ふみコミュ!
  • サイト内
    Web
  • 検索
フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
★怖い話★★タイトルNO.1190
    インテル 11/03(金) 16:48 IP:210.89.235.66 削除依頼
怖い話ありませんか??

NO.1 黎汰 [MAIL] 11/03(金) 17:44 IP:61.25.41.70 削除依頼

1998年にとあるサーカスに身長178センチのピエロがいました。
そのピエロは、サーカスには2メートル以上の人ばかりいたので、
強い劣等感を抱いていました。
そして、ある日玉乗りをやっていたとき、コンプレックスに
打ち負けて玉から落ちてしまいました。
こうして足の骨を骨折したピエロは、二度とサーカスで、
働けなくなってしまったのです。

ショックのあまり気が狂ってしまったピエロは、
サーカスの団員を逆恨みして包丁を磨ぎ、団長を見つけて、
「昔の話をしよう。」といって家の中に入れて、
手足を縛って足を切り落として、
「もう少しで俺と同じになる、ヒッヒッヒッ」
と言いながら大きな鎌で泣き叫ぶ団長の首を、
勢いをつけて切り落としました。
それから他の団員はおろか町行く人々に自分より、
背が高い人をみつけると、かたっぱしから家に連れ込んで、
団長と同じように殺したのです。

以上がこの話のすべてです。
忘れてはいけないのがこの話は、1998年に起こった出来事だということです。
背が高いひとは、アメリカに行ったときには、
十分に気をつけてください。


+++
あんまり怖くないからも少しぐぐるよw

NO.2 黎汰 [MAIL] 11/03(金) 17:55 IP:61.25.41.70 削除依頼

彼は病院で仕事してるんすけど
夜夜勤で働いてたらドアがトントンとノックされたとのこと
「はい?」
でも返事がない
自分以外にもまだ誰か残ってるのかななんて思いながら
無視してるとまたトントン
「誰ですか?」
また返事がない
おいおいなんかの冗談かよ やめてくれよ..
(さすがに夜一人だったので)
ってな時また トントン
恐くなって彼は扉までダッシュして ドアを開けました
誰もいない
ぞーーーっとなって彼は元の場所に戻ると帰り仕度を始めた
するとまたトントン
「....」
するとまたノック
彼はめっちゃ恐くなったんだけどどーしようもないので
「すいません 誰かそこにいるんですか?」
返事なし
「本当にいたらもう一回 ノックしてくれますか」
トントン
ぞぞぞぞ 
「生きてる人ですか? もしそうだったらノック2回してください
 ...じゃなかったら 1回してください」
トン
ぎゃーやめてくれーー とはいってもここでもうやめるわけにもいかず
「この病院で死んだ人ですか? もしそうならノック2回お願いします
 違うなら1回お願いします」
トントン
「男の人ですか なら2回してください
 女の人ですか だったら1回おねがいします」
.....
あれ? 返事がない.. うわーもうかえりてぇええ
「あなたはそこに一人ですか だったら1回ノックしてください
 二人でしたら 2回ノックしてください」
すると


ドカドカドカドカドカドカドカ!!!!!!!!!

彼は気ーうしなってしまって朝同僚に発見されたらしいっす

NO.3 インテル 11/04(土) 07:20 IP:210.89.235.66 削除依頼
黎汰さん
めっちゃ怖いですよ
ありがとうございます。
ほかにありますか??

NO.4 黎汰 [MAIL] 11/04(土) 09:24 IP:61.23.83.136 削除依頼
おうw
じゃ、もう少しぐぐりますw

NO.5 黎汰 [MAIL] 11/04(土) 09:34 IP:61.23.83.136 削除依頼
    「ひきこさん」

ある小学校にA君という男の子がいました。A君は学校が終わると、いつもなら友達のB君、C君、D君と遊ぶのですが、その日は午後から雨となり、一番遠い家にすんでいるA君は、急いで学校をでました。
あたりは薄暗くなり、小雨がぱらついてます。ちょうどA君が帰る途中に、大きな橋がありA君はいつもその橋を渡って帰っていました。
A君は、いつもどおりその橋を歩いていました。すると、ちょうど橋の真ん中くらいに差し掛かったとき河川の端の石段に何かすごいスピードで動いてるものが遠くで見えました。その河川の端の石段は人が歩けるくらいの幅なのですが、あたりが薄暗くあまり見えないので、A君はなにが動いているのか一生懸命目をこらしてみると、、それはおんなのひとでした。
そのおんなのひとはちょうどA君くらいの人形を引きずっており白いぼろぼろの着物を着ていて髪は長く、顔にかかっており、異様に背が高く顔は遠くからでもはっきりわかるほど、目と口が横に裂けていました。
そして、よくみてみるとそのおんながすごいスピードでひきずっているものは人形ではなく、A君くらいの小学生だったのです。A君はこわくなり、その場からたちさろうとしました。そのとき、すぐ近くまできてた女がA君に気づき何かを叫びながらA君をおっかけてきました。
A君は無我夢中で家にたどりつき、その夜はなかなか寝付けないまま次の朝を迎えました。朝になると、昨日とは一転して空は晴天で、A君は昨日のことはさっぱり忘れていました。

NO.6 黎汰 [MAIL] 11/04(土) 09:35 IP:61.23.83.136 削除依頼
ある小学校にA君という男の子がいました。A君は学校が終わると、いつもなら友達のB君、C君、D君と遊ぶのですが、その日は午後から雨となり、一番遠い家にすんでいるA君は、急いで学校をでました。
あたりは薄暗くなり、小雨がぱらついてます。ちょうどA君が帰る途中に、大きな橋がありA君はいつもその橋を渡って帰っていました。
A君は、いつもどおりその橋を歩いていました。すると、ちょうど橋の真ん中くらいに差し掛かったとき河川の端の石段に何かすごいスピードで動いてるものが遠くで見えました。その河川の端の石段は人が歩けるくらいの幅なのですが、あたりが薄暗くあまり見えないので、A君はなにが動いているのか一生懸命目をこらしてみると、、それはおんなのひとでした。
そのおんなのひとはちょうどA君くらいの人形を引きずっており白いぼろぼろの着物を着ていて髪は長く、顔にかかっており、異様に背が高く顔は遠くからでもはっきりわかるほど、目と口が横に裂けていました。
そして、よくみてみるとそのおんながすごいスピードでひきずっているものは人形ではなく、A君くらいの小学生だったのです。A君はこわくなり、その場からたちさろうとしました。そのとき、すぐ近くまできてた女がA君に気づき何かを叫びながらA君をおっかけてきました。
A君は無我夢中で家にたどりつき、その夜はなかなか寝付けないまま次の朝を迎えました。朝になると、昨日とは一転して空は晴天で、A君は昨日のことはさっぱり忘れていました。

その日は学校が終わると、いつもようにB君、C君、D君と放課後教室に残り、楽しく遊んでいました。すでに6時が過ぎるころ、ふとA君が窓の外を見ると雨が降ってきました。
そしてA君は昨日のことを思い出したのです・・・・。
A君はみんなに、昨日の出来事を話しました。
みんな半信半疑で、A君が言う事をまったく信じてはくれませんでした。
B君は、A君をかわいそうに思い、窓の外をみているA君に話し掛けると、A君は、窓の外を指差し、みんなにいいました。


--------------------------------------------------------------------------------

NO.7 黎汰 [MAIL] 11/04(土) 09:36 IP:61.23.83.136 削除依頼
『あいつだよ!校門のところにあいつがいるっ!』

みんなが窓から外をみてみると薄暗い小雨の中一人気味の悪いおんなが下を向き体を震わしながらたっていました。そのおんなは、みんながいる窓のほうをむくとなにか叫びながら、横走りに動きすごいスピードで校舎に向かってきました。
C君は『やっぱりA君がいってたことは本当だったんだ!みんな逃げろっ』
と叫びました。
みんなそれぞれ、下の階に下りようとしましたが、すでに下にはあのおんながきておりそのおんなの姿をみんな目の当りにしました。
おんなの背は学校の天井につくくらいの高さだったのです。
みんなそれぞれつかまらないように、A君は職員室の方へB君は掃除棚へC君は理科室へ、D君は運良く学校の柵の外へ逃げ切りました。

みんなはそれぞれ隠れながら、女がいってしまうのをじっとして待っていました。
そとでは気味の悪いおんなの声とひたっひたっ、たったったったっというすごいスピードで動いている女の足音がずっと聞こえていました。

朝方になって、C君は理科室を出て、B君のいる教室へ向かいました。
B君が『C君大丈夫かい?』と呼びかけるとそっと掃除棚が開き、ほっとした様子のC君が出てきました。
B君もほっとし、D君の行き先を尋ねました。
D君は学校の柵をこえ、、なんとか家のほうにむかっていったよ
ということで、今度はA君のことを尋ねると、C君は震えながらこういいました

NO.8 黎汰 [MAIL] 11/04(土) 09:37 IP:61.23.83.136 削除依頼
『僕見たんだ・・・僕・・夜中にあいつの気配がないことに気づいてそっと棚を開けてみたんだ・・・そして外の様子をうかがおうと窓の外を見てみると・・・・あいつが・・あのおんながすごいスピードでA君を引きずりながら走り去っていくのを・・・・』 『ひきこさん』について知っていること。
彼女の本当の名前は,『森妃姫子』と言います。
背が高くて,活発で良く笑う可愛い娘でしたが、先生にえこひいきされたことと、この名前が偉そうだと言う事で,彼女は長い間虐められてきました。かばんの中に子猫の死骸を入れられたり,給食に蟲を入れられたり,上靴をカッターでズタズタにされたり、教科書をゴミ箱に
捨てられたり,掃除用具のロッカーに押し込めて閉じ込められたり。
思いつく限りの虐めを受けて来ました。

ある日,虐めグループが彼女の手を紐で縛って,足を持って学校中引き摺り回しました。
「ひいきのひきこ、ひっぱってやるよ!」
ひきこさんは痛がって泣き叫びましたが、誰一人として助けようとせず,それを笑いながら見ているだけでした。学校を一周して教室に戻ってきたとき、彼女の顔には曲がり角に打ち付けられた時に出来た酷い傷がありました。
それで、ひきこさんはとうとう学校に来なくなりました。

ずっと、長い間家の中に篭って,布団を被って泣き続けるだけの毎日でした。家では父親が酒乱で,ひきこさんを殴ります。母親と一緒になって,またもひきこさんを引き摺り回します。
それでも、ひきこさんは泣きながら家具にしがみついて,学校に行こうとしません。そのうち、部屋から出てこなくなったので,親は一切ご飯を与えないことにしました。やがて,しばらくして親が部屋を覗きこむと,其処には空腹で虫を捕まえて食べているひきこさんの姿がありました。
親は気持ち悪がって彼女を閉じ込めたまま、部屋から出そうとしませんでした。ただ、日に一度、コンビニの100円おにぎりと水を差し入れるだけで、彼女は部屋から出ることなく、何年も何年も、その部屋の中だけで過ごしました。


NO.9 黎汰 [MAIL] 11/04(土) 09:37 IP:61.23.83.136 削除依頼
ひきこさんは雨が好きでした。
家の外で鳴くひきがえるの醜い顔は,自分の顔に刻まれた傷の醜さを忘れさせてくれます。
ひきこさんは可愛いヒキガエルを食べました。

それから、しばらくして、雨の日にひきこさんが小学生を襲うようになりました。窓から抜け出て、異常にひょろ長くなった背丈で、嘗て自分を虐めた小学生を今度は逆に引き摺るようになったのです。
彼女は顔を見られるのを極端に嫌がって,みんなが傘を差して視界が悪くなる雨の日以外は家の中に引きこもっています。しかし、雨が降ると近隣の小学校の付近に出没しては、小学生を追いかけるのです。

何でも,ひきこさんはおかしくなってしまって、傷が治りそうになるたびに自分でカッターナイフで切りつけて,それで口と目が裂けてしまったとか。不思議と、目立つ容貌にも関わらず,彼女を目撃するのは小学生だけでした。そして、彼女は自分の顔を見た小学生を決して逃がしはしないのです。
小学生を見つけると,恐い顔で追いかけながら『何故逃げるー!私の顔は醜いか!醜いかァァァー!!』
と叫びながら追ってきます。

この時,何故かひきこさんはまっすぐ走れません。カニみたいに横向きに走るのに,異常に足が速いのです。そして、足を捕まえると,そのままズルズルと引き摺って、猛スピードで走り出します。階段も平気で引き摺ったまま走るので,そのうち小学生はズタズタの肉塊になります。それでも、次の小学生を見つけるまでは彼女はその足を離さないのです。


NO.10 黎汰 [MAIL] 11/04(土) 09:38 IP:61.23.83.136 削除依頼
彼女の家には、引き摺られた二人の親と,引き摺られた小学生がコレクションされています。それで、雨が降ると彼女はその時一番お気に入りの子を連れて出かけるのだそうです。だけど、ひきこさんは虐められッ子だったので、虐められている子は襲われないそうです。それと、名札に嘗て自分を虐めた子と同じ名前が書いてあると、恐がって近寄ってこないそうです。

ひきこさんに出会ったら,助かる方法は幾つかあります。
一つはさっき言ったように、虐められっこか、虐めっ子と同じ名前であること。
もう一つは,『私の顔は醜いか』と聞かれたときに,逃げずに『引っ張るぞ!引っ張るぞ!』と叫ぶこと。
この時,普通に『綺麗だ』と言うと,気に入って引っ張りたがります。また、『醜い』と言うと、怒って引っ張りたがります。更に『まぁまぁですよ』と答えても、口裂け女じゃないので無駄です。
ひきこさんは歪んだ復讐の為小学生を引っ張りますが,結局自分も引っ張られたことがトラウマなのです。

最後にもう一つ。
ひきこさんは自分の顔を見るのが凄く嫌なので、鏡を見せられると逃げ出します。雨の日は、小学生は傘と一緒に鏡を持ち歩くといいかも知れませんね

--------------------------------------------------------------------------------

NO.11 ラン 11/04(土) 10:32 IP:202.140.206.37 削除依頼
コワいっす。


NO.12 インテル 11/04(土) 11:30 IP:210.89.235.66 削除依頼
うわ〜
怖いすねぇ

NO.13 黎汰 [MAIL] 11/04(土) 12:50 IP:61.23.83.136 削除依頼
小学生じゃなくて良かったww

もちょっとぐぐりますwww

NO.15 インテル 11/04(土) 15:05 IP:210.89.235.66 削除依頼
エ・・・ほんとにあったんですか??
すごく怖いです・・・・
出てきたらどうしょう・・・・

NO.16 インテル 11/05(日) 07:58 IP:210.89.235.66 削除依頼
誰かありませんか??

NO.17 インテル 11/05(日) 08:21 IP:210.89.235.66 削除依頼
じゃぁ俺が・・・・
なんか、ある店のトイレ行ったんですよ。
4歳くらいのトキでしたね。もうもれそうで、母に、
「トイレ行ってくる〜」とか言って一人で行ったんですよ。
そこの店のトイレ、すごぉ〜く臭くて、古汚いし、ボロいトイレだったんですよ。
でも私は漏れそうだったので駆け込みました。
用を足していると、ほかのお客さんもトイレに来たみたいで、
トコトコと足音が聞こえたんですよ。私が水を流そうとし
たとき、
隣のトイレの個室から「ア゛〜」って言う声が聞こえたんです。
私は恐くなって、急いでトイレから出ました。手を洗って、
古汚いトイレから早くでようとしました。でも、あの声が気になって
そ〜っと後ろを振り向くと、白い着物を着た髪の長い女の人がたってました・・・。
私はそれを見て自分の目を疑い、固まっていました。
女の人は私を見てニヤリと笑い、静かに消えました。


NO.18 黎汰 [MAIL] 11/05(日) 16:55 IP:59.171.222.248 削除依頼
怖…;;

当分家以外のトイレ行きたくねぇやw

NO.19 インテル 11/05(日) 21:38 IP:210.89.235.66 削除依頼
ありがとおございますww

NO.20 あかね 11/06(月) 13:28 IP:203.136.171.101 削除依頼
大変大変!大ニュースだよ!
一週間くらい前に友達と渋谷に行ったんだけど、なんと亀梨くnを見かけましたぁ!私は大×100000000000ファンだったんで、写メめっちゃ大量に取ってました。
でね、亀梨くnが勢いよく走ってたんで、それに追いかけて私と友達も走ってたんです。そしたら、暗い路地の方入ってたんで、どこ行くんだろう・・・と思ってたんです。
そしたら亀梨くnは携帯をとりだして「着いたから早く来いよ!」と言い携帯を閉じました。
すると数秒後、違う方向から綺麗な女性が出てきらした。誰でも憧れるような長くてサラサラな髪でした。背も高くて、きっとモデルさんじゃないかと思います。
そしたら、二人とも何もしゃべらずに周りをキョロキョロして、人がいないことを確認し、亀梨くnが女性のスカートに手を入れたんです!!
私はその瞬間から携帯でムービーを撮りました。
二人は一言も声を出さずにやっていました。
いつの間に亀梨くnはズボンとパンツを脱いでいて、私は亀梨くnのアソコを見てしまいました。
しかも女の人はほぼ全裸でした。二人のアソコはヌメヌメで、しかも女の人は全身ベトベトでした。
20分くらい経って、二人は洋服を着て、何も無かったかのように無言で分かれていきました。
すっごく驚きました。


そのムービーをみなさんにも特別に見せようと思います。けど、それなりの価値があると思うので、このレスをコピって7つの板に貼ってください。
すると不思議なことにココ↓
[                   ]
にアドレスが出てくるんです。
ですが一部のパソコンでは9つ貼らないと出てきません。
よくこんなレスがあって、私はいつも試すんですが、できません。
だけど、このレスは本当に成功するんですよ。
私の友達13人中12人ができました。
ただ一つ言いますが、このムービーはすごく過激です。亀梨くnのアソコもくっきり丸見えです。

そういうのを覚悟して見てください。

NO.21 インテル 11/07(火) 22:00 IP:210.89.235.66 削除依頼
チェンメわやめてください

NO.22 IWGP 11/09(木) 23:21 IP:202.91.153.145 削除依頼
金曜日の出来事です。あたしが放課後、一人で教室に残っていました。その日は当番だったので、日誌を書いていました。すると、教室の扉が開く音がしました。あたしはクラスの人が忘れ物を取りにきたんだろうと思って、振り返らず日誌の続きを書いていました。すると、入ってきた人は男の人で、しかもあたしの好きな人でした。あたしはどうしていいのかわからず、そのまま日誌をかいていると、その好きな人が後ろから抱きついてきて、胸を揉んできました。あたしはその人が本当に大好きだったので、びっくりはしましたが、その人をふりほどこうとはしませんでした。好きな人はそのまま胸を揉み続け、制服を脱がそうとしました。さすがにそれには抵抗して、「いやっ」といいました。すると彼は、「俺の事嫌い?」と聞いてきました。あたしは「好き」と答え、彼は「じゃぁ付き合おうぜ」といってきました。あたしはほっとしました。嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。彼にそういわれていきなり力がぬけてしまいました。すると彼はまずあたしの上のふくから脱がしました。ボタンを外して、ブラをとって・・・。それからまた胸を揉んで、乳首を吸い始めました。あたしは気持ちよくなって「あぁんっ」と声をだすと、彼は熱くなったらしく、彼も服を脱ぎだしました。あたしは次にスカートも脱がされて、最後には裸にされました。彼も裸になって、あたしを抱きしめました。そしてあたしのアソコを触ってきました。大好きな彼にアソコを触られて感じてしまったあたしは甘い声をいっぱいだしました。彼は指をいれて、グチュグチュいわせだしました。あたしは恥ずかしくて下をむきました。すると彼はこっちむいてといってキスしました。それからは彼が我慢できなかったらしく、ヤりました。あたしは教室でヤったのは初めてです。教室でやったのが画像であるのでみてください。[                 ]です。これを8箇所に張ってください。そしたら[]のところにアドがでます。彼とは向き合ってヤったので、繋がってるのが見えるはずです


NO.23 ぽこ 11/11(土) 19:06 IP:210.225.82.133 削除依頼
カレーライス

あるところに、Yクンとゆう、男の子が居ました。
Yクンには小さい妹が居ました。Iチャンといいます。IチャンはYクンと比べて、とても可愛くて気立てのイイコでした。お母さんはIチャンが大好きでした。いつも、「私のかわいいI・・食べたいくらい可愛いI・・」といっていました。
ある日Yクンは家庭科の授業でカレーライスの作り方を覚えてきました。お母さんに少しでも好きになってもらえるように、その日の晩ご飯はYクンがカレーライスを作ってあげました。しかしお母さんはその日、Yクンを置いてIチャンと遊びに行っていました。
その日Yクンはおばあちゃん、おじいちゃんと3人で寝ることになりました。しかし、おばあちゃんもおじいちゃんもYクンの事よりIチャンを可愛がっていたので、あまり嬉しくなかったようで、布団もかけてあげないで自分達でさきに寝てしまいました。Yクンはその夜ずっと一人でないていました。
次の朝、Yクンは、お母さんにどうしてもカレーライスを食べて欲しくて朝も作りました。今日の肉は柔らかくて血がたくさん出ました。
すると急いでお母さんが、「Y・・Iを知らない??どこにも居ないのよ・・私の食べたいくらいあんなに可愛いI・・!」するとYクンは「じゃあカレーライス食べて。Iが食べれるよ。お母さんはIがずっと食べたかったでしょ。おいしいよ」といいました。

怖く・・ないですね。

NO.24 インテル 11/12(日) 12:11 IP:210.89.234.211 削除依頼
怖い・・・・・
ありがとうございますwww

NO.25 なん 11/12(日) 17:23 IP:219.58.30.43 削除依頼
久しぶりに実家に帰ったら、
亀梨クンとエビちゃんが、公園でヤってた><
亀梨クン好きだったのにー(´;ω;`)
せっかくだからこっそり写メ撮った!!
かなり画質よく撮れました^^
これをコピペして、
2箇所に貼り付けると、
 [http://   ]←ここにアドレスがでてくるよ〜♪
たった2箇所!!
やるかやらないかはあなたしだい・・・^^

NO.26 インテル 11/18(土) 07:52 IP:210.89.234.211 削除依頼
誰か怖い話ありませんか??

NO.27 美ーさん 11/20(月) 18:55 IP:124.99.31.84 削除依頼
わたしは無いです

NO.28 インテル 11/24(金) 21:39 IP:210.89.234.211 削除依頼
そうっすか・・・・

NO.29 インテル 12/01(金) 21:38 IP:210.89.234.211 削除依頼
昨日の夜中二時くらいに
一人でネットをしていました。

すると急に耳鳴りがして
後ろに誰かいる気配が
しました・・・
だけど後ろを振り向いても誰も
いませんでした。
気のせいかなと思い
前を向いた瞬間
パソコンの画面が
真っ暗になりました。
その画面に私の姿と
誰もいないはずの私の横に
女の人が立っていました・・・じゃおれが!

NO.30 ごめん 12/02(土) 11:51 IP:58.91.6.21 削除依頼
このレスをみたら7日以内にあなたは死にます       むざんなすがたで                  生きる方法は1つ                このレスを7つちがうところに貼ってください

--------------------------------------------------------------------------------

NO.31 由良 12/03(日) 14:25 IP:219.211.74.144 削除依頼
そういえば、カラオケって霊が集まりやすいんだよねえ!?

NO.32 無心 12/10(日) 16:10 IP:58.88.191.152 削除依頼
怖い話しますw

ある日ある男の人は仕事帰りで家に帰ろうと道を歩いてました。(ちなみに夜中ごろ
すると、なんか顔とかを全部かくした不気味な男が立ってました。不気味だったけど男の人はイチョウあいさつ
をしました。でも不気味な男はあいさつをかえしませんでした。 
男の人は不気味やなぁ〜と思ったけどそのまま家に帰ろうとしました。
そんで歩いてるとまたさっきの不気味な男の人が走ってきました。その時 男の人は不気味な男の人と片がぶつかりました。不気味な男はそのまま走ってどこかへ行ってしまいました。
男の人は家に帰ると自分の片に血がついてる事に気づきました。男の人はさっき不気味な男の人とぶつかったときについたんだなぁ〜不気味やなぁ〜と思いながら
水で血をおとしました。
数日後、男の人の家に警察がやってきました。
男の人はドアを開けるのがめんどくさかったので、ドア
を開けないで閉めたまま、警察と会話をしました。
警察はこう言いました。
『このあいだ、このマンションで殺人事件が起こったのですが何か変わったことはありませんでしたか?』
男の人はこの前のできごとを話そうとしたのですが
仕事とかが色々忙しくて疲れていたので話す元気がなくて話しませんでした。
また数日後テレビを見ると自分のマンションで起こった殺人事件がニュースでながれてました。
犯人はつかまったらしかったのですが、男の人はテレビ
で犯人の顔写真を見てびっくりしました。
なんとその犯人の顔を見るとこの間、家に来た警察官
だったのです。
男の人はゾッとしました。

もし警察官が来たあの時、ドアを開けてしまってたら
男の人は殺されてたかもしれませんね・・・・・

どうでしょう?怖くないですか?
この話は本当にあった話です。ちなみに体験した人は
お笑い芸人の『さんま』さんだそうです
なんか恐ろしいですww
長文スイマセン;;

NO.33 りんこ 12/10(日) 17:14 IP:58.13.241.183 削除依頼
ちょっと笑い混じりのメリーさん。

「私、メリーさん。今、一階のロビーにいるの…」
「私、メリーさん。今、二階の踊り場にいるの…」
「私、メリーさん。今、三階の踊り場にいるの…フフフ…」

 ・
 ・
 ・

「わ、私…メリー、ハァ…さん。今、87階の、踊り場にいるの…ハァハァ」

律儀に階段を上り、
それを一々報告しなければいけないというのも、妖怪ゆえの悲しい性(さが)だ。

「わ、あ、あたし、メリー…さんっ。ハァ、今は…88階にィッ…る、の」

私が今座っている場所は、上海に建つ超々高層ビルディングの147階居住フロアである。
あと60階近くも残っているのにへたばっている様では、100を前に倒れこむだろう。

「や、あ、たし、メリーさ…んっ! い、いあ…89…ちょっと、うう!
 やあ、おしっ…もうだめぇ、ここ開けてぇ! も、もれ、あ…いあああああ!
 だめぇ! 切って、今すぐ電話切ってぇ! 聞かない…でぇぇっ…ちょ、、、もれっもれっ・・・・」

何だ、やけに息切れしていると思ったらそういうことだったのか。
妖怪にも『そんなこと』があるとは初耳だ。
50階から126階まではオフィスフロアがひしめき、
非常階段のドアはセキュリティ上の都合で非常時以外は開かないようになっている。
駆け下りるにも駆け上がるにも行かず、さぞや苦悶したことだろう。

しかし、不本意な形ながら障害を排除し、
恥辱に燃えるメリーさんが残りの階段を駆け上がってこないとも限らない。
そうなる前に、私は屋上のヘリポートへ向かうことにした。


このタイトルには現在0件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
●タイトル自体を削除する場合はこちら
パスワード  
●お返事を削除する場合はこちら
NO パスワード
会社概要プライバシーポリシー広告掲載・媒体資料のお問い合わせお問い合わせ(ユーザーサポート)旧掲示板スレッド一覧
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ