ふみコミュ!
  • サイト内
    Web
  • 検索
フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
高2 生物タイトルNO.42177
    さち 11/30(日) 18:32 IP:121.111.227.24 削除依頼
種子の形が丸形で子葉の色が黄色のエンドウ(AABB)と、種子の形がしわ形で子葉の色が緑色のエンドウ(aabb)を交雑したところ、F1で現れた形質はすべて種子の形が丸形で子葉の色が黄色のエンドウ(AaBb)となった。
F1にいろいろな遺伝子型のエンドウと交配させたとき、F2の表現型が下記の分離比となった。
F2の表現型の分離比からF1(AaBb)と交配させたエンドウの遺伝子型を考えなさい。
なお、種子の形の遺伝子をA(a)とし、子葉の色の遺伝子をB(b)とし、A・Bはa・bに対して優性である。

F1 AaBb × ?…となる
?の遺伝子型を考える

@丸・黄:丸・緑:しわ・黄:しわ・緑=1:1:1:1

とあるのですが、どうやって求められるかわからないんです。法則?みたいなきまりがあったら教えて下さい。

ちなみに答えは、aabbです。

お願いします。


NO.1 まっぴー 12/02(火) 01:17 IP:219.109.88.197 削除依頼
2つの遺伝子が独立なので、
片方の形質に着目すればできると思います。

(1)まず、丸:しわについて。
 @より、丸:しわ=2:2 → 1:1 になります。
丸しわに関するF1の配偶子はAとaです。
相手の配偶子は Aだけ、Aとa、aだけ
の3つの可能性があります。
それぞれの可能性についてF2を調べると、
1:1に分離するのは相手がaだけとわかります。

(2)色の遺伝子についてもおんなじかんじでo(^-^)o

NO.2 さち 12/02(火) 18:22 IP:121.111.227.31 削除依頼
回答ありがとうございます!!
わかりやすくて理解できました!
ありがとうございました。

このタイトルには現在2件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #


下のボタンを押すとこのページの記事を新掲示板にコピーして返信することができます
新掲示板も試してみてね♪→新掲示板の「勉強教えて!(高校生)」はこちら

タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
●タイトル自体を削除する場合はこちら
パスワード  
●お返事を削除する場合はこちら
NO パスワード
会社概要プライバシーポリシー広告掲載・媒体資料のお問い合わせお問い合わせ(ユーザーサポート)旧掲示板スレッド一覧
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ