ふみコミュ!
  • サイト内
    Web
  • 検索
フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
竜太+.(・∀・)゜+奈菜タイトルNO.8659
    奈菜 02/17(日) 23:17 IP:210.237.51.71 削除依頼
こんにちわ


そして初めまして煤K+.d(゜д゜*)゜+.゜


最初、いきなりデートの話なんかしてもパッと来ないと思うのでキャストと出会いを書かせていただきます(∀)


もうイタチになるかもですがせめてココだけでも書かせてください


それではどーぞ

NO.1 奈菜 02/17(日) 23:21 IP:210.237.51.71 削除依頼
+.キャスト゜+


柏木 奈菜「かしわぎ なな」
・馬鹿ゴリラ
・高2のバスケ暦11年のアホ子
・竜太の彼女

瀬戸 竜太「せと りゅうた」
・かっこいい、勉強中の中、運動普通より上
・高2のサッカー部暦は分かんない ←
・奈菜の彼氏



NO.2 奈菜 02/17(日) 23:30 IP:210.237.51.71 削除依頼
出会いは中3の夏からです。



ドが着くほど馬鹿だった奈菜は塾に通うことになって



その時、他中だった竜太と会いました



しかもたまたま席が隣で馬鹿奈菜は



「瀬戸君ってかっこいいね!!!」



「どぉも」



最初は完全にウザがられてました煤K+.d(゜д゜*) ←



「あのさメルアド教えて」



「いや初対面に教えるほど俺馬鹿じゃねーから」



(´;ω;`)



案外、冷めた子なんだね



と、最初はそー思い



結局、夏が終わり



夏休み明けテストの結果がちょっとよくて



浮かれながら塾にいったら



「何ニヤけてんの気持ち悪い」



「・д・な…女性に向かって肝いはないよ!」



「いや冗談抜きに肝いぞ」



「ふん!すいませんねぇ肝くて!」



完全にグレた奈菜に竜太は



「ゴメンってwメルアド教えるから」



(´;ω;`)まさかのハッピーエンド ←違う



といいつつちゃっかりアドをもらった奈菜 ←

NO.3 奈菜 02/17(日) 23:42 IP:210.237.51.71 削除依頼
「瀬戸君の体育祭っていつ?」



「俺んとこは9月16日」



※奈菜もうる覚えだけどたしかこれぐらい



「へぇあたしんとこ9月30日、見に行くからコッチの方にも来てよ」



「いや無理だから、なんで俺が行かないといけないの」



「(´;ω;`)せ…瀬戸君…お願い・・・」



と、泣き泣き頼むと



「分かった行くから鼻水つけんな」 ←



「やったーあざっす」



だけど重大なことにきずいてなかった



16日が明日っていうことを ←



しかも家に帰って夜の2時ぐらいにきずいたから



大急ぎで寝て



朝早く起きました(´;ω;`)

NO.4 奈菜 02/18(月) 00:25 IP:210.237.51.71 削除依頼
その日は同じ塾(同じ高校を受ける)



浅岡 圭一君と宮元 沙菜ちゃんに付き合ってもらいました


「ゴメンね圭一君に沙菜ちゃん」



「なんで?俺、竜太の走るすがた見てみたいw」



「あたしもそれ思った」



目的はそれか(´゜ω゜):;*.':;



そして瀬戸君を探しつつ



瀬戸君の恥ずかしいところを見つけるかとみんなで作戦を練ってました ←



「あ、いたよ竜太」



圭一君が指したところで



竜太の短距離そうが始まる寸前のところでした



ナイスタイミングだ



鉄砲の音でいっせいにみんな走り出してる中



竜太は人一倍かっこいよかったです



結果は2位だったけどそこで初めて好きだと感じ



その日告白をしてしまい(気が早い)



「だったら俺と同じ学校受かってよ」



「は?」



「俺1人って嫌なんだよね(´・ω・`)」



「じゃあ付き合ってくれるの?」



「同じ高校受かったらね?w」



と 意味分かんない答えもらい必死に勉強して



晴れて合格して



竜太と付き合うことになったのです

NO.5 奈菜 02/19(火) 21:10 IP:210.237.51.71 削除依頼
+.ちょっと遅い2月14日のお話゜+



「奈菜、チョコ持ってきたかい?」



「(´・ω・`)bおぅいぇい、だけどメンドクさかったから買った(∀)」


と、今年は同じクラスだった沙菜ちゃんとお話をしていました


圭一君と竜太は1組であたしと沙菜ちゃんが4組だったので



めったに会いに行きませんでした



「あ…しまった…竜太のチョコ持ってくるの忘れた(∀)」



「ちょ 瀬戸君怒りそうじゃない?」



「ん〜どーしよう、まぁなんとかなる」



「なるのかな〜?」



と、奈菜は何もきかずにトイレに直行してました(´゜ω゜):;*.':;



−放課後−



部活が終わって竜太のところにいってとぼとぼ帰っていると



「ねね、奈菜」



「ん?」



「例のブツは?」 ←



「例のブツって?」



「茶色の」



「ああ〜持ってくるの忘れた」



「Σ(・c_・`||| マジで?」



「うん、なんか忘れてた」



「え…だったら俺のチョコなし?」



「今頃、お兄ちゃんが食べてると思う」



「え…ホントに?」



「うん」



かなりショックを受けた竜太君をコンビニに連れて行きました

NO.6 奈菜 02/20(水) 20:27 IP:210.237.51.71 削除依頼
竜太さんは大のコンビニに好きなので好きなものを買ってあげました



すると…



「俺これが欲しい…」



指を指したのは大人の世界のブツでした



「待て待て 何に使うの?」



「言わせるの?」



「いや言わなくていい…塚こんなの買わせるわけないじゃん!!!!!!!!」



「いいよ別に…どーせ今度買うから」 ←



「は?買ったら縁切るよ?」



「すいません許してください」



と、あんな大人の世界のブツは買わずに



ケーキを買って竜太さんの家に向かいました

このタイトルには現在0件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
●タイトル自体を削除する場合はこちら
パスワード  
●お返事を削除する場合はこちら
NO パスワード
会社概要プライバシーポリシー広告掲載・媒体資料のお問い合わせお問い合わせ(ユーザーサポート)旧掲示板スレッド一覧
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ