ふみコミュ!
  • サイト内
    Web
  • 検索
フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
♯ と ら い あ ん ぐ るタイトルNO.11738
    あゆ 05/18(日) 14:33 IP:122.21.177.59 削除依頼

------------------------------------------

://歩果
(よく笑う/消極的/恋愛経験0/帰宅部)

://野川
(クール×面白い融合/背高い/優しい/バスケ部)

://菜美
(お洒落さん/積極的/優しい/帰宅部)


-----------------------------------------

://高島
(明るい/天然/マイペース/野球部)

://伊織
(面白い/恋愛経験豊富/歩果の良き相談相手)

://島田
(社交的/高島の友達/野球部)




NO.1 あゆ 05/18(日) 14:35 IP:122.21.177.59 削除依頼



今から数年前の


15歳、


私は恋をしてました、




NO.2 あゆ 05/18(日) 14:38 IP:122.21.177.59 削除依頼


私のしつこい性格からなのか

昔から誰かを好きになると

何年もずっと私は

その人を追い続ける、

15歳だったあの頃も

たった1人の人に

振り向いて欲しくて

いつも必死だった。



大好きだった人の名前は

高島くん、



NO.3 あゆ 05/18(日) 14:41 IP:122.21.177.59 削除依頼



高島くんと出逢ったのは

高校1年生の春だった。



出逢った瞬間に

恋に落ちたというか

一目見た瞬間に

「この人だ」と

思った人だった。


だけど、

高島くんとは

クラスも違うし

消極的な私は

いつも見てることしか

出来ずにいた。



NO.4 あゆ 05/18(日) 14:45 IP:122.21.177.59 削除依頼



帰宅部だった私は

放課後、毎日のように

校舎の窓から

野球部を見ていた。


見てることしか

出来なかった。


伊織「また見てる〜」

1人でぼんやりと

窓を眺めていた私に

友達の伊織が駆け寄る。


歩果「うるさいなあ〜‥別にいいじゃん」

恥ずかしくて照れ隠しにそう答える。


伊織が私の横にきて

一緒に窓を眺めた。


伊織「てか野球部ってユニホームみんな一緒だし
 
全員一緒に見えるね、」

そう言って伊織は笑った。

確かにそうかも、

みんな一緒の人に見える。


彼以外は。




NO.5 あゆ 05/18(日) 14:51 IP:122.21.177.59 削除依頼


彼を好きになって3ヶ月が過ぎた。

相変わらず私はいつも

放課後に野球部を見てるだけだった。


そんな私の密かな片想いが

少しずつ動きだしたのが

夏休みが始まった日だった。


いつものように

伊織と2人で喋っていた。


伊「歩果さ〜アド聞きなよ!」

突然の伊織の提案だった。

歩「何言ってんのさ!無理だよ!」

伊「何で?」

歩「あのねっ向こうはあたしのこと知らないんだよ?

それなのに聞くとか‥絶対に無理!」

本当はアドを聞けたらって

思っていたけど無理だろう、と

本当にそう思っていた。


だけど伊織は攻めてくる。

伊「歩果ずっとこのままだよ?恋愛なんて自分から

動かなきゃ意味ないよ?相手が何かしてくるとか

そんな甘いこと考えてちゃ駄目だよ、」

さすがに恋愛経験豊富の伊織の言うことは

説得力があるような気がした。




NO.6 あゆ 05/18(日) 14:54 IP:122.21.177.59 削除依頼


そのまま伊織の説得力ある言葉に

負けてしまった私は

彼のアドレスを聞く約束をした。


夏休みに突入したし

良い機会だろうとも思った。


同じクラスの野球部に

彼のアドレスを聞いた。

自分から男子のアドを

聞くなんて生まれて初めてで

こんなに緊張するものなんだと

本当にどきどきした。


ましてや、聞く相手が

自分のことを知らない

好きな相手だなんて。


NO.7 あゆ 05/18(日) 14:58 IP:122.21.177.59 削除依頼


高島くんとの初メールのことは

今でもはっきり覚えてる。


思った通りに優しくて

謙虚な感じがメールから伺えた。


だけどやっぱり

高島くんは私のことは

知らないみたいだった。

でも私は

しばらく高島くんとの

初メールの喜びの余韻に浸っていた。


それから伊織に報告して

高島くんとのメールも

その日で終わってしまった。


あっという間の出来事で

自分でも何が何だか

よく分からなかった。


NO.8 あゆ 05/18(日) 15:01 IP:122.21.177.59 削除依頼


高島くんとのメールを

何度も何度も読み返しては

1人で嬉しくなったり

恥ずかしくなったりしてた。


それから夏休みの中盤頃。

伊織と遊んでいる最中に

高島くんにメールを送ることになった。


丁度、高校野球が始まっていて

それを話題にメールを送った。


返事ははやかった。

それから宿題のこととか

夏休み何してたとか

そんなこんなで

1週間くらいメールは続いた。


メールが日課になってた頃

高島くんからメールは

来なくなってしまった。


NO.9 あゆ 05/18(日) 15:04 IP:122.21.177.59 削除依頼


メールをぶちられてしまった

衝動が私には大きくて

あれから伊織に何度も

メール送れ、と言われても

どうしても送れなかった。


うざかったんだ、

毎日メールなんてうざいよね、


そう思って高島くんに

メールを送る勇気はそこで消えた。


その日から1度も

メールは送らなかった。

もちろん、

向こうからくることも

1度もなかった。

NO.10 あゆ 05/18(日) 15:07 IP:122.21.177.59 削除依頼


夏休みが終わってしまった。

後半は宿題に追われてて

高島くんのことは

あまり考えなかった。



新学期、学校に行くのが

本当に嫌で仕方なかった。


高島くんに会うのが怖かった。

きっと、私が好きなこと

ちょっとくらい気付いてるだろうし、

会うのが恥ずかしくて恥ずかしくて

とにかく学校に行きたくなかった。



NO.11 あゆ 05/18(日) 15:10 IP:122.21.177.59 削除依頼


夏休み前までは

高島くんと廊下で会えるだけで

あんなに嬉しかったのに

新学期が始まってからは

とにかく会わないように

高島くんが通りそうなところは

避けて避けて、そうやって過ごした。


そうやって過ごすうちに

会わないでいようとすれば

本当に高島くんとは会わないもので

全く会わなくなった。


メールもしなかったし

夏休み前と同じ状態で

全くの他人に戻った状態だった。


それでも私の気持ちは

募る一方で常に彼のことだけを考えていた。



NO.12 あゆ 05/18(日) 15:15 IP:122.21.177.59 削除依頼


でも時は過ぎていって

冬休みもあっという間に終わった。


周りはバレンタインの話で持ちきりだった。


私には無関係の話だと、思っていた。


伊「歩果!雪ちゃん(友達)好きな人に

バレンタインあげるんだってさ!」

歩「ふ〜ん‥」

伊「歩果もあげなよ!」

歩「無理、絶対に無理」


あんなに無理だと拒否してたのに

なのに気付けば私は、

何をあげようかなんて考え出していた。


伊織が極力、協力してくれた。


NO.13 あゆ 05/18(日) 15:17 IP:122.21.177.59 削除依頼


2/14


朝からそわそわしてた。

やっぱりやめよう、

何度も何度も思ったけど

押しの弱い私は伊織の言葉に

いつも負けてしまう。


中学のとき自分には無関係だった

この行事が今は自分にとって

大きな大きな行事になってる。


これをあげれば

何か変わるかもしれない、

そんな淡い期待を込めて

私は下手なチョコレートを

彼に精一杯の勇気を振り絞って渡した。


その日、彼からメールが来て

前のように何日も何日も

メールは続いた。


NO.14 あゆ 05/18(日) 15:20 IP:122.21.177.59 削除依頼


ホワイトデーは思いのほか

ものすごく早く訪れた。

高島くんは私があげた

下手な物とは大違いの

豪華なお返しをくれた。


なんだか申し訳なくて

でも嬉しくて。


でも、これできっと

完璧に私の気持ちは

彼にバレてしまってるわけだし

もうどうしようもなかった。


このタイトルには現在0件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
●タイトル自体を削除する場合はこちら
パスワード  
●お返事を削除する場合はこちら
NO パスワード
会社概要プライバシーポリシー広告掲載・媒体資料のお問い合わせお問い合わせ(ユーザーサポート)旧掲示板スレッド一覧
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ