【インタビュー後編】在り方ファシリテーター「林原琢磨」さん!コンサル業にシェアハウス経営にエレメンツコード、さらには芸能活動!?林原さんに学ぶ、新しい働き方。

インタビュー

【インタビュー】在り方ファシリテーター「林原琢磨」さん!はコンサル業を主な職業としつつ、シェアハウス経営から芸能活動、そして「エレメンツコード」という診断テストの作成まで、様々な活動をしている林原さんに、仕事内容や沢山の仕事を続けられる秘訣について聞いてきました!

七瀬くるみ 七瀬くるみ 2018年3月24日

クリップ

働くって、一個の仕事をやるイメージない??

みなさんこんにちは!最近お気に入りの洋楽を見つけてゴキゲンな七瀬です。(Marshmello & Anne-Marieの「FRIENDS」って曲!ぜひ聴いてみてください♪)

 

今回はコンサル業を主な職業としつつ、シェアハウス経営から芸能活動、そして「エレメンツコード」という診断テストの作成までを手掛ける「林原琢磨さん」にインタビューを行ってきました。

「エレメンツコード」とは何ぞや?という人は前回の記事を読んでみて下さい!!

⇒人間関係の悩みを一気に解決!”自分”を知れて人生が楽しくできる「エレメンツコード」✨✨

 

インタビュー前編はこちら:

⇒【インタビュー前編】在り方ファシリテーター「林原琢磨」さん!エレメンツコード開発秘話から、林原さんの描く理想の未来✨

 

「立地専門のコンサル業」というめちゃめちゃニッチな職業についている林原さん。「そもそもコンサルって何ぞや??」「そんなにたくさんの仕事が出来るの??」という素直な疑問をぶつけてきました!

「将来の仕事って1個選ばなきゃいけないのか…」と思っているそこのアナタ!この記事を読めば価値観が変わるかも…?

在り方ファシリテーター・林原琢磨さんとは…?

●エレメンツコード開発者
●お店の立地判定/売上予測スペシャリスト
●シェアハウス「たくまりここはうす」運営

コンサルティング会社にて、店舗立地の調査・売上予測・出店戦略立案の業務に6年従事し、2014年夏に独立。

現在は個人事業主として『お店の立地と売上予測』を専門に、出店開業や店舗展開をする方への独立開業や、販促・不振店の立て直し等のコンサルティング事業を行っている。
 
「分析」業務に対する探求心は本業の立地分析に留まらず、「人」の内面や性格傾向にも及び、2017年に、”心を見える化”するオリジナルツール「エレメンツコード」の診断ツールを開発し、既に600人以上を分析・診断。
“自分らしい生き方・環境を見つけるためのツール”としてもっと多くの人の元へ届けるべく、エレメンツコードのさらなる開発とその普及活動に励んでいる。
 
さらに、2017年12月より東京の高円寺にて、“いつか自分の家族を作る練習をする場所”をコンセプトに、シェアハウス『たくまりここはうす』の運営をスタート。

 エレメンツコード公式サイト【FBページ】エレメンツコード~4属性から見る心の健康診断~

【FBページ】たくまりここはうす

「あらゆるお店の立地専門のコンサル」という超絶ニッチな職業、だが超絶楽しい!

 DSC01376
ーまずは本業であるコンサル業について教えてください。
林原琢磨僕はあらゆるお店の「立地専門のコンサルタント」という、とてもニッチな職業についています。
父がその業界の第一人者だったこともあり、父の会社に入社して数年後に独立し、同じ業種で仕事を始めました。かれこれ10年間続けています。
 
ーコンサル業を続けていく中で、「エレメンツコード」などの発想が生まれたんですか?
林原琢磨もともと人間の心には興味があったし、エレコの構想自体もあったけど形にする機会がなかったんです。そんな中、去年の夏頃にエレコの形が完成して、これで個人のコンサルもしていけるなと思いました。
 
ー構想自体はかなり前から?
林原琢磨イメージだけなら15年ほど前、学生時代から考えていました。そうして今やっと形になったんです!
立地のコンサルは珍しい業種業態ですが、お店を支える人間の人材教育は行えません。
その反面、人を育てる面で何かできないかという発想がエレコの原点なので、今はトータルコンサルがしたいなと考えています。
 
ー先ほどから林原さんは自分のことを「立地専門のコンサル」だとおっしゃっていますが、そもそもコンサルってどんなお仕事なんですか?? 
林原琢磨コンサル=特別な資格が必要なわけではなありません。
ざっくり言うと、「課題を抱えている人や企業に対し、専門知識をもって解決のアドバイスをする。そして、その課題が達成出来るように育成すること」を言います。
なので基本的になんでもコンサル出来る人はいないし、様々な分野に分かれているんです。例えば、弁護士も法律系コンサルタントの一種であり、その中でも離婚専門、遺産相続、刑事事件専門の弁護士など細分化しています。
 
そして、僕の専門である「飲食店の立地専門コンサルタント」は、飲食店を開く人に対して、どこにお店を出したらどのくらい収益を見込めるかや、どういうお店を出したいのか、お店の内容を聞いたうえで出店場所をアドバイスするということを行っています。いい立地の探し方を教えることもありますね。他にもチェーン企業なら、今までの店の売り上げを分析して、繁盛する場所を導き出すということも担当します。
 
ー楽しそうな仕事だ…
林原琢磨楽しいよおお!!なんといってもね…(コンサル業について盛り上がりすぎたので以下割愛)

シェアハウスは「いつか自分の家族を作るための練習をする場所」

DSC01426

ーシェアハウス経営もされているんですよね?
林原琢磨はい。シェアハウス事業は、一住民としてシェアハウスにいたオーナーの事業変更に伴い、僕が引き継ぎました。パートナーのまりこと経営をしています。
 
ーシェアハウスにはどういうものがありますか?
林原琢磨シェアハウスは、大きく分けて以下の3タイプがあるんです。
①コンセプト型=国際交流や、起業することを目的とした人などが集まるシェアハウス
②コンテンツ型=物件がラグジュアリー、木造型などのシェアハウス 
③コミュニティ型=誰と住むかを大事にするシェアハウス
 
①はテーマ、②は物件、③は人、それぞれどれに重きを置くかが違っているので、シェアハウスの経営方針も変わっていくんです。
 
ー確かにそれぞれのニーズで広告の打ち方も変わってきますね。林原さんのシェアハウスはどのタイプですか?
 林原琢磨僕が経営しているのはコミュニティ型で、誰と住むかをすごく大切にしています。家賃を安くすることよりも、住人を”家族”と呼び、コミュ二ティを大切にし、それぞれの夢を応援し合う。ちゃんとお互いが分かり合えるような仕組みづくりを心がけています。
シェアハウスのテーマは『いつか自分の家族を作るための練習をする場所』です。
 
ー素敵なテーマですね。
林原琢磨結婚を例に考えると分かりやすいんですけど、結婚相手って少なからず自分と違うところで生きているので、ぶつかり合うのが当たり前じゃないですか。
だけど一緒に暮らすために、どう付き合っていくのかというのを学ぶ場にできたらいいなと思います。
そして喧嘩をするだけじゃいいパートナーシップは築けないので、お互いを理解出来るようなコミュニケーションをとることが大切だと僕は考えています。
 
ーまさにパートナーのまりこさんとはそうしたお付き合いをされているんですね。
 

コンサルタントである林原流「SNSブランディング術」

 DSC01400
 
ー林原さんはパートナーのまりこさんとの日常をFacebookで発信していますが、自分たちの活動を発信しようと思ったのはなぜですか??
林原琢磨 僕はコンサルしている性格柄、自分の考えをアウトプットするのは仕事でありライフワークなんです。
だから彼女とのパートナーシップでも学びがあったら発信したくなるんです!
まりこ僕もSNSに私生活を投稿することに抵抗がないタイプだったので、お互いに交際から学んだことを発信してきました。そうした結果として「たくまりこいいな、ファンです!」って言ってくれる人が増えていきました。そこでライブ配信やトークイベントをやってみた、という感じです。
 
ー何気なく始めたことが人気に、さすがコンサル!
林原琢磨何でもないただの一個人がブランドを作る(ファンを作る)方法はお互いに考えながらやりました。
 
ー女子中高生の中にはTwitterのフォロワーを増やしたい子、有名人になりたい子が多いので、ファンを増やす秘訣やSNS媒体の選び方などあれば教えていただきたいです!
林原琢磨まず前提として、みんなから好かれようとするのを辞めました
ちゃんと自分たちを表現して、それを好きだと言ってくれる人を増やすにはどうしたらいいかという考えを持つようにしました。
 
それと、読んだ人に分かってもらえるように、文章を工夫することを大切にしています。
例えば、「楽しかった~!」という投稿は友人なら何かあったんだな、と思うけど、何も知らない人が見てもそれはフォローする理由にはならないですよね。
 
なので、僕とまりこの話をただデート日記にするんじゃなく、どういう話をしてそれがどう大切なことなのかっていうのを、自分の中でかみ砕いて分かりやすく言葉にするという意識は常に持っていました。それを続けることでファンが徐々に増えていったんです。
あと、僕は長文で投稿したかったので、TwitterではなくFacebookを選びました。自分の発信したい内容に合わせてSNSを選ぶことも、重要だと思います。
 
例えばインスタは写真メインのSNSなので、自分の見ている世界を言葉じゃなく写真で伝えるツールですよね。
言葉で伝えるのが苦手な人や考え方じゃなく見ているものを伝えたいタイプの人=エレコで言う水属性の人が向いています。
逆に、FacebookやTwitterはフィーリングだけじゃなくちゃんと説明をしたいタイプの人=エレコで言う言葉にしたいロジックがある、火属性の人が向いています。 
  

 「何をしたらいいの?」の前に、「何がしたいか」を見つけよう!

 DSC01351
ー夢や職業選択に悩んでいる10代の女子に向けて、メッセージをお願いします!
林原琢磨「将来何をしたらいいんだろう」って不安になる人は、結構「自分は何がしたいんだろう」を見失っている人が多いと感じます。
周りの大人たちに「いい大学や会社に行ってちゃんとした生活を送ることがベスト」と言われて、本当にそうだろうかと悩む。そんな時期じゃないでしょうか。
でもそれが間違いってわけじゃなくて、親や周りの大人たちがくれるアドバイスは、その人自身が自分の経験則で進めてくれているだけなんです。だから、無理に反発すると自分を見失ってしまう。なので、「あなたはそう考えるんだ」と受け止めた上で、私は何が好きなのかを見つけることが大切だと僕は思います。
 
働き方で言えば、一個のもので絞った方がいい人もいれば、たくさんのことをやったことがイイ人もいる。別に正解不正解はありません。
色々なことに興味がある人は、とりあえず一通りやってみること。その中で「こういうのが好きなんだな」っていう傾向を見つけられたら、その中から真剣なものを選べばいいと思います。
進路に迷うってことは、少なくとも今自分の中に何か特別なものがないってことだから、まずは色々やってそれを見つけることが重要だと思います!!
 
ーありがとうございます。エレコを見つつ今のアドバイスを受ければ、効果倍増ですね!
 
ー最後に林原さんの今後の目標や将来の展望を教えてください。 
林原琢磨エレコは活動し始めたばっかりのビジネスです。でもエレコを使えば無理なく自分がわかり、相手のことが理解できて人間関係が円滑に進みます。
だからいつか、日本人全員がエレコを当たり前に使う時代が来てほしいと思っています。
少なくとも「あぁ、ちゃんと自分がどんな人なのかか知って、相手との距離感をつかめれば人といい関係を築けるんだ」ということをしっかりと外に発信していきたい。
それに向けて今後は活動を続けていきたいと思います。
 
 
 
DSC01464
 
ー林原さん、ありがとうございました!!!
 
私と林原さんは、一年以上前に一度リアル人狼ゲームでお会いした仲なんです。まさかこんなにたくさんの面白いお仕事をしている方だとは知りませんでした…!
働き方は1つじゃない。「何を自分がやりたいか」をまずは見つけることが大切という林原さんの言葉が私はとても心に響きました。
 
私も自分の得意なことをみつけて、それに合わせた活動をしていきたいと思います!

エレコについて詳しくまとめた記事と、林原さんへのインタビュー前編記事も、是非見てみてください♪
 
 

1ハート

この記事についての みんなの考え

コメントはまだありません。
自分の意見を言ってみよう!

この記事を友達に教える

七瀬くるみ

七瀬くるみ

大学1年生

東京都

インタビューから恋愛、サブカル系からコスメ記事まで、つれづれなるままに書いていきます。 リクエストとか受け付けたい。気軽に絡めるライターだと思ってください笑。

七瀬くるみの記事をもっと見る
いま話題の動画をチェック!

ランキング