ふみコミュ!
  • サイト内
    Web
  • 検索
フミコミュ!でもっと遊ぶ!
掲示板テーマ一覧はこちら
[ページの下へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
怖い話しましょっ!!!タイトルNO.1607
    萌子 07/31(火) 14:15 IP:125.202.74.73 削除依頼
凄く怖い怖い話がある人いませんか?
聞かせてください!!!

NO.1 由紀 07/31(火) 18:09 IP:219.58.220.10 削除依頼
んじゃ、ひとつ・・・。

ある家族が道に迷い「迷子」になってしまった。
「うわぁ・・・・。こりゃあ、朝までかかるかな・・・。」
「え!じゃぁ、車の中で寝るの!?狭いよ・・・。」この家族は、兄・妹・母・父の四人家族だった。なので4人乗りの車で寝るのはとてつもなく辛い。
「ん?なんか明るくないか?」
「え!?どこどこ!!」             「そこ・・・。」
そこには、小さな宿があった。だが、とてつもなく古く築40年は軽く越してるんじゃないかと思ったほどだった・・。
「うぇ・・。ボロ!!あそこに泊まるの!?」
「まぁ・・・いいだろ・・。なぁ母さん。」
「いいわよ。そこにしましょ」
「俺も賛成。」
車を降り、宿へと向った。そこには、女将さんらしき人物が立っていた。
「あの・・。予約とかしていないんですが・・・。
泊まらしていただいてよろしいですか・・?」
「あら・・・。もうココも古いので二人も入れないぐらいなんです・・。」
「え!?そうですか・・・」
「あ・・。でも、ココの離れの宿でしたら空いてますけど・・。」
「そこでお願いします!!!!」
と言うことで、離れの宿に泊まる事になった。
「いや・・・。よかった!」
「あー・・・、早くお風呂入りたいよー」
「入ってくるか・・」
「あっ、俺はいい。気分悪いから・・。」
「そう・・。待っててね!」
三人で風呂に向った。・・・・数十分後。
「あれ・・。お兄ちゃんは?」
「え!?いないの!?」
いるはずの兄がいない。みんなは心配になり警察を呼び捜索に当たった。
「えっと・・じゃあ・・ココの女将さんにも手伝ってもらいましょうよ!」
「ハ・・?何を言ってるんですか?ココの女将さんは亡くなっていますよ・・?」
「え・・・・・・・?」
まさか兄は・・・・。みんなはそう思った・・。  どうでしたか?ちょっと意味でしたね・・^^;                            

NO.2 佳奈 07/31(火) 18:41 IP:61.119.132.178 削除依頼
怖かったです!!
これって実話ですか!?

NO.3 小林はるか 08/01(水) 09:32 IP:210.228.189.84 削除依頼
友になってね!

NO.4 ろん 08/01(水) 12:28 IP:219.160.149.37 削除依頼
私がこわい話してもイイですか?

NO.5 由紀 08/01(水) 14:32 IP:211.19.17.245 削除依頼
あー、私がした怖い話は実話かどうかは分かりません
※友達に聞きました^^;

NO.6 萌子 08/04(土) 18:45 IP:125.202.68.58 削除依頼
じゃあウチも怖い話しします〜!!
健太と健也がジュースを買った。その味はとてもまずかった。健太がデパートの屋上からそのジュースを落とした。下でものすごくうるさい音がした。
「やばっ。」二人は逃げた。何日かたった後、2人は道を歩いていた。すると目の前にまどがわれぐちゃぐちゃな車が来た。中から血まみれの男が出できた。
男は、この前けんたが落としたジュースを投げ
「落し物だよ・・・」と言った。
怖くありませんね・・・・

NO.7 ムゥミィ 08/18(土) 17:04 IP:220.0.54.22 削除依頼
コピペだけど怖いなって思った話(・ω・)

++++++++++++++++++++++++



去年の夏、福井県の某キャンプ場に友人四人で行った。



そこは目の前がすぐ海水浴場になっているため、
海のシーズンになると毎年このメンバーで訪れるキャンプ地だった。



夏の海を堪能し、夜はお決まりのバーベキュー。
ビールを飲みながら、話題は尽きることなく楽しい時間は過ぎていく。



周りの談笑する声も夜が更ける程に少なくなっていた。
そろそろ自分達も寝ようかということになり、テントにもぐりこむ。



波の音を聞きながら、ビールの酔いも手伝って
吸い込まれるように眠りに落ちていった。


「おい!」


その声で目が覚めた。


 「水をくれ。」



テントの入口を見ると、だれかが立っていて、
入口から手だけをテント内に突き出してもう一度言った。



 「水くれ。」



あまりに普通の会話の調子だったので


 「ほらよっと。」


と自分の頭の上にあった水筒を手渡した。
先に起きた友達のうちのだれかだろう…そう思ったから。



しかし、水筒を手渡してテント内に視線を戻してみると友人3人、しっかり寝てる。
入口を振り返ると、去っていく足音もなく、もうそこにはだれもいなかった。



すぐにテントからはいずりでて周りを見た。
明け方の静かなキャンプ場。起き出ている者は自分しかいない。



よく考えるとゾクッとしそうだったので考えるのをやめ、
友人を起すのも気が引けたので、砂浜を散歩して気を紛らすことにした。



散歩しなきゃよかった。
波打ち際で見つけたもの・・・俺の水筒・・・。


 
++++++++++++++++++++++++

リアルに怖いっす(∀)ガタブルした…

NO.8 チェリー 08/18(土) 17:36 IP:202.168.218.212 削除依頼
怖いです・・・・・。

NO.9 萌子 08/20(月) 14:02 IP:219.165.253.102 削除依頼
怖いよおおおお〜〜〜!!

NO.10 ムゥミィ 08/23(木) 14:11 IP:220.0.54.22 削除依頼


ですよねッ怖いですよ…

こう……
リアルで…でもコピペですいません(汗




NO.13 yui 05/24(土) 20:51 IP:202.122.180.146 削除依頼
怖かったです
  

NO.14 あおみー 06/03(火) 20:17 IP:123.48.185.215 削除依頼
みんな、こわ話、上手。あたしもよく作るよ・・怪談

このタイトルには現在0件の投稿があります。最大500件まで投稿できます。
[ページの上へ] [ページを更新] [もどる(投稿後)] [もどる]
新着投稿画像
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
    • #
タイトルを作った方はタイトル自体、もしくは返事を削除できます。(タイトル作成者のみです)
●タイトル自体を削除する場合はこちら
パスワード  
●お返事を削除する場合はこちら
NO パスワード
会社概要プライバシーポリシー広告掲載・媒体資料のお問い合わせお問い合わせ(ユーザーサポート)旧掲示板スレッド一覧
当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
copyright (c) ふみコミュニケーションズ