安井謙太郎、急遽MCに挑戦!才能発揮するが森田美勇人に㊙エピソードをバラされる⁉『ニート・ニート・ニート』公開初日舞台挨拶レポート

インタビュー

11月23日(金・祝)に新宿ピカデリーで行われた「ニート・ニート・ニート」公開初日舞台挨拶に安井謙太郎さん(ジャニーズJr.)、山本涼介さん、森田美勇人さん(ジャニーズJr.)、灯敦生さん、宮野ケイジ監督が登壇しました。

SORENA運営チーム SORENA運営チーム 2018年11月23日

クリップ

「MCやることさっき聞いた」安井謙太郎が打ち明けるジャニーズあるある

11月23日(金・祝)に新宿ピカデリーで行われた「ニート・ニート・ニート」公開初日舞台挨拶に安井謙太郎さん(ジャニーズJr.)、山本涼介さん、森田美勇人さん(ジャニーズJr.)、灯敦生さん、宮野ケイジ監督が登壇しました。

スクリーン前に登壇すると安井さんが「今回の作品で主演を務めさせていただいて、そしてこうやって映画の公開を迎えられたことも、とても有難いことと思っているのですが…今日(この場で)MCを僕が務めるという話をさっき、そこ(舞台そで)で聞きまして。」と打ち明けました。

今回のイベントでは、かねてからジャニーズJr.の中でも、まとめ役として活躍されている安井さんが自ら、初主演作の初日舞台挨拶で、まさかの司会役を務めることが企画されていました。これを当の本人はイベント開始直前に聞かされたのだそうです…!これには「仕方ない。」と冷静にうなずく森田さん。

安井さんも「やるしかないね。❝ジャニーズあるある❞ですから。」と腹をくくった様子。スタッフに台本を手渡された安井さんは「…台本!?!?」と初めて渡される台本に戸惑い、観客を笑わせました。

安井謙太郎、観客の予想外の反応に「(キャー)言ってもらってもよかったんですよ?」

さて、ここからは安井謙太郎さんがMCに本格挑戦!

「さぁ、本日はお集まりいただいて、ありがとうございます!」と仕切り直す安井さんは、イベント前に映画を観た観客に「(映画は)いかがでしたでしょうか?」と尋ねると、拍手が送られました。

そんな観客の様子を見て、安井さんがあることを振り返ります。

「僕もなかなか舞台挨拶をさせていただく機会がないんですけれども…。テレビとかで(他の舞台挨拶のイベント映像を)観ると、「○○さんの登場です、どうぞー!」ってMCの掛け声とともにキャストさんが登場するときに大きな歓声で❝キャー❞って歓迎されるじゃないですか?そのイメージで僕も一歩目を踏んだら、(歓声なく)❝パチパチパチーー❞って。」とイベント冒頭での想定と異なった観客の反応を振り返る安井さんに、森田さんが「(映画を)観た後だから。」、山本さんは「余韻に皆さん浸っていたんじゃない?」とフォローを入れてもらい、「そっか。全然(“キャー”を)言ってもらってもよかったんですよ?」となにやらちょっぴり寂しそうな表情を浮かべ、観客の笑いをとる安井さんでした。

森田美勇人が暴露するニート3人の❝やんちゃエピソード❞

「というこで!」とMC・安井さんが再度仕切り直し、「(これから)映画の内容についての話しをしていくのですが…本当に、今(初めて台本を)読んでいるからね?」と台本を眺めながら「あ~なるほどなるほど。‥‥怖いのが、(台本に)“お好きにお願いします”って書いてあるんだよね」と不安がる安井さんに会場が爆笑します。

「全信頼を(自分に)置いているんだね」と安井さん自ら気合を入れなおし、「この映画では、3300キロもの距離を移動しながら撮影しましたが、何か旅の思い出はありますか?」とキャストに尋ねます。すると森田さんが「たまに僕たちがドライブしている様子を車の外から撮影することがあって。その時、(車の中にいる)僕たちはドライブしながら自由にフリートークをするんです。するとやんちゃな僕たちが❝このまま次の角を曲がって、(撮影スタッフを)巻いちゃおうぜ‼❞って話をしていたんです」と、撮影中のたくらみを明かしました。しかし、そうやって「❝次の角を…!❞と思って走っていたんですけど・・・とにかく角がない。っていう(笑)」と思いもよらない結果を森田さんが打ち明けました。

さらに森田さんが違うエピソードを語ります「今回の撮影はとにかくロケバスでの移動が多くて。スタッフさんとともに車に詰めこんで移動していたので、❝足が伸ばせない問題❞が…」と打ち明けると、山本さんも「あったね。」とうなずきます。

続けて森田さんが「山本君に関しては、一番脚をのばせる特等席があるんですよ!(その理由は)もう見ての分る通り、一番身長も脚も長いですから!そしてまぁ、次に僕ですね。」と席順を身長の高い順に語ると観客から薄笑いが聞こえる中、森田さんが「一方、安井さんは…?」と安井さんに振り返ると「僕、どこでも大丈夫!」と胸を張って言い切る安井さんに観客が爆笑。「そもそも、❝ロケバスが伸ばせなくて眠れない❞っていうのも、山もん(山本)から聞いて初めて気づいた。」と続ける安井さんに、森田さんと山本さんも笑います。

安井「バラしちゃだめ!」森田に㊙エピソードを明かされ赤面!?

次に、安井さんが今回「ニート・ニート・ニート」で初めて座長(主演)を務めたということで、「僕は座長として、どうでしたか?」と登壇者に質問する安井さんに対し、山本さんが「(安井さんは)スタッフさんと一番コミュニケーションとってくれていたよね。」と振り返ると、森田さんは「常に元気だったよね。」と続き、「助かりましたよね。現場の雰囲気をよくしてくれていたから」と山本さんに感謝された安井さんは「なるほどね!ありがとうございます。」と返しました。

続いて森田さんが「朝、ホテルからロケバスに乗るとき、一番早くに来てました。ずっと。」とエピソードを語ると、一同「あ~」と納得の様子。「ずっと、一番早起きして、一番早くに乗っていた。」と続ける森田さんが「それ、すっごい心掛けているんだろうなって思った(笑)」と打ち明けると、安井さんが「バレちゃだめなやつなの、それは!」と照れくさそうにツッコミを入れ、会場を笑わせました。しかし、「一日も欠かさず、一番早くからいたよね」と振り返る一同でした。

これまで静かに3人のトークを見守る監督に「監督は何か(安井さんに対しての所感は)ありましたか?」と安井さんが尋ねると、監督が「主演って(監督の立場である)僕自身にとっても、波長が合うかというのがすごく重要なんです。言葉を交わすとかじゃなく、波長という面で、僕は初めて会ったときに、第一印象❝合う❞と思ったんです。だからすごく信頼して現場を任せました。」と振り返ると、安井さんもホッとするように「嬉しい!」と喜びました。

続いて、安井さんが灯さんに「印象的だったことは何かありましたか?」と質問すると、灯さんが「(安井さんと森田さんの)お二人が食堂でダンスの練習をしていたのを目撃したんですよ!映画はニート役である反面、そこまで働くか!!ってビックリしたのを覚えています。」と振り返り、観客の笑いを誘いましたました。

これに対して安井さんが「食堂の窓が夜になると反射して鏡みたいになるので、それを使ってABC-Zさんの振りを曲を練習していました。」と打ち明けると森田さんが「❝ニート❞したあとにね。」とボソッとつぶやき、観客を笑わせました。

『ニート・ニート・ニート』全国で大ヒット公開中!

「これ、ほんと誰も助けてくれないの‥!?」と戸惑いながらもサポート0の中、今回、見事な名MCを務めた安井さんが最後に、「今回はまさかの初日初MCをやらせていただいて、本当に無事終えられてよかったなと思います。」と振り返り観客の笑いを誘いながらも、今作の舞台となった北海道で起きた地震について触れます。「この映画は僕たちだけの力ではなくて、ファンの皆さんそしてお客様や、北海道の地域のみなさんの力を借りて、本当に皆でつくった映画だと感じています。北海道ではついこの間、地震が起きたばかりです。僕らのこの映画が、少しでも北海道の方々に恩返しができるような、そんな映画になったらいいなと、キャスト一同、そしてスタッフ一同心から思っております。ぜひみなさまのお力をお借りして、この『ニート・ニート・ニート』を盛り上げていただけたらを思います!本日はありがとうございました」と北海道への想いとファンや来場者へ感謝の気持ちを語って、締めくくりました。

 『ニート・ニート・ニート』は全国で絶賛公開中!
📕STORY📕
代わり映えのない会社勤め、パソコンに向き合う日々。「俺…会社、辞めようかなって…」。退屈な毎日にうんざりして仕事を辞めてしまったタカシ(山本涼介)。
そんな矢先に高校時代の同級生・レンチ(安井謙太郎)が彼のもとを訪ねてきた。「北海道行くべ!」話を聞くとレンチは危ない筋の関係の女性に手を出してしまったという。
レンチはタカシに加えて自家用車を持っている、同じく元同級生のキノブー(森田美勇人)も強引に巻き込み、ニート三人の逃避行が始まった。
道中、レンチが出会い系サイトで知り合ったという女性と待ち合わせをすることに。しかし待ち合わせ場所にいたのはまだ幼さの残る少女だった。
月子(灯敦生)と名乗るその少女に主導権を奪われた一行は、彼女に従って北海道の各地を転々とすることに。
旅の目的を一切明かさず三人には全く心を開かない月子だったが、その表情はどこか悲しげだった。そんな旅の途中でレンチはまたしてもトラブルを引き起こし、北海道でも追われることに。
果たしてニートたちは危機から逃げ切ることができるのか…月子が抱える秘密と旅の目的は一体何なのか…?
🚗作品概要🚗
映画『ニートニートニート
監督・脚本:宮野ケイジ(『夢二〜愛のとばしり』、『殺る女』) 原作:三羽省吾 「ニートニートニート」(KADOKAWA文庫)
主題歌:「キャリーオン」9mm Parabellum Bullet(日本コロムビア)
出演:安井謙太郎、山本涼介、森田美勇人、灯敦生、MEGUMI、松澤一之、相田英瑞、小南光司、山優香、前田倫良、石野真子(特別出演)、藤本隆宏
企画:株式会社ミレ・ファクトリー 製作:映画「ニートニートニート」製作委員会 配給・宣伝:MACH/スパイラル・ピクチャーズ
©2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニートニートニート」製作委員会

14ハート

この記事についての みんなの考え

コメントはまだありません。
自分の意見を言ってみよう!

この記事を友達に教える

この記事を書いたライター フミプリュームって何?

SORENA運営チーム

SORENA運営チーム

SORENAのおすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

sorena_23

SORENA運営チームの記事をもっと見る
いま話題の動画をチェック!

ランキング