ふみコミュ!
  • サイト内
    Web
  • 検索
フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
★ 社会の歴史 ★、タイトルNO.6150
    リみ、 09/26(水) 20:10 IP:219.125.151.184 削除依頼
社会の歴史の
「紫式部」について調べているんですが、いろいろ教えて下さい!

携帯からなんで、検索とかできないんです><

お願いします!

NO.1 あs 09/26(水) 20:38 IP:121.105.235.44 削除依頼
こんちゃ。
紫式部は・・・
『源氏物語を著した』
だけじゃだめですか・・・?

NO.2 リみ 09/26(水) 20:55 IP:219.125.151.180 削除依頼
1さん

源氏物語書きましたよね!
いえいえ、ありがとうございます!


まだ待ってます

NO.3 09/26(水) 21:21 IP:222.7.56.17 削除依頼

携帯からだから改行できてなくてごめんねヽ(゜∀。)ノ

高校で習った『紫式部』についてはこんな感じ↓

→平安中期の代表的女流文学者で『源氏物語』の作者。
一条天皇の中宮(妻)である彰子(しょうし)に仕え、その間に『源氏物語』を執筆した。
著書はその他に『紫式部日記』など。


NO.4 リみ 09/26(水) 22:29 IP:219.125.151.186 削除依頼
3さん

詳しくありがとうございます!!!



清少納言の事も教えてくださると嬉しいです!

NO.5 09/26(水) 22:45 IP:222.7.56.20 削除依頼

★清少納言↓

平安中期の女流随筆家。
著書は『枕草紙』など。
一条天皇の中宮(妻)である定子(ていし)に仕えた。
一条天皇の中宮である彰子と定子がライバルのような関係であるため、
彰子に仕えた紫式部と、定子に仕えた清少納言もライバル関係であった。

これぐらいしか知りません、ごめんね(´;ω;`)


NO.6 リみ 09/26(水) 23:28 IP:219.125.151.178 削除依頼
5さん

いえいえ!
ありがとうございます!!!!
本当にありがとうございます!

NO.7 柚仔 09/27(木) 20:16 IP:219.57.192.100 削除依頼
紫式部か。
んとね、小さいころから頭がよくて何事にも控えめな人でした。
清少納言には強いライバル意識を持っていたそうです。
これしかないのですがどうぞ!

NO.8 リみ 09/27(木) 21:32 IP:219.125.151.174 削除依頼
7さん

ありがとうございます!!!


NO.10 09/29(土) 12:50 IP:60.104.53.7 削除依頼
「/?id=1223742」の部分を付けてアクセスしてはダメ。

NO.11 春子 [MAIL] 04/25(金) 16:46 IP:60.239.166.38 削除依頼
誰か〜タスケテクレー!ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/         金閣寺のことしらない???                  知ってたら教えて〜!!

NO.12 小悪魔 [MAIL] 04/27(日) 08:52 IP:221.113.219.170 削除依頼
プロフィール
紫式部の本名は不明であるが、「御堂関白記」の寛弘4年正月29日の条において掌侍になったとされる記事のある「藤原香子」(かおりこ/たかこ/こうし)との説もある[1]。但し、この説は仮定を重ねている部分も多く、推論の過程に誤りが含まれているといった批判もあり[2]、仮定の域を出るものではない。
貴族ではめずらしいいわし好きであったという説話があるが、もとは「猿源氏草紙」で和泉式部の話であり、後世の作話と思われる。
幼少の頃より、当時の女性に求められる以上の才能で漢文を読みこなしたなど、才女としての逸話が多い。五十四帖にわたる大作『源氏物語』、宮仕え中の日記『紫日記』を著したというのが通説、家集『紫式部集』が伝えられる。
父・藤原為時は30代に東宮の読書役を始めとして、東宮が花山天皇になると蔵人、式部大丞と出世したが、花山天皇が出家すると失職した。10年後、一条天皇に詩を奉じた結果、越前国の受領となる。紫式部は娘時代の約2年を父の任国で過ごす。長徳四年(998年)頃、親子ほども年の差がある山城守藤原宣孝と結婚し、長保元年(999年)に一女・藤原賢子(かたいこ・けんし)(大貳三位)を儲けたが、この結婚生活は長く続かず、まもなく宣孝と死別した。寛弘二年(1005年)12月29日より、一条天皇の中宮・彰子(藤原道長の長女、のち院号宣下して上東門院)に女房兼家庭教師役として仕え、少なくとも同八年頃まで奉仕し続けたようである。
『詞花集』に収められた伊勢大輔の「いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな」という和歌は、宮廷に献上された八重桜を受け取り、中宮に奉る際に詠まれたものだが、『伊勢大輔集』によればこの役目は当初紫式部の役目だったものを式部が新参の大輔に譲ったものだった。

NO.13 のい 06/05(木) 16:35 IP:219.171.208.71 削除依頼
紫式部と清少納言はライバルだったんだって。
『紫式部日記』にはなんか、清少納言のグチとか書いてあったらしい

このタイトルには現在0件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #

下のボタンを押すとこのページの記事を新掲示板にコピーして返信することができます
新掲示板も試してみてね♪→新掲示板の「勉強教えて!(小学生)」はこちら

タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
●タイトル自体を削除する場合はこちら
パスワード  
●お返事を削除する場合はこちら
NO パスワード
会社概要プライバシーポリシー広告掲載・媒体資料のお問い合わせお問い合わせ(ユーザーサポート)旧掲示板スレッド一覧
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ