【インタビュー】DROP DOLL主催『JK☆ROCK FES VOL.1』開催決定!

インタビュー

現役女子高生バンド・DROP DOLLに直撃インタビュー!2ndシングル『Little deep love song』の魅力を始め、女子高生バンドとしての在り方について迫ります。また、DROP DOLLが主催する、 女子高生バンドによる女子高生バンドのためのロックフェス『JK☆ROCK FES VOL.1』の開催が決定!その詳細も紹介します。

SORENA運営チーム SORENA運営チーム 2018年5月21日

クリップ

DROP DOLLに直撃インタビュー!!

高校生ガールズバンドとして、その確かなクオリティを武器に注目を集めるDROP DOLL。

2ndシングル『Little deep love song』の魅力を始め、女子高生バンドとしての在り方について迫りました。

~DROP DOLL プロフィール~

U、I、Jの女子高生3人からなるガールズバンド。子供と大人の境目である高校生だからこそ抱く感情や葛藤を、等身大のフレッシュなナンバーから大人びたロックナンバーに至るまで多面的な楽曲で表現している。

※写真左から:U(高2 / Bass Vocal)、 J(高3 / Drums Vocal)、 I(高2 / Guitar Vocal)

女子高生なのにここまでできるんだっていうことを証明したい

―今回リリースする『Little deep love song』はどのような楽曲ですか?

 J  片想いをしている時の爆発しそうな想いを、私達らしいロックなサウンドに乗せた曲です。飾った言葉はまったくないストレートな曲なので、片想いをしたことがある人なら誰でも共感してもらえると思います!

 I 最初はピアノの静かな入りなんですけど、そこから激しいバンドインがあって、Aメロでまた切ないメロディになったりと、曲の中での波があるので、そういうところも楽しんで聴いて欲しいなと思います。

 

―まさに自分が片想いをしている時の心境を描いたような曲でした! どんな人に聴いて欲しいですか?

 J  やっぱり片想いをしている人には是非聴いて欲しいです! この曲を聴いて共感してもらって、少しでも支えになれたらいいなと思っています。

 U 最初の方は「友達のままでいい」みたいなネガティブな感じなんですけど、最終的には「諦めたくない」という強い気持ちに変わる曲なので、片想いをしている人に限らず、夢とか目標を持った方にも是非聴いて欲しいです!

 

―今回のMVはすごくストーリー性があるものですが、どのような気持ちで撮影に臨みましたか?

 U 私たちはバンドをしながら女優の卵でもあるので、片想いをしている女の子の気持ちをリアルに出せるように撮影に臨みました。

 I 自分の思っていることを全面的に出しました。片想いをしている女の子の中に入り込んで、心の奥底にライトを当てたイメージで撮影していたので、強い想いを出すことができたかなと思っています。

 

―同じ高校生として、憧れる部分がたくさんあるのですが、それぞれが想うDROP DOLLのアピールポイントを教えてください。

 U 前作の『未完成なDreamer』は高校生らしいフレッシュな曲だったんですけど、今回の『Little deep love song』はちょっと背伸びをした大人っぽい曲なので、高校生らしいフレッシュな感じから、バリバリロックなナンバーまで幅広く表現できるガールズバンドというところがDROP DOLLの強みかなって思います。

 J  女子高生なのにここまでできるんだっていうことを証明したくて、バンドや女優などいろいろなことにチャレンジしているので、私達の姿を見た同世代の人たちの力になれるように、今はとにかく頑張っています!

 I 女子高生でバンドをやって女優もやるってなかなかないと思うんですけど、私達にはその3つの顔があるっていうのが大きいと思いますね。バンドも女優も、自分の好きなことに没頭できているので、そんな私達を見て、「自分も頑張ろう」って思ってもらえたらすごく嬉しいです。

 

―2ndシングルのリリースなどもあり、今ノリに乗っているDROP DOLLさんですが、今後の活動で特に力を入れていきたいことは何ですか?

 J  バンドも女優もどっちも花を咲かせたいし本物になりたいので、どっちの顔もみんなから憧れられるような存在になりたいと思っています。

 U 今後はライヴにもさらに力を入れたいので、いろいろな地方や会場でのライヴの機会を増やせていけたらいいなと思います。

 I 私もライヴをすごく大事にしているんですけど、自分たちだけのステージではなくて、来てくれている皆さんと一体になるステージを作りたいと思っています。みんなと一緒に素敵な時間を作り上げていきたいです!

 

―最後に全国の高校生にメッセージをお願いします。

 I 私達も高校生として夢を追いかけている途中なので、同じように夢を追いかけている高校生に「DROP DOLLの音楽に背中を押してもらった」って思ってもらえるようになりたいです! 落ち込んだり上手くいかないこともあると思うけど、そこで怖気づかずに、私達と一緒に、前に向かって走っていきましょう!

 J  夢を持っている人もいるし、まだ夢を探している途中の人もいて、高校生にはいろいろな可能性があると思うので、DROP DOLLの音楽を聴いて、その可能性を広げていって欲しいです。夢を掴むことって簡単なことではなくて、苦しくなることもあると思うんですけど、そんな時に力になれる存在になれたらいいなと思っています。

 U 何でも怖がらずに挑戦できるのが高校生だと思います。私達もバンドや女優に挑戦しているので、夢を追いかける高校生の皆さんと一緒に走っていけたらいいなと思うし、DROP DOLLの音楽が少しでも皆さんの力になればいいなと思っています。

DROP DOLL主催! 女子高生バンドのためのロックフェス『JK☆ROCK FES VOL.1』

“自分たちと同じようにバンドを頑張る女子高生の活躍の場を作りたい”

そんなDROP DOLLの想いから実現したイベント『JK☆ROCK FES VOL.1』。

バンドに青春を懸ける全ての女子高生にDROP DOLLが提供する、女子高生バンドによる、女子高生バンドのためのロックフェス。

DROP DOLLと一緒に、最高の舞台で最高の想い出を作ろう!

【日程】2018年6月3日(日)

【場所】渋谷 RUIDO K2

【主催】DROP DOLL

DROP DOLLの公式Twitterフォローで入場料無料!(別途ドリンク代600円)

(※高校生以下限定)

公式Twitter

イベント詳細については公式サイト、公式Twitterをチェック!

公式YouTube

公式サイト

>>>Message From DROP DOLL

6月3日(日)に、東京・渋谷 RUIDO K2 で、女子高生バンドが集結する超絶青春ライブフェス『 JK☆ROCK FES VOL.1 』を開催します!たくさんの高校生に同世代女子が掻き鳴らすサウンドを届けたいと思っています。高校生以下は、DROP DOLL の公式Twitterをフォローすれば、入場無料(ドリンク代600円別途)でJK☆ROCK FES VOL.1を思いっきり堪能することができます。そして、フロアに来てくれたみんなの投票で出演バンドの優勝と準優勝を決定します!各高校の枠を越えて、文化祭のノリで、超ド級に楽しいライブで一緒にアツい夜を過ごしましょう。たくさんの高校生のご来場をお待ちしています! 

公式サイト

公式Twitter

公式YouTube

その他詳しい情報は“DROP DOLL”で検索!

 

6ハート

この記事についての みんなの考え

コメントはまだありません。
自分の意見を言ってみよう!

この記事を友達に教える

この記事を書いたライター フミプリュームって何?

SORENA運営チーム

SORENA運営チーム

SORENAのおすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

sorena_23

SORENA運営チームの記事をもっと見る

この記事のカテゴリ

インタビュー

この記事のタグ

インタビュー

いま話題の動画をチェック!

ランキング