の中に
あいつの姿が見えた

あいつは呑気にお茶を飲んでいた
おーいお茶のペットボトルを口に咥えていたのを
確かに覚えている

あいつもあたしに気付いたようで
あたしに向かって言葉を発した
ガラス越しだったけど
口の動きで何て言っているかわかった

[プリ学か?]
多分そう言っていたのだと思う
プリ学とはプリント学習のことだ

あたしは頷いた
緊張をごまかすために
少し大きめに

そして事務室のドアの前に立ち
あいつを見た

ドアを開けて呼ぼうとしたけど
何故か出来なかった

すると
あたしの視線に気付いた
事務室にいたもう1人の先生が
あいつを呼んでくれた

そして
あたしのもとに
あいつが来た


NO.115 まつなが 04/20(日) 22:40 IP:210.237.198.21 削除依頼


[先生 
質問いいですか?]
[いいよ
わかんないとこどこだ?]
[これなんですけど…]

そう言ってあたしは
午前中にもらったプリントを出した

[おーこれかー
お前これをあの店でやったのか?笑]
[はいw笑]
[わかんねーのは丸がうってあるやつだよな?]
[そうです]

そんなありきたりな会話が続いた
そしてその問題を教えてもらった後
あたしは話を終わらせたくなくて
口を開いた

[あ 先生
前から疑問だったんですけど
dieとdeadって何が違うんですか?]

これは本当に疑問だったことだ
だけど
どうせ解決するなら
あいつに教えてもらうのが
一番いいと思って
ずっととっておいたことだった

[あーはいはい
ちょっと待てよー]

そう言ってあいつは
近くにあった少し厚い紙を取り
それをペンギンのような形に折った

[はい
特製増本君w]

あたしは笑った
あいつが凄く可愛く思えたから

するとあいつは
いきなりそれにデコピンをした

[この瞬間がdieで
この倒れた状態がdead
わかるか?]
[へー!! そうなんですか!!]
[わかったならいいけどw]
[わかりました!
ありがとうございましたw]

凄くわかりやすくて
びっくりした
やっぱりこの人が一番だと思った
先生としても
男としても


NO.116 綾y [URL] 04/22(火) 06:42 IP:218.226.125.5 削除依頼
私は卒業して
高校の先生と
付き合ってます。

気になって一気に
見ました★

良ければブログ
遊びに来てください^^*

このタイトルには現在0件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
●タイトル自体を削除する場合はこちら
パスワード  
●お返事を削除する場合はこちら
NO パスワード
会社概要プライバシーポリシー広告掲載・媒体資料のお問い合わせお問い合わせ(ユーザーサポート)旧掲示板スレッド一覧
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ