クリップ

聖母の休日

〜理想は、いつまでも届かないから“理想”なんです〜

普段思ったことや、オリジナル楽曲の歌詞とかを書き連ねていきます(・e・ )
そんな、生きることで手一杯なブログ。

2017/12/14 16:01:07 [通報]

慈愛と自愛

『自分を大事にできない人が他人を大事にできるわけない』

と、よく言われた。けれど、それは。
ご都合主義を正当化させるための建前にしか思えない。
私たちはいつも、他者を傷付けないために自分を傷付けるという選択をしているだけなのに、他者は私たちを傷付けようとしてくる。


少しだけ自傷行為の話をしよう。
自傷行為って、投射とか、痛みを心から身体へシフトチェンジする為とか、ストレス発散の為だとか、実は理由は至極普通なことなんだ。

気を紛らす為に音楽を聴くとか、カラオケに行くとか、愚痴をこぼすとか、そういうのと同じ感覚なんだよ、それがたまたま自分を切るっていうだけのことで。
「構って欲しいだけ」「優しくされたいだけ」というのも、考えてみればただの寂しがりやなだけで、至極当たり前な感情なんだから。



どうか世界がもっと優しくなってくれますように。

2017/12/17 10:17:02 [通報]

自傷行為の必要性

人を傷つけないために自分を傷つけている。

「自傷行為をしたことを大切な人が知ったら、そっちの方が傷つく」というのは言ってはならない大嘘だ。


人間は理性的な生き物である以前に、感情的な動物なのだから。
八つ当たり、
不愉快な態度、
悪意のある言葉、
心ない言葉、
こういったものは全て、必ず誰かを傷つける。負の感情が蓄積すれば、それは表へ出やすくなる。


だから、そうしないために。そうならないために。
自分の中だけで解消する為に、自傷行為が必要なんだ。

何かを傷つけてしまいたいけど、何も傷つける勇気も度胸もなくて、だからこうして誰も傷つかない為に自分を傷つけて満足しているんだから。

2017/12/17 10:17:02 [通報]

人の不幸は泥の味

人の不幸は泥の味だ。
泥の味を美味しい蜜の味だと思ってしまう私たちが、味覚障害なだけだ。

“本当に美味しい物の味が分からない”
これが良いことか悪いことかを考えるのも面倒だと吐き捨ててしまう。
いつから、本当に美味しい物の味が分からなくなってしまったのかも、考えるのも面倒だ。

それでも人の不幸は美味である。
されどそれは泥である。

2017/12/17 10:17:02 [通報]

匿名