ふみコミュ!
  • サイト内
    Web
  • 検索
フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
元カレタイトルNO.11770
    りえ 05/24(土) 20:25 IP:61.200.67.89 削除依頼
初めて書きます
丁度2年前の話になります

登 場 人 物
りえ(私)
ゆう(元カレ)
りょう(今カレ)

私わ今でもゆうを
思い続けています、、

あなたがどんどん
遠くなっていっても

聞いてくれる人いたら
レスください

NO.1 ありさ 05/24(土) 23:15 IP:210.153.84.237 削除依頼
あたしも元カレが大好きです。
是非聞かせてください(●'v'◎)

NO.2 りえ 05/25(日) 00:08 IP:61.200.67.89 削除依頼
まだいますか??

NO.3 ありさ 05/25(日) 08:31 IP:210.136.161.242 削除依頼
今ならいます(>_<)

NO.4 りえ 05/25(日) 20:09 IP:61.200.67.89 削除依頼
昨日寝てしまいました 笑
今から書いていきたいと思います。
すべて実話です。
途中妊娠はどという言葉が出てきます。
なので気分を害されたのであれば
消します。


NO.5 りえ 05/25(日) 20:19 IP:61.200.67.89 削除依頼
出会ったのは高校1年の5月。

中学3年の1年間

ずっと彼氏がいなかった私。

高校に入ったら出会いがあると

期待していた。

学校内で恋をし

彼氏が欲しいと思っていた。

「誰かいい人おらんかなあー」

と思っていた。

タメの子とわ数人とメールしていた。

仲良くはなったけど

それ以上の感情は芽生えなかった。

ある日、高校に来て1番仲良くなった子に

紹介してもらった。

それが今でも忘れられない

あの人となる...

NO.6 有紗 05/25(日) 20:23 IP:210.153.84.236 削除依頼
聞いてます★

NO.7 りえ 05/25(日) 20:31 IP:61.200.67.89 削除依頼
友達に紹介され

いろいろその人について質問してみた。

「どんな人?」

その時聞いたのはこうだ。

地元で有名な悪。

学校には行っていない。


これだけを聞いた私は

「ないわー」

と思った。

だけど友達がせっかくだからと

アドを教えてもらった。

メールをしてみると

とても優しい人だった。

友達に卒アルを見せてもらった。

クラスの個人写真のページで

一際目立つその人...

整った顔。

そして無理やりスプレーで

黒くしたのがわかるくらい

髪の毛にむらがあった 笑

ゆうは中学で喧嘩が強い、

そしてなんと言っても

そのルックスで

相当モテていたらしい・・

見た目的にちゃらそうだと

思っていたのも当たり。

たらしで、すぐ付き合って

捨てていたそうだ。

「やっぱ最悪だわ」

あの優しくて楽しいメールは

テクニックだとおもった。

でもそれから気づけば

毎日メールしていた。

あっちは仕事をしていたので

メールがくるのは夜の10時。

最悪でたらしなのは知っていた。

だけど少しずつ

ゆうの事を気になり始めていた。



NO.8 りえ 05/25(日) 20:44 IP:61.200.67.89 削除依頼
有紗さんありがとう★
頑張って書きます!!

ある日の部活帰りに

駅近くのコンビニで

友達と弁当を買っていた。

するとお菓子の並んでいる隙間から

どう見てもガラが悪い2組が見えた。

1人は髪の毛真っ赤で

黒のスエット。

もう1人は金髪に白のスエット。

どちらとも顔はかなりのイケメン。

その2人にじろじろ見られていた。

友達に

「怖くない・・?早く行こう!」

と言って出ようにした時

その2人が近づいてきて

「ゆうとメールしとるやろ?」

と声をかけてきた。

いきなりの事で心臓バクバク。

めちゃくちゃ怖い。

「そそそうです..」

と言うと、1人が

「頑張れ☆俺らゆうの友達だから
 覚えといて!まあ、あいつに捨てられたら
 俺んとこきてよ^^」

苦笑いをかわして

さっさとコンビニを出た。

あんな怖いのと友達なんだ…

と、またゆうに偏見を持った私。

けれど気になっているのは

気付いていた。


ある夜いつものように

ゆうから10時頃メールが来た。

宿題に集中していた私だが

ゆうの着信音がなると

すばやく携帯を開いた。

そこにはこう書かれていた。

「俺、お前の彼氏なりたいがやけど」



その日から私達は付き合う事になった。

NO.9 りえ 05/25(日) 20:55 IP:61.200.67.89 削除依頼
付き合ったと言っても

お互い生活の時間が真逆。

私は普通に学校に行っていたし

あっちは夜まで仕事。

だから1回も会った事がなかった。

だけどゆうは毎日電話をくれた。

周りはいつも騒がしかった。

なぜなら

仕事場友達と住み込んでいたから。

そこには前コンビニで話し掛けてきた

2人もいた。

話してみると

みんなとてもいい人で

暖かい人達だった。


テスト期間中に会える事になった。

私は1教科テストを受け

駅に向かった。

そこの駅はゆうの仕事場に近い。

15分ほど待った。

私は待つのが大嫌いだ。

頭には早く会いたいっていう気持ち

そして、自分は遊ばれているのでは

ないかという不安。


いきなり着信音が流れた。


NO.10 りえ 05/25(日) 20:57 IP:61.200.67.89 削除依頼
相手はゆう。

「右見てみ」

と言われて右を見ると

そこには携帯を耳にあて

金髪に坊主に

黒のスエット。

きてぃチャンの健康サンダルを

はいた男の人がいた。


NO.11 りえ 05/25(日) 20:59 IP:61.200.67.89 削除依頼
「あっ!!おった!!」

と思わずでかいびっくりした私。


NO.12 りえ 05/25(日) 21:02 IP:61.200.67.89 削除依頼
ゆう「初めて会ったな!!」

私「どっどうも」

ゆう「なんでどもるがよ〜馬鹿やな笑」

これが初めてゆうと交わした会話だった。




NO.13 りえ 05/25(日) 21:09 IP:61.200.67.89 削除依頼
その後は駅前を

ふらふらしてた。

見た目はもちろん

怖いけど

おもしろくて喋りやすくて

楽しかった。

女慣れしているが気になったけど

ゆうは真っ直ぐ私だけを見てくれた。

「遊びじゃないよね?」

と聞きたかったけど

どこか怖くて聞く勇気が出なかった。

その後することがなくなったので

ゆうが「俺の友達の家行くか?」

という事で電車に乗った。

周りの女の子は

じろじろゆうの事を見て

「かっこよくない!?」

などという会話をしていたのが聞こえた。

さすが…こいつモテる。

ごめんね。こんな私が彼女でー



電車を降り

雨が降っていたので

相合傘をして20分ほど歩いた。

すると道の角にある

小さな一軒やについた。

そこでゆうの友達と仲良くなった。

NO.14 りえ 05/25(日) 21:21 IP:61.200.67.89 削除依頼
毎日そこの家で遊んだ。

メンバーはだいだい決っていた。

その家の子で

ゆうの親友のシン君。そしてユウセイ君。

これがコンビニで会った2人。

そしてシン君の彼女のゆり。

シン君の弟のはる君。

はる君の友達の聖君。

そしてゆうと私。

この7人は日に日に仲良くなっていった。


夏休みになった。

私は頑張っていた部活をやめた。

ゆうと毎日いたかったからだ。

それくらい私はゆうにはまっていた。

初めてキスをしたのは

夏休み入ってすぐの事だった。

夜まで飲む事になった。

だけどゆうは

「お前は飲むな」

と言って私にお酒をくれなかった。

飲みたかったのに 笑

シン君とゆりはもうデレデレで

2人してつぶれていた。

ゆうは飲んでいたが

まだちゃんとしていた。

はる君と聖君はテレビゲームをしていた。

するとゆうが

「こっちきて」

と真顔で言ってきたので

「あんたもとうとう酔っ払いですかー?」

と言い、言われたとうり

ゆうのそばに行くと

いきなり倒され

布団をかぶせられ

体をよせられて

キスをした。


あとから聞くと

布団をかぶせたのは

シン君と聖君に見られないためだったらしー笑

見た目に似合わず

ゆうは照れ屋さんだった。


NO.15 りえ 05/25(日) 21:32 IP:61.200.67.89 削除依頼
7人で遊ぶ内容は

だいたい決っていた。

近くの川で遊ぶか

ゲームするか

料理対決するか。

毎日7人で過ごし

泊る日もあったが

家が厳しいため

最高でも終電で帰っていた。


ある日友達と祭りに行った。

そして知らない高校の人にからまれた。

「遊ぼうよ〜」

無視をしていたが

ついてくる。

友達と逃げた。

さすが元陸上部の私。

逃げ足は速かった。

そろそろ帰る事になり

夜道を歩いていた。

するとさっきの男が

数人の男をつれて前から歩いてくる。

「やばい」

そう思ったらもう遅かった。

男達に囲まれた。

もう1人の友達はうまくかわせれたようだった。

そして

「助け呼ぶから!!」

と言って走っていった。

私は必死に抵抗した。

だけど男に力は負ける。

腕をつかまれもうダメだと

思った時

「おい」

と低い声がしたと思ったら

ゆうが1人の男を殴っていた。

シン君とはる君が他の男達を

殴ってた。

ゆう「大丈夫か?」

私「うん…」

ゆう「お前ばかか!なんでこんなとこ
   歩くんだよ」

と初めて怒られた。

だけど嬉しくて涙が出た。

NO.16 りえ 05/25(日) 21:39 IP:61.200.67.89 削除依頼
最初に心配していた

ゆうに遊ばれているなどという

不安はもうなかった。

シン君が言っていた。

「ゆうは本気だよ。
 中学の時とは違うってあいつも言ってた。
 俺も見ててそう思うよ!!
 あいつ変わったよ!
 だから信じてやってな」

と言われた。

もうゆうを疑う気持ちはなかった。

私も中学の時は

熱しやすく冷めやすく

すぐ別れていた。

だけどゆうは違った。

「結婚しようね」

などと私の口から発していた。

自分でもびっくりだ。

このままずっとゆうと

そしてこの7人の仲間といれると

信じていた。

本当にいたかった…

NO.17 りえ 05/25(日) 21:47 IP:61.200.67.89 削除依頼
夏休みのお盆

私は海外に住むお父さんの

ところに1週間行く事になった。

ちょうどその1週間の間に祭があった。

ゆうは一緒に行きたがっていたので

すねていた 笑

旅行に行く前の1週間は

ほとんど毎日ゆうといた。

何回かお泊りをした。

いつもは7人でシン君の部屋で

一緒に寝ていたのに

ゆうが「暑いからはるの部屋で寝よう」

と言われてはる君の部屋にいった。

そしていつものように

いちゃいちゃしていた 笑

するといきなりゆうの顔が真顔になり

「好きだよ」

っと言ってキスされた。

そしてその日

初めて2人は愛し合った。

2人とも初めてだったけど

好きという気持ちがすごく

伝わってきて

もう絶対離れたくないという

気持ちでいっぱいだった。

NO.18 りえ 05/25(日) 21:56 IP:61.200.67.89 削除依頼
そして私は

旅行に行った。

海外でも携帯は使えたので

毎日メールした。

1週間会えないという事が

初めてだったから

ともても不安だった。

だけど旅行中に

くだらない事で

初めて喧嘩した。

ゆうが私に隠し事をしていた。

隠し事はなしと決めていたのに

嘘をつかれて私は怒った。

女とメールしていた。

私「なんで隠したん?」
ゆう「ごめん…」

私はしばらくゆうに冷たくした。

好きだったからこそだった。

帰国してその次の日に

会う予定だったけど

バイトだから。

と嘘をついて会いにいかなった。

メールも無視していた。


そして次の日の朝

りえ〜会いたい。
別れたくない…
お願いだから会いにきて

というメールがきていた。

私も会いたかった。

だから許しして

素直に会いにいった。

会った瞬間

やっぱりこいつの事好き

という気持ちが溢れた。

好きという気持ちがまた増えた感じがした。

ゆうもまた

私を大事にしてくれた。



NO.19 りえ 05/25(日) 22:08 IP:61.200.67.89 削除依頼
だけど帰国して3日目。

ゆうの変化に感づいた。

私はわざとメールで

今日行くがやめよーかなー

と送った。

いつもなら

は?今すぐは早くこい!!

とか来るのに今日は違った。

そーいう日もあっていいんじゃない?

と返信がきた。

「なんか冷たい..」

そう思った。


NO.20 りえ 05/25(日) 22:09 IP:61.200.67.89 削除依頼
その次の日私はバイトだった

バイト先には中学の時付き合っていた

1つ上の元彼がいた。

「最近冷たいがー」

と相談していた。

元彼「電話してみれば?」
私「今日会いに行く予定だよ!」

と、まだ余裕をかましていた。


NO.21 りえ 05/25(日) 22:10 IP:61.200.67.89 削除依頼
だけどメールもこないから

心配になり電話してみた。

すると

何回かけても

ぷつっと切れる。

着信拒否だ。

すぐわかった。

私はどうして?

なんで?

なんかした?

と考えるばかりだった。

そして気になった。

せ○りが3週間もきていないと。


NO.22 りえ 05/25(日) 22:12 IP:61.200.67.89 削除依頼
2日前にゆうに相談していたが

ゆうは

「大丈夫やろ!」

と言っていたし

私もそこまで

気になっていなかった。




NO.23 りえ 05/25(日) 22:13 IP:61.200.67.89 削除依頼
2日前にゆうに相談していたが

ゆうは

「大丈夫やろ!」

と言っていたし

私もそこまで

気になっていなかった。


NO.24 りえ 05/25(日) 22:16 IP:61.200.67.89 削除依頼
だけど着信拒否され

連絡がとれなくなった今

嫌な予感がした。

誰にも相談できなかった。


NO.25 りえ 05/25(日) 22:21 IP:61.200.67.89 削除依頼
毎日1人で悩んでいた。

シン君にメールをして

どうしてゆうから連絡がこないのか

と聞いても

本人から聞いた方がよいという。

そして今は理由があって

連絡をとれないと..

なんとくなく

もう終わりだと気付いていた。



NO.26 りえ 05/25(日) 22:21 IP:61.200.67.89 削除依頼
それから家にも帰っていなかった。

友達の家を転々としていた。

家にいて

親の顔を見ると

最悪の場合、親に言わなければならない。

そんな事を考えるのが苦痛だったから。



NO.27 りえ 05/25(日) 22:23 IP:61.200.67.89 削除依頼
私はバイト先の元彼に相談した。

すると元彼もこんな事があったらしい。

NO.28 有紗 05/26(月) 18:29 IP:210.153.84.170 削除依頼
続きお願いします(>_<)

NO.29 りえ 05/26(月) 22:29 IP:61.200.67.89 削除依頼
すいません!
遅れました。
今から更新します☆
また見てください!!

NO.30 りえ 05/26(月) 22:36 IP:61.200.67.89 削除依頼
元彼は親身になって

私の話を聞いてくれた。


ある日、ゆりから電話がきた。

初めてした時ゴムが破れてたらしい・・と

NO.31 りえ 05/26(月) 22:57 IP:61.200.67.89 削除依頼
私はあまりのショックで

言葉が出てこなかった。

ただ涙が今まで出た事のないくらいに

あふれ出た。

なんで言ってくれなかったの?

あの時はちゃんと愛してくれてたんじゃないの?

そんな事ばかり頭に浮かぶ。

そして、その事を聞き

また私は不安になった。

今、1番頼りにしたいゆうが

私のそばにいてはくれない。

友達にも言えなかった・・



NO.32 りえ 05/26(月) 22:57 IP:61.200.67.89 削除依頼
そしてやっとゆうと連絡がとれた。

それは夜中の1時くらいだった。

ずっと泣いていた私は

涙をふき、我慢し

ゆうからの2週間ぶりの

電話に出た。

久しぶりに聞いた声に

安心している自分がいた。

恋しい

会いたい

そばにいたい

大好き

そんな思いが膨らんだ。

だけどゆうはその期待に

答えてはくれなかった。

私「もう嫌いになった?」

ゆう「嫌いじゃないよ」

ゆうは冷めた声でそう言った。

強気で男まさりで

男の前で泣いた事がなかった私が

初めて泣いた。

それでも素直に

別れたくない、離れたくないと

言えなくて…


NO.33 りえ 05/26(月) 22:58 IP:61.200.67.89 削除依頼
私「じゃあなんで着信拒否なんかしたん?」

ゆう「・…好きな人できた」

だいぶ気付いてはいたが

やっぱり本人から聞くと

苦しくて、まだ出てくる涙を

ぐっとこらえた。

私「そっか…てかまだあれきてない」

ゆう「まぢで?」

とても冷たかった。

私はただ自分の事を心配してほしかった。

私「今の私の気持ちわかる?
  誰にも相談できなくて、あんたしか
  頼る人おらんがに。
  もう好きな人おるがなら仕方ない。
  それは受け止めようと思う。
  けど、もし最悪の場合、赤ちゃんできた事に
  なるよね?
  半分はあんたの責任だよね? 
  他に好きな人おるかもしれんけど
  全部私が背負ってかんといけんってわかるけ?」

と、私は泣きながらも

強い言い方をした。

ゆう「ごめん・・」

私「ごめんぢゃなくて、どうするが?」

ゆう「でももう俺には好きな奴おる」

そう言われた瞬間、

もうゆうは私の大切な人ぢゃないという

実感が湧いてきた。

ゆう「とりあえず、検査してみて?」

すごい人事のように言われた。

怒りよりも

悲しみや悔しさでいっぱいだった。


ゆうには言いたい事を全部言った。

最終的には逆切れされた。

もう死にたいって思った。

NO.34 りえ 05/26(月) 23:05 IP:61.200.67.89 削除依頼
それから私は痩せに痩せた。

栄養失調になり

病院で点滴をする毎日だった。

毎日朝になると

もう横にいない…と実感する。

そのたびに泣いた。

家族も感ずいていたのか

学校を休んでも何も言ってこなかった。

ただバイトだけは休まなかった。

ただ唯一頼れる元彼がいたから。

元彼は

「こない。こない。って思うからこなくなる。
 だから安心するためにも1回、
 検査してみよう。
 絶対大丈夫!!」

と言われ、元彼はバイト先から

原チャで検査薬を買いにいってくれた。

そしてバイト先のトイレで

検査をした。


結果は



陰性。


私はほっとした。

久しぶりに本当に笑えた気がした。

元彼も喜んでくれた。


NO.35 りえ 05/26(月) 23:07 IP:61.200.67.89 削除依頼
だけど生理はこなかった。

NO.36 りえ 05/26(月) 23:14 IP:61.200.67.89 削除依頼
私は知り合いの産婦人の人に

電話で相談した。

親には内緒で医者に行った。

妊娠はしてないと言われ

またほっとした。

だけど、不妊症になった可能性がある

と言われた。

なぜかは難しい話だったので

よく覚えてないし、説明しにくい。

ほっとしたのもつかの間だった。

今はいいかもしれない。

だけど将来子供ができないとなったら

私はこれから何を楽しみに

していけばいいのか…と考えた。

家に帰って何時間も泣いた。

そしてゆうに電話をした。

妊娠はしていなかった。

だけど将来的に危ないと言われた。

と伝えた。

するとゆうは

「よかったー!!」

と嬉しそうだった。

すごく胸が苦しかった。

私の体の事は一切心配してくれなかった。

私は栄養失調で病院に通っている事を言った。

するとお金の話をしてきた。

もう最悪。怒りが出てきた。

だけどそれよりも

心配してほしかったという

寂しさの方が多かった。

どうしても離れたくなった。

何回も私の気持ちを素直に話した。

だけど、ゆうはもう私の事を思ってない。

そしてもうゆうには大事な人がいる。

私はこの現実を受け止めれなかった。


妊娠していればよかった…


などと悪い考え方もしてしまったのも本当だ。

NO.37 りえ 05/26(月) 23:17 IP:61.200.67.89 削除依頼
それから私はほとんど学校に

行かなかった。

行っても、友達の前で無理やり

笑うのが疲れるから。

学校までの道のりは

ゆうと歩いた道でもある。

思い出してつらいから。

私は逃げていた。

どうしてもゆうがいないこの事を

受け入れる事ができなかった。


NO.38 りえ 05/26(月) 23:23 IP:61.200.67.89 削除依頼
私とゆうが別れた事を機に

親友だったシン君とゆうの間にも

隙間ができた。

ゆうは新しい彼女の家に住むようになった。

私は2週間に1回ほど

シン君の家に遊びに行っていた。

そこにはゆうを除いた

いつものメンバーが笑顔で私を待っていてくれた。

でもそこはゆうとの1番の

思い出の場所。

初めてキスして初めて愛し合った部屋。

部屋にある机にふと目がいった。

そこには2人でおそろいで買った

ストラップが

ホコリをかぶって置いてあった。

悲しくて悲しくて苦しかった。

自分で思い出の場所に行って

自分で傷つく。

馬鹿みたい。

自分が嫌いで仕方なかった。

NO.39 有紗 05/27(火) 20:07 IP:210.153.84.171 削除依頼
大変でしたね…
応援してます…(>_<)

NO.40 りえ 05/27(火) 22:24 IP:61.200.67.89 削除依頼
実はまだ続きがあるんです…
まだ見てたら
見てください!!

気付くと毎日のうに

シン君の家に行っていた。

シン君はとてもイイ人。

「忘れられんがなら、ここに来て
 思い出せばいい」

その時すでにシン君と

ゆりは別れていた。

毎日シン君からメールや電話がきた。

ひどく傷ついていた私の心が

シン君のおかげで少し癒されていた。

ある日シン君から電話がかかってきた。

「ゆうの事忘れさせるように頑張るから 
 俺と付きあって」と言われた。

私は

「え・・・?」

としか返事ができたなかった。

あまりにも急すぎで言葉が出てこなかった。

その日はそれで流して

電話を切った。

だけど毎日好きだよと言われた。

本気だから。と

だけど私は

「まだゆうの事が好き。
 こんな半端は気持ちでは付き合えない。
 それにシン君はゆうの親友だし、
 そーいうの無理だよ・・ごめん」

とはっきり断った。

私は自分なり前に進もうと考えた。

NO.41 りえ 05/27(火) 22:31 IP:61.200.67.89 削除依頼
考えたけっか私は

シン君と関わりをもつ事で

まだゆうに会える。

そしてまた昔みたいに戻れると

馬鹿みたいに期待していた。

だからシン君とも

はる君とも聖君とも関わりを切ろうと考えた。

そしてもうあの思い出の場所には

行かないと。

そう決めた。


そしてシン君の家に置いてあった

服や本、私の物すべてを

取りに行った。

これが最後だと決めて。

部屋に入るとまだ思い出す。

ここでみんなで過ごした日々を…

ゆりとシン君の馬鹿喧嘩を見て

ゆうと笑いあった。

お酒に弱いはる君をいじめたり

私にゲームで負けてすねいるゆうを

馬鹿にするシン君・・…

頭の中はそんな楽しい思い出ばかり

浮かんだ。

だけどもうそんなみんなの笑顔はない。

この数ヶ月で人の心は移り変わった。

ゆうはいない。

ゆりもいない。

シン君とゆうも仲が悪くなった。

あの頃に戻りたい…

本当にそう思った。

NO.42 りえ 05/27(火) 22:33 IP:61.200.67.89 削除依頼
そして荷物をまとめ

これでこの部屋にも来れないと

思うと本当に寂しかった。

みんなは駅まで送ってくれた。


続きはまた明日!!

NO.43 りえ 05/28(水) 20:51 IP:61.200.67.89 削除依頼
その後、みんなで駅に

送ってくれた。

その日は雨が降っていた。

一緒に歩いていたシン君が

一歩、私の前に出る。



NO.44 りえ 05/28(水) 20:52 IP:61.200.67.89 削除依頼
どうしたのかな..?

と思ったら

シン君はさしていた傘を

地面に投げ捨て

近づいてきた。

そして顔が近づき
キスをされた。


NO.45 りえ 05/28(水) 20:56 IP:61.200.67.89 削除依頼
一瞬の事だった。

だから言葉が見つからず

ただ私は黙っていた。

シン君は

「本気だだから」

そうただ一言。

そして帰っていった。

その後は電車がくるまで

聖君とはる君でいつものように

騒ぎ、バイバイをした。

「またこいよ!!」

と、何も知らない2人は

可愛い笑顔でそう言った。

この2人は私の1つ下だが

しっかりしていて

とてもイイ子だった。

またいつか会おうね…と

私は心の中でつぶやき

「バイバイ!!またねっ」

と言い電車に乗った。

NO.46 りえ 05/28(水) 21:04 IP:61.200.67.89 削除依頼
それからシン君とは

電話もメールもしなくなった。

あの日から2週間たった頃

シン君に彼女ができたと聞いた。

私は少し寂しかった。

シン君の事が気になっていたからではない。

もう本当にその人達との

接点がなくなってしまったから…

私の中でまだあの頃に戻れるかもしれない…

またゆうのそばで笑えるかもしれない

とういう馬鹿な期待があったから。

だからまだシン君とは少しでも

繋がっていたかった。


だけどもうゆうは戻ってはこなかった。

NO.48 有紗 05/30(金) 19:16 IP:210.153.84.229 削除依頼
続きききたいです(>_<)

NO.49 りえ 05/31(土) 16:32 IP:61.200.69.114 削除依頼
遅れました!!

今から書いていきたいと思います。


ゆうの別れて数ヶ月。

まだ消えない。

ゆうの笑顔。

ゆうとの思い出のものは

すべて捨てた。

思い出すと苦しいから。

それから友達は何人も

男を紹介してきた。

だけど頭に浮かぶのは

ゆう…ただ1人だった。


たまにゆうを駅でみる。

思い出すあの楽しかった日々。

たまに目が合う。

だけどすぐそらす。

もうバラバラなんだね…

会うたびに思った。

私の横にいたんだ。

私だけのゆうだったんだ。

もう前に進めない。

後ろしか見えない。

ゆうしか見えない。

そんな状態が続いていた。


だけど少しずつ私は前を

見ようとしていた。


部活の2つ上の先輩と遊んでいた。

その先輩は先輩とタメの人と

付きあっていた。

先輩が

「りょう君とメールしてみん?」

と言ってきた。


そのりょうという先輩は

私の1つ上で学校で1番カッコイイと

人気な先輩だった。

あまり学校にきていないせいか

私はあまり見た事がなかったが

カッコイイ!!と思っていた。

身長が175センチくらい。

くしゃくしゃの少し茶色い髪の毛。

着くずした制服。

シルバーピアス。

そして整った顔。

先輩からも後輩からも人気。

そんな人とメール?

そんな事したら

学校行けなくなりそーやわ…笑

私「そんな人気の人とメールやら
  していいんですか?」
先輩「してみるだけいいねか☆
   私の彼氏とも仲いいしさ!!」

見た目はちゃらくて

怖いけど性格はいいって周りも言ってた。

メールしてみようかな…

私の心の中にはまだはっきりと

ゆうがいた。

中途半端な事はしなくなかったけど

前に進むためにも

出会いは必要だなって思った。



このタイトルには現在0件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
●タイトル自体を削除する場合はこちら
パスワード  
●お返事を削除する場合はこちら
NO パスワード
会社概要プライバシーポリシー広告掲載・媒体資料のお問い合わせお問い合わせ(ユーザーサポート)旧掲示板スレッド一覧
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ