フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
中2数学★増加量の求め方タイトルNO.67929
    優菜 11/15(土) 14:13 IP:121.95.220.180 削除依頼

1次関数 y=2x+3 について

xの値が−3から4まで増加したときのyの増加量を求めよ

上記の問題はどうやるのですか?
yの増加量はどうやって求めるのですか?

NO.1 さや 11/15(土) 14:55 IP:221.189.238.247 削除依頼
1次関数 y=2x+3 について

xの値が−3から4まで増加したときのyの増加量を求めよ

普通に代入して求めることができます
x=-3を代入
y=-6+3=-3
x=4を代入
y=8+3=11

-3から11まで増加した
増加量を求めるために
11-(-3)=14または-3-11=-14(増加量だから−関係なし)
答え、14だと思います

NO.2 ハムたまご 11/15(土) 14:55 IP:218.41.237.248 削除依頼
1次関数 y=2x+3 について
xの値が−3から4まで増加したときのyの増加量を求めよ

やり方は、二通りあります。
1.
とりあえず、xの値の−3を代入してみて、
y=2×(−3)+3
 =(−6)+3
 =−3
次にもう一つの値の4を代入します。
y=2×4+3
 =8+3
 =11
で答えは、11−(−3)=14
で、14となります。

2.
一次関数の場合、変化の割合はずっと一定で、
傾きと一緒、つまりy=ax+bのa(この場合は2)と同じになります。そして、a(変化の割合)は、
yの増加量÷xの増加量=a
で、表すことができます。
ここにxの増加量(増加量はxがどれだけ増えたか、ってことなので、4−(−3)=7で7です。)
と、aを代入して、
y÷7=2
  y=14
答えは、14となります。

どちらのやり方でもいいですが、2.のやり方のほうが時間短縮できます。でも、2.は理解するまで、ややこしいので、1.のほうが安全です。

長くて、しかもわかりにくくてすいません。


  

このタイトルには現在0件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    '; $res = getRcNewImageResp( $maxItem, $img_category_puri, $width, $height ); foreach( array_values($res) as $i=>$item ) { if(($i % $col) == 0){ if($i==0){ $str .= $str_ul; }else{ $str .= "
"; $str .= $str_ul; } } $str .= "
  • " . $item['img'] . "
  • \n"; if($i == ($maxItem-1)){ $str .= ""; } } return $str; } echo new_add_img_list_calsel_puri(6, 101, 101, 8, "column", $BBSSERVER); ?>


    下のボタンを押すとこのページの記事を新掲示板にコピーして返信することができます
    新掲示板も試してみてね♪→新掲示板の「勉強教えて!(中学生)」はこちら

    タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
    ●タイトル自体を削除する場合はこちら
    パスワード  
    ●お返事を削除する場合はこちら
    NO パスワード