ふみコミュ!
  • サイト内
    Web
  • 検索
フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
今でも僕は君がすきタイトルNO.11887
    ちま 06/15(日) 13:33 IP:121.2.100.191 削除依頼

中2の春


君と出逢った


そのときは,


こんなにも好きになるなんて


思ってもなかった


NO.1 ちま 06/15(日) 13:38 IP:121.2.100.191 削除依頼

☆あいさつ☆

初めまして,中3の受験生やってます。
読んでやってくれると嬉しいです!

めいん人物

*ちま 中3 バスケ好き 文化部 *

*レン 中3 バスケ部 モテるほう *


NO.2 ちま 06/15(日) 13:47 IP:121.2.100.191 削除依頼

レンと出逢ったときは
私には大好きな人がいました。

でも,ちがう学校の人で
会いたいのに会えない,
そういう寂しい日々をおくっていたとき。

ークラス替え当日ー

ちま「あたし何組だろお?友達できるかなぁ?汗」

ぶう「きっとちまなら大丈夫だよ!同じクラスになれるといいね!」

ちま「うん!そだね!」

クラス替えの結果

あたしは ぶう と隣のクラスになり,
仲いい子が一人もいない2-E 組になった。


NO.3 ちま 06/15(日) 13:54 IP:121.2.100.191 削除依頼

クラスに入ると微妙な空気
正直やっていけるか不安

ちま“うちの席は〜っと,あ、あそこだ。さっさと座ろっと!”

?「あたし席どこ!?」
ちま“なんか困ってるみたい...”
「名簿何番??」

?「46だけど...どこだかわかんなくて」
ちま「あ,それだったらあたしの後ろだよ!
これからよろしくね。」

?「うん!あ,あたし詩音,あなたは?」

ちま「ちまだよ♪」


こうやってあたしと詩音はなかよくなった。


NO.4 ちま 06/15(日) 14:02 IP:121.2.100.191 削除依頼

詩音とは恋バナしたり,遊んだり
すごく仲良くなってた。

そんなある日二人で校内
まわってたときのこと,

体育館の横を通る

詩音「あ!レンだあ!ばいばい」

そういって“レン”という人に
手を振っていた

レンっていう人はバスケの休憩中
手をふりかえしてる


ちま「あの人ってたしかクラスにいた…」
詩音「そーそー,レン可愛いし‐,
ちまも手振って見やあ」
ちま「あたしはいいやあ...」


NO.5 ちま 06/15(日) 14:08 IP:121.2.100.191 削除依頼

次の日

やってくれましたねえ
詩音ちゃん,


あたしの好きな人
(ちがう学校の人 (祐) )

がなぜかいろんな人に知られていた。

“れん”にも...

詩音に聞いたら
「ごめん☆ついつい口が...」

ついついじゃねえだろ!汗
きれましたね。


NO.6 ちま 06/15(日) 14:14 IP:121.2.100.191 削除依頼

それから毎日
レンにからかわれるはめに…

「祐だっけ?会いたいんだろ?」

そのニヤニヤの笑顔ムカつきます。
毎日毎日言い合い。

そのときはレンが大嫌いでした。
「レンはいろんな女子と仲がいい。
彼女いるのに彼女を大事にしてない」

そういう噂を聞いたからってこともあった。


NO.7 ちま 06/15(日) 14:15 IP:121.2.100.191 削除依頼


実際,大嫌いのままのほうが

幸せだったのかもしれないね


NO.8 ちま 06/15(日) 14:21 IP:121.2.100.191 削除依頼

毎日言い合いばっかり
だったけど

レンのこと嫌いじゃなくなってった
んだよね。

詩音の行動がなかったら
きっと,今でもこんな関係には
ならなかったと思う。

チャイムが鳴る
席に座ると一通の手紙が
あたしの机の上に

ーもうレンに話しかけないで

     レンの彼女の味方よりー

どうやったらあたしは悪役らしい
レンと彼女さんの物語の...


NO.9 ちま 06/15(日) 14:23 IP:121.2.100.191 削除依頼

レンの彼女(美夏 mika)とは少しだけ仲がよかった
けど,あたしの好きな人は祐。
話しかけてくるのはレンから。
なんでそう言われなきゃいけないのか
って腹が立った。

それからめんどくさい事は嫌いだし
レンをさけ始めたんだ。

でもレンは人をいじるのが好きなやつで
なにかあるとあたしのものをとったりして
遊んでた。


NO.10 ちま 06/15(日) 14:26 IP:121.2.100.191 削除依頼

正直もう手紙のことは
どうでもよくなってった。

彼女がレンに言えばすむこと,
あたしには関係ない

そう思ったから...


なにがあったのか,
あたしは彼女さん,
美夏と仲良くなってった(美夏はぶうと同じ隣のクラス)

それから気まずいはなくなっていった。


NO.11 ちま 06/15(日) 14:28 IP:121.2.100.191 削除依頼

ある日レンと美夏
あたしとカイ(レンの友達)

で遊びに行くことになった。

そこからぐんと
うちとレンは仲良くなった。


NO.12 ちま 06/15(日) 14:30 IP:121.2.100.191 削除依頼

美夏はあたしのキモチが祐に
むいているということ。

レンに対しては友達
意外になんとも思ってない
ということ。

全部知っていた。

だから仲良くできてたんだと思う


NO.13 ちま 06/15(日) 14:35 IP:121.2.100.191 削除依頼


祐とはまったくあっていなかった
あたしの完璧な片思いだし,
あう時間もなかった。

でも毎日が辛かった

祐の事考えたくないのに
レンが名前を出したり。

毎日会えないことで泣いてた

そんなとき,ぶうや詩音,美夏
が支えてくれてた。

いつまでもこうしてちゃダメだ。
そう思って祐に手紙を書いた

祐の友達が渡してくれた

手紙の返事

祐の友達があたしに伝えた

こう言ってった


NO.14 ちま 06/15(日) 14:38 IP:121.2.100.191 削除依頼

「ごめん,俺お前のこと好きだったよ、でも遠距離は俺には無理」


その言葉を聞いたとき,
頭の中真っ白になった。

その日の夜は
これ以上涙ひゃ出ないって
思うくらい泣いた

泣くことしかできなかった


NO.15 ちま 06/15(日) 14:40 IP:121.2.100.191 削除依頼

まあ(元同クラの友達)と
美夏,ぶうや詩音いろんな人
に支えられた。

みんなにはすごく感謝した、

けど思ったんだ
もう恋なんて絶対しない。


って...

そう思ってたのに...


NO.16 ちま 06/15(日) 14:50 IP:121.2.100.191 削除依頼

次の日,ぱんぱんと
はれた目で学校に行った。

学校でもなきそうだった。

けど,みんなに心配かけるのは
嫌だったからこらえたんだ。

そしたらレンに

「振られたの?」


って聞かれた

“なんでこいつ知ってんの?!”

ちま「ぇ?」

レン「いや…ぶうが言ってたから...」

ぶう...。あとでしめときました☆笑

レンはそれ以上何も言わずに
うちが泣くのをこらえてるところを
黙って見てました。

ちま「あはは。ふられちゃったあ,
これからはもっと女の子らしくしなきゃねw
男子にまじってバスケやったりするのがいけないのかな...まぁいいや!じゃあ...またね」

そういってその場から逃げました←


NO.17 ちま 06/15(日) 15:00 IP:121.2.100.191 削除依頼

いろんな人に慰められて
楽になってったときのこと。

みんなで花火やろう

という話になりました。

いろんな人が参加しました。

レンもカイも美夏も,
そのとき仲良かった子
みんなで花火大会。

盛り上がってました。

そのとき,美香が一言。

「ちま。ちょっといい?」

ち「何??」

美「相談があるんだけど...」


相談の内容は,美香がレンのこと
さめてきたっていうこと。

好きじゃないのに付き合うのは
レンにとって悪いということ。

でした。

あたしは二人が別れることなんて
想像もしたくなかった。

あのときのあたしは
二人が別れて欲しくなかった。

理由はわかんないけど
なんとなく嫌だった。

あたしはそのキモチと
最後に「あたしの意見はこうだけど,
最後は美夏が好きなようにするといいよ。」

そういった。


NO.18 ちま 06/16(月) 15:14 IP:121.2.100.191 削除依頼
美夏は「ありがと」
と一言。
なんだか複雑な気持ちになった。

なんだかんだで
夏休みもすぎ新学期になった。

夏休みですごく仲良くなったせいか
ずっとレンと喋ってるようになった。

(このとき席替えして席となりになってた!)

そのとき,詩音がレンのこと好きだという
噂もすごいたってた。

まさかなぁとわ思ってたけど
なんとなくそんな感じはしてた。

レンのことが好きな人は詩音だけでは
なかった。アケミもそうだった。

アケミはレンとも特別仲いいほうで
小学校からずっとすきだったらしい。

レンはモテててすごいなぁと思ってた。
でもなんでだろ?
すごくもやもやした。


NO.19 ちま 06/16(月) 15:20 IP:121.2.100.191 削除依頼

アケミとは今では親友って
呼べるほど仲がよくなってった。

詩音はみんなから嫌われ始めていた。

レンもきらいだったらしい。

「あいつうざい」


なんて言ってったっけ

季節が過ぎて秋になったときのこと,

もうあたしが美夏とは
あんまり喋んなくなっていたとき
レンが美夏の友達に手紙をもらった。
美夏からレン宛だ。

手紙にはこう書かれていた。


NO.20 ちま 06/21(土) 09:40 IP:121.2.100.191 削除依頼


「 別れよ。 でもこれからも
 友達としてよろしくね 」


頭の中が真っ白になった

嘘だよね?


信じられなかった

レンは何も言わず,手紙をしまった


NO.21 まあ 06/29(日) 11:33 IP:219.99.23.52 削除依頼

まあの名前登場してる〜\(^o^)/←

皆さーん♪
まあとはあたしのことですよー ←

んー… 祐くんに対して
告白するきっかけを無理矢理作らせたのって
あたしだったよね…?

多分、気持ち伝えなかったら、
レンのこと好きになる可能性はもっと
低かったよねぇー☆★

まあも結構重大な役したよね\(^o^)/bb

更新頑張れよー\(^o^)/


あたしももう一回、
書こうかな...?;笑

NO.22 ちま 06/29(日) 11:59 IP:59.146.42.66 削除依頼

まあの名前登場してるよお 笑ぃ


んー… 祐くんに対して
告白するきっかけを無理矢理作らせたのは
まあだと思う、
けどその気持ちわかんないことはないよ。
うちだって美夏にレイと別れるな的なことは
言ったし…
うちの言葉がなかったらもっと早く
別れてたと思うし…汗


多分、気持ち伝えなかったら、
レンのこと好きになる可能性はもっと
低かったね…
てか馬鹿だから気付かなかったと
思いますwwww←


まあも結構重大な役だったww


更新頑張ります!

まあもかいてみなしゃい☆


NO.23 まあ 06/29(日) 12:02 IP:219.99.23.52 削除依頼

まあさん早速書いてるわ\(^o^)/←

とりあえず、仲良くなる
あたりまでは適当に焦って
書きます(^ω^)

ちまちゃんも更新頑張ってwwぷh


NO.24 ちま 06/29(日) 12:07 IP:59.146.42.66 削除依頼

手紙は隣の席だったから
たまたま見えただけだった

あたしは自分でレンに聞く
勇気がなかったから
アケミに言った

「 レンが別れた…かもしれない… 」

そしたらアケミはレンのところに聞きに行った

「 別れたの? 」

そしたらレンは

「 うん。やっと自由になれたし!! 」

ばか…あの手紙読んでた時すごくせつない顔
してたの,あたしは知ってるよ…?


NO.25 ちま 06/29(日) 12:11 IP:59.146.42.66 削除依頼

次の授業は英語だった

うちの学校は英語の授業で
毎回なんかの歌を歌う

その日歌った曲は失恋ソング

まじKYだし…

涙が出てきた

レンはそれを見て
 「なんでお前が泣く‐??」

微笑みながら言った

レンが泣かないから…
レンのかわりに泣いてるんだよ!

なんて言えるはずもなく
ただ涙をこらえた


NO.26 ちま 06/29(日) 19:17 IP:59.146.42.66 削除依頼

あたしは何でレンが
あんなに笑ってられるか
不思議でしょうがなかった

それから一週間後

部活に行ってアケミと話してた

単刀直入に「レンのこと好き?」
って聞かれた

「そんなわけないじゃん、友達としては
大好きだけど…」

どう答えたらアケミが

「じゃぁ,彼女ができたらどう思う?」

喋れなくなるからそりゃあ寂しいと思った

そういったら「じゃあ好きなんじゃん」

って言われ無理やり告白させられました←


NO.27 ちま 06/29(日) 19:18 IP:59.146.42.66 削除依頼

あの時アケミに言われなかったら
今でもあたしは自分のキモチに
気づいてなかったと思う


NO.28 ちま 06/29(日) 19:19 IP:59.146.42.66 削除依頼

  告白  
って言ってもノートの
切れ端にちっちゃく
書いただけだった

「好きです。付き合ってください」

って…

けど、あの時は全然本気じゃなかったな...
だからできたんだと思う


NO.29 ちま 06/29(日) 19:20 IP:59.146.42.66 削除依頼


次の日


返事は…



NO.30 ちま 06/29(日) 19:31 IP:59.146.42.66 削除依頼

「ごめん…けど友達としてならいいよ」

気づいたら涙が溢れちゃっていました

自分なんで泣いてるんだろう

あんなやつ好きでもなんでもないと

思ってたのに…


告白はほんのきっかけでした

ここからあたしの
片思いがスタート☆

したのはいいけど...


NO.31 ちま 06/29(日) 19:38 IP:59.146.42.66 削除依頼

どうしよう...

あたし気まずいじゃん!!!!


けど,まてよ…


ちまはひらめいた!



NO.32 ちま 06/29(日) 19:39 IP:59.146.42.66 削除依頼


そのときはちょうど
二人がじゃんけんにはまってたとき

学校来たときにいきなりじゃんけん
すればいい

そう思った

けどどうしよう


勇 気 が な い


NO.33 花梨 06/30(月) 18:38 IP:211.3.143.111 削除依頼
やっほぉ〜♪
こっちのにも遊びに来た!!

これってどうやるの・・・?汗

てかなんか読んでると「あぁ・・・確かにそうだったなぁ・・・」って思うし・・・
あたしも書こうかなぁ・・・??

NO.34 ちま 06/30(月) 18:59 IP:59.146.42.66 削除依頼
+ 花梨 +

コメありがと^^
描きなあ☆
気持ちの整理も
つくと思うし^^

NO.35 ちま 06/30(月) 19:10 IP:59.146.42.66 削除依頼

人生で一番頑張った日かもしれない

チャイムが鳴る
席に着く

気まずい空気が流れる


もうどうにでもなれ!!

「レン!!!!」

レン「ん?!」

「じゃあんけん…ぽん!!!!」

負けました←

勝てよ自分…

普通そのあとはあっちむいてほい
やるはずなのにまったく
やる気配なし…

「おおいい...!あっちむいてほい
やれよお 笑」

そう言ったらレンも笑顔になり

「わかったよ 笑」

でいつもの空気に戻りました


この頑張りがなかったら
今のあたしたちは
きっと,いなかったよね…


NO.36 ちま 06/30(月) 19:15 IP:59.146.42.66 削除依頼

それから気まずくなるのが
嫌なのかお互い喋りかけあってました!!

そこからもっと
レンと仲良くなれた気がする・・・

放下の時間も席を立たずに
ずっと二人で喋ってたよね

なんだかね

安心できる空間だったんだ


レンの隣が…


NO.37 まあ 06/30(月) 19:27 IP:219.99.23.52 削除依頼

ちま...(・ω・`)
消しちゃったあ;;汗

ごめんね(*ノω・`*)


女性詩のみ頑張りマス^ω^

NO.38 ちま 07/18(金) 18:29 IP:59.146.42.66 削除依頼


☆まあ★
いいよお
頑張ってね!!

NO.39 ちま 07/18(金) 18:42 IP:59.146.42.66 削除依頼

どうこうしていくうちに
ある日美夏に
「レンと付き合ってるの?」
って聞かれた


正直びっくり...
で否定しても信じてくれなかったw←

聞かれた瞬間を詩音に見られた

またやってくれましたね詩音ちゃん

レンに言っちゃったのでした←

NO.40 ちま 07/18(金) 18:44 IP:59.146.42.66 削除依頼

「めんどいからほかっときゃあよくね?」
( ̄□ ̄;)!!
それでいいんですか?
貴方って人は...

レンは「めんどい」の一言で
場をまるめちゃう男なのでした 笑


このタイトルには現在40件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
●タイトル自体を削除する場合はこちら
パスワード  
●お返事を削除する場合はこちら
NO パスワード
会社概要プライバシーポリシー広告掲載・媒体資料のお問い合わせお問い合わせ(ユーザーサポート)旧掲示板スレッド一覧
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ